サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイスの作品情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

「サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス」に投稿された感想・評価

askQ

askQの感想・評価

3.4
ドファンキーでサイケデリックな、サン・ラーの世界観をのぞき見。フリージャス+宇宙って、もう楽しくないわけがない!!
極彩色の衣装がとびきりオシャレ。ストーリーは正直よくわからんけど、そんなことはどうでもよく、とにかくぶっ飛んでてかっこよかった。
「まだ気づかないの。世界はとっくに終わっている」

冒頭に流れるジャズの歌詞。SF映画を撮りつつも、サン・ラーからすればディストピア映画を撮っていたのだろうか。

全体的にB級映画っぽさが漂っていて好み。『キン・ザ・ザ』みたいなシュールさが全開でもサン・ラーが伝えたいことは至極マジメ。マーティン・ルーサー・キングが公民権運動を主導しようが、マルコムXが黒人至上主義を唱えようが、一向に変わらない人種差別にサン・ラーは静かに業を煮やしていたに違いない。

アフリカ系アメリカ人から生まれた音楽、ジャズを瞬間移動の燃料にして、社会的弱者を引き連れ宇宙という新天地に向かおうとするサン・ラー。今も続いているBLMを見たら肩を落としてこう呟くはず。

「おいおい、まだ気づいてないのか。世界はとっくに終わってると言っただろ。早く新しいステージに上がって来いよ」
MALPASO

MALPASOの感想・評価

3.4
映画『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』

「同じことの繰り返しで、地球に飽きてしまったら、宇宙空間会社に申し込みにいらっしゃい。」
超パンチ効いたファンキーな映画。
ブラック・スプロイテーション・ムービーの臭いも感じる怪作。

子供の頃、なぜか「サンラー」って言ってた記憶があるんだけど、どこかでサンラーの名前を耳にしたのかな?

☆今日の一枚
サン・ラー&ジ・オーケストラ『SPACE IS THE PLACE』
たまに聴きたくなる謎の魅力。

ポスター探そう!

このレビューはネタバレを含みます

とくに大ファンというわけでもなく。
映像の質感と色が綺麗!一本の映画というより初めから最後まで通して1曲の映画感
見た後にスッキリした気持ちになれたー。こんな気持ち久しぶり。風の子デスカラ
サンラーが求める宇宙とは…
黒人音楽家のサンラーは宇宙から地球に帰還する。彼の目的は黒人を地球の縛りから解放し宇宙へ移送することだった…
サンラーと謎宇宙を描いた暗黒SF作品。今作はプログレッシブサウンドを背景に宇宙を新天地として解釈しており、困惑しながら鑑賞しました。正直にサンラーの言っていることがほとんど理解できなかった。笑
そして今作で強く感じたのは白人優位社会に対する批判と黒人社会を高尚なものにしようとする理想で、サンラーの古代エジプト的衣装や白人の描き方に全て現れていました。本質はそこを描きたかったのかなと…しかし全体を通してよくわからない作品でした。
60点 サンラの顔可愛い。音が悪く、音楽はもっと良い使い方あったと思う。
フウタ

フウタの感想・評価

4.2
ニヤニヤして見てまうわやっぱぶっ飛んでるな〜って😆‼️笑 と言うとサンラーにぶっ飛んでるはおかしい宇宙には上とか下とかってまず概念がないからと言われますね🤤
mtmtmt

mtmtmtの感想・評価

-
女も宇宙船に乗り込む。


胡散臭い格好したやつに宇宙の話されても信用できるわけない的なセリフ笑っちゃった
お

おの感想・評価

-
宇宙から来た一団が青空の下を行進するシーンがかっこよかった。
白い闇って言葉こわいな
mone

moneの感想・評価

-
サンラー、今の時代を生きて見て欲しかったな
でも今の時代じゃ放映できないな

たった半世紀でも時代がながれるとこんなに変わるんだな

あなたにおすすめの記事