ホロコーストの罪人の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

『ホロコーストの罪人』に投稿された感想・評価

ノルウェーに亡命したユダヤ人家族がナチス占領を機に悲劇に見舞われる実録映画。事件から70年後経った2012年首相がホロコーストへの関与を認めて公式に謝罪したそうで、邦題と原題からしてノルウェー人によ…

>>続きを読む
レント

レントの感想・評価

3.9

幸せだった家族の団欒は、そこにはもうない。

ノルウェー政府がホロコーストに荷担したことを認めて謝罪したのは2012年のこと。戦後何故にここまでの年月がかかったのだろうか。

リトアニアから亡命して…

>>続きを読む
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.0

中央ヨーロッパでのホロコーストの話は終戦直後から多く映画になってきたが、ナチスの毒牙は遠くノルウェーまでも達していたのか...工夫のかけらもない邦題でだいぶ損をしている感はあるが、ノルウェーが長く密…

>>続きを読む
キャセ

キャセの感想・評価

3.7

ふぅぅうう、息苦しい。これは現実に起きてたって考えたり、感情移入する度に苦しくなる。
腸が煮えくり返る、悲しい、苦しいとかそんな言葉が可愛いぐらい、恐ろしくて残酷で心がえぐれる。

平和な世界にいる…

>>続きを読む
aym

aymの感想・評価

-

27
同じシーンでもひとりひとりの暮らしぶりをよく見てから観ると全然印象が違った、収容される前のシーンがやたら長いなと思ったがここまでの伏線だったのかと納得
収容所から帰った後は奥さんと付き合うこと…

>>続きを読む
kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.8

🔸Film Diary🔸
▪️本年鑑賞数 :2022-417
▪️死ぬまでに観たい映画1001本-※※※

🖋いつもながらホロコーストものは心が痛んで観終わった後味も良くないのですが。。。凄惨な…

>>続きを読む
key

keyの感想・評価

-
„betrayed“
1家族に焦点を当てた映画だけど、意識しなくてはいけないのはその時代の国民の誤った行動とその反省
odyss

odyssの感想・評価

3.5

【予備知識は必要だが】

ホロコーストといえばナチ・ドイツのやらかした前代未聞の悪行ですが、近年ではナチ・ドイツだけでなく、周辺国家の責任も問われています。

第二次大戦中にドイツ軍に占領されたフラ…

>>続きを読む
azkyon

azkyonの感想・評価

3.8

ノルウェーにもホロコーストかぁ。
加害者となったノルウェー警察。
知らなかったぁ。

知らず知らずのうちに連れて行かれるアウシュビッツ。
ユダヤ人はどこにいても安心できなかったということかぁ。

こ…

>>続きを読む
個人的に知った俳優は皆無だったので、物語に集中して見ることができた。
悲しいけど見てしまう。
>|

あなたにおすすめの記事