ホロコーストの罪人のネタバレレビュー・内容・結末

『ホロコーストの罪人』に投稿されたネタバレ・内容・結末

9月鑑賞分。

どうしても観たくてスターチャンネルに入って鑑賞。

ノルウェー政府がナチスのホロコーストに加担していたということを、この映画で初めて知った。

北欧の美しい街並みや家族の幸せが…

>>続きを読む

ホロコースト関連の作品はいくつか観てきたけど、これはひとつの家族のストーリーにもなっていて、故に感情移入が激しくて、今まで観た中で一番つらく感じた。

何が恐ろしいって、連行された理由やこの先どうな…

>>続きを読む

1夜でナチス関連映画3本視聴。
①黄色い星ーフランス占領下
②アウシュビッツレポートードイツ国内
③ホロコーストの罪人ーノルウェー

同年代の全てユダヤ人迫害という共通点。違いは国の違いだけ。3つを…

>>続きを読む

ノルウェーのナチスもの。
虐殺はナチスが行ったが強制送還はノルウェー政府が行ったとノルウェー政府は謝罪してるらしい。
序盤の幸せ描写が家族兄弟仲良く良い。嫁も美人。主人公はボクシングが強い🥊。
印象…

>>続きを読む
ユダヤ人の大量虐殺はナチスが行なった。しかし、ノルウェーでのユダヤ人狩りは、ノルウェー人が自ら行なった。

「何の罪で連行されるの?」「どこへ行くの?」問いかけても、答えは返ってこない。だけど、渡した身分証がどうなるかを見て確信してしまう。

職員が「やっと追い出せるわ」と言うんだけど、状況は違っても、今…

>>続きを読む

最近、第二次世界大戦下のユダヤ人迫害を題材にした映画が続きます。

この映画は、ドイツに占領されたノルウェーの警察が、ノルウェー国籍のユダヤ人をアウシュヴィッツへ送った、というストーリー。

ノルウ…

>>続きを読む

第二次世界大戦時ノルウェーの秘密警察がホロコーストに加担していた事実。

ノルウェーに住むユダヤ人たちがアウシュビッツ収容所へ強制移送され虐殺されるまで。

そこに加担したのが当時のナチスに従うノル…

>>続きを読む

実際にいた家族たちの話しなのでかなりリアルだった。
あそこまでヨーロッパ中ナチスに支配されると、本当にどこに逃げたら良いかわからない。だからアメリカやイギリスに逃げた人も多いのだろう。

ユダヤ人登…

>>続きを読む

人間という生き物はつくづく恐ろしい生き物だと思う。



映画は時代を映す鑑。80年近く経ってなおナチスやホロコースト、強いて言えば先の大戦についての映画が作られ続けるのか。決して忘れてはいけない人…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事