1941 モスクワ攻防戦80年目の真実の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

『1941 モスクワ攻防戦80年目の真実』に投稿された感想・評価

yasu

yasuの感想・評価

3.4
圧倒的強さを誇るドイツ軍に立ち向かうソ連軍の話。やられる一方で見せ場があまり無いままなのは勝戦国の映画としては新鮮な気がした。
諒

諒の感想・評価

3.4

戦争シーンは迫力があり良かった。
ただ、人間ドラマの部分が軸が定まっていなくてもっと主人公にスポットを当ててエピソードが欲しかった。
結果、人間ドラマの部分が薄くなって一味足りなく感じた。
戦争の悲…

>>続きを読む

歴史上の出来事を題材とした作品に対してこういう評価は不適切かもしれないけど、映画として見応えがあった。
でも作り込まれているっていうことは最低限の敬意として、戦争映画には大事な事だと思うんだ。

今…

>>続きを読む
hacca

haccaの感想・評価

3.5

アレクサンドルの愛称は、サーシャとかサーシカとかなんですよ。登場人物もはっきりそう呼んでんいるんですよ。なぜ、字幕では「アレックス」なのか、おかしいでしょ、アメリカ人か?字幕版を作った日本側の問題だ…

>>続きを読む
なかじ

なかじの感想・評価

3.0
史実に基づいていれば、戦争物として面白かった。
ただ、時節的に、戦意高揚の作品として捉えると、色々と勘ぐってしまう作品だった。
ロシア人の側からみた第2次世界大戦。出会い、別れもあって悪くはないがいまひとつ印象に残るところがなかった。

「同志少女敵を撃て」の場面を見ている様だ。
領土、故郷を守るために、最前線に送られる士官学校の若者たち。
圧倒的戦力のドイツ機甲部隊の前に彼ら砲兵部隊はどう立ち向かうのか!戦争スペクタルとして、見応…

>>続きを読む

もう少し短くて良い気がします。映画としては、壮大なスケールだけど内容は、普通。
1941年10月。ソ連に侵攻したドイツ軍がモスクワを目指し進撃を続ける中、 モスクワを死守すべく、兵力不足のソ連軍は、…

>>続きを読む
odyss

odyssの感想・評価

3.0

【ロシアの庶民が描かれてはいる】

第二次世界大戦は非常に複雑な、地域ごとに様々な様相を見せる戦争でしたが、ヨーロッパにおいてもそれは例外ではありませんでした。

一般に、第二次世界大戦のヨーロッパ…

>>続きを読む
Maoryu002

Maoryu002の感想・評価

3.7

1941年のモスクワ攻防戦において、若く戦闘経験のない兵学校士官候補生たちが前線に送られ、ナチスドイツ侵攻に対して果敢に戦った実話を、砲台手アレックス(アルチョム・グビン)と親友ディミトリ(イゴール…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事