コンパートメントNo.6のネタバレレビュー・内容・結末

『コンパートメントNo.6』に投稿されたネタバレ・内容・結末

日常系やけど非日常みたいなすてきな話

ロシア人?の男がカッコよすぎる
出会って暫くしてお?ってなって、あーー、
ってなる

ビデオカメラが無くても、ラウラはリョーハと過ごす時間やふざけ合ってる瞬間が、何よりも救いになったんだろうなぁと。むしろ、ビデオカメラ無くなってよかった気さえする。
過去を捨て、今を楽しんでいるラウラ…

>>続きを読む

リョーハの不器用さのなかにある優しさと、人生のトランジションにあるラウラの感情の描かれ方がリアルで良かった。
特殊な状況なんだけど、旅で出会う人や、たまたま何かで一緒になった人と距離がつまるときって…

>>続きを読む

ビジュアルから静謐な物語を想像していたがのっけのタイトルビジュアルから裏切られた。
冒頭10分だけのモスクワインテリコミュニティ。
列車の狭さが伝わる揺れながら車内通路とコンパートメントの行き来の長…

>>続きを読む

「リョーハだ」「アロハ」の会話が1番おもろかったな、サラッと流れすぎやろ
「タイタニック見た?あんな感じだな」のセリフは2番目に良い
始まってから終わるまで常になんというか個人的に紙一重な映画やった…

>>続きを読む

ペトログリフなんてくっそ興味なかったくせに、一生懸命船乗り達を説得してくれて、大雪の中ついてきくれる姿にときめいた。友達の様な空気感もあり、口数がそんなに多くないのも良い。愛だなあ。好き。ラストシー…

>>続きを読む
ロシア発の心温まる物語。リョーハが寝顔の絵を渡されて動揺するシーンと駅のホームで派手に転ぶシーンが好きだった。

旅がしたくなるような映画だった。
旅を通しての出会い、心情の変化がら魅力的で旅でしか出会えないような出来事、体験を通して心が繋がっていく姿が素敵だった。

彼女の思いを汲み取り、なんとしても
ペトロ…

>>続きを読む

ペトログリフはさいごまで覚えられなかったのに
クソッタレだけはちゃんと覚えてるリョーハがかわいくて最高でした

人との出会いが自分を変えるキッカケになるって素敵だな

寝台列車で知らない人と相部屋無理だなぁ…とか、時代いつなんだろ携帯ないし「そんなに見たかったペトログリフなのに下調べ甘すぎでは!」ってなったけどネット時代以前っぽいし…とか

ふんわりとしか描かれて…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事