笑いのカイブツの作品情報・感想・評価

笑いのカイブツ2023年製作の映画)

上映日:2024年01月05日

製作国:

上映時間:116分

あらすじ

『笑いのカイブツ』に投稿された感想・評価

tktk

tktkの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

大喜利がうまかったり面白い人への憧れが捨てきれない人間としては ここまで社会性を捨ててお笑い一本じゃないとこの領域には達し得ないよ、というのを見せてくれて救いになる
なんでも要領よくやれる人間がお笑…

>>続きを読む
kama

kamaの感想・評価

-
世間の声ごときでガタガタしちゃあいけない!
名声だのは投機的な賭けの結果にしか非ず。
贅沢を言っちゃあいけない!
MidoriOiwa

MidoriOiwaの感想・評価

4.0
期待よりもずっといい。

「正しいと思う世界で頑張りたい」が突き刺さった。

仲野太賀と菅田将暉があったかい。

2023-15
ケータイ大喜利、ハガキ職人。深夜この時間に起きてウィットに富んだ小言を挟んでいく奴ってどんな人なんだろう、て2秒くらい考えたことあるけど、中々パンチのある解答を見た。
刺すために磨い…

>>続きを読む
髪

髪の感想・評価

5.0

人生で1番共感できた&好きな映画。
ずっと心が痛すぎて物理的に頭を抱えながら泣いてた。普通に嗚咽。
とにかく岡山天音の死んだ目と菅田将暉の眉の動きと仲野太賀の慈愛。

息をつく間もない孤独。造ったも…

>>続きを読む
arataki

aratakiの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

痛すぎるほどまっすぐで熱かった。

生き辛さの中にある
譲れない笑いに対する情熱。
それによって傷つけ、傷つけられるけど
"1回死んだ"くらいじゃ燃え尽きない。

周りが言う"羨ましい"も嫌味じゃな…

>>続きを読む
2024年7本目。映画館4本目。
オードリーのANNのリスナーではないが、ラジオ好き、お笑い好きには堪らないお話。
ちょこちょこ出てる芸人を探すのも楽しかった。
こんち

こんちの感想・評価

3.5

痛々しさすら感じる笑いへの情熱
その情熱は人からの理解を得られない
でも彼と関わる数人だけは理解してくれている
その優しさを受け入れることが出来ず、ひとを傷つけ、自分も傷つく
彼は幸せなのか不幸なの…

>>続きを読む

一つのことをやり続けて遂に壁に穴(逃げ道)を開ける男の話。しかし『ショーシャンクの空に』とは違い、部屋の隣にはまた次の部屋があるだけ。結局、逃げ場なんかなかったことを知る。

そうとしか生きられない…

>>続きを読む
岡山天音の演技力に持っていかれた。菅田将暉もいい。明日から自分もこの人生を頑張ろうと思う作品でした。
>|

あなたにおすすめの記事