ロシアン・スナイパーの作品情報・感想・評価

ロシアン・スナイパー2015年製作の映画)

Bitva za Sevastopol

上映日:2015年10月31日

製作国:

上映時間:110分

3.3

あらすじ

1941年、ナチスドイツによるソ連侵攻が始まった。まだ大学生だったリュドミラは、非凡な射撃の才能を買われ、戦場に身を投じる。狙撃兵として次々と標的を仕留めるリュドミラは、やがて敵からは“死の女”と恐れられ、軍上層部には英雄として讃えられ、戦意高揚の道具として利用されてゆく。戦場で芽生えた恋、愛する人の死、そして新たな出逢い。その間も戦況は悪化し、10カ月におよぶ壮絶な攻防戦が開始された。

「ロシアン・スナイパー」に投稿された感想・評価

橘さん

橘さんの感想・評価

2.0
アメリカンスナイパーのロシア版ですか?女性狙撃手のお話だけど、戦争映画としてみるなら恋愛要素いらない。ヒューマン、恋愛映画として見るなら別にいいけど。
Mrbrown

Mrbrownの感想・評価

2.6
スナイパー物が好きなので観ました、リュミドラの伝記物としては良い映画でしたが戦争映画としては少しモノ足りません

小柄な女性が長い狙撃銃を担ぐ姿は女佐々木小次郎、307人もの軍人を死んだのも気がつかないくらい正確に撃ち抜いて行きます

昔グァムの射撃場に行った際に言われたのが
「筋肉は必要ない、扱いがいかにうまいかだよ
雑な男性より丁寧に扱える女性の方が上手い事多い」と言われたのを思い出しました
射撃は集中力、忍耐力、洞察力、そして才能が必要というのが良くわかります
個人的には射撃訓練の際にするかくれんぼと風景のビフォーアフターを当てる訓練がツボでした笑
アサコ

アサコの感想・評価

3.5
う〜〜ん。
所々惜しいかな〜と思いました。
全体的には綺麗にまとまっていたと思います。
映像も綺麗でしたしいいカットもたくさんありました。
戦争映画における泥臭さが無くそれがまた切なさを演出していた様に思います。
弾丸視点のシーンが盛り込まれていましたが余計な演出せずとも魅力的に描けていたと思うのでちょっと興醒めしてしまいました。

戦争に翻弄されるリュダの表情の変化、また銃を構えた時の鋭い目に心を揺さぶられました。
そんなリュダを包み込むような大統領夫人のあたたかい眼差しや穏やかな話し方にはこちらも心癒されました。

戦争映画というより恋愛映画に近いですが実在した女性スナイパーの力強く美しい姿が描かれていました。
jaja

jajaの感想・評価

-
学生時代、初めてアメリカを旅した時に、確かサンフランシスコの射撃場で銃を撃ったことがある。がしかし、これがまったく当たらなかったのである。短銃はもちろん、女子供でも簡単だと言われたライフルでも当たらなかった。▼当時私は、体育会武道部で主将を務めており、自分の強さにはそれなりに自信があった。だがその時、銃の重さに、あるいはその冷たさにビビってしまったのだ。▼多分、これが殺人の道具だということを意識しすぎたのだと思う。それに対する嫌悪感が的を外させたのだ。▼で、この映画は結局何を伝えたかったのだろうか?
ガーコ

ガーコの感想・評価

4.0
「私は304人のファシストを殺しました」と平然と語る女の姿に度肝を抜かれました。

学生の頃から優等生であり続けた彼女は、全てにおいてパーフェクト。

それは、戦闘においても同様で、数多くの敵を銃殺する狙撃手として活躍します。

初めの戦闘では、ガタガタ震えているだけでしたが、場数を踏むことで次々に標的を撃ち殺す姿はハンターそのもの。

人を殺せば殺すほど、皮肉にも射撃の腕は上がってゆくのですから、一人寂しく生き残ってしまうのです。

功績を讃えられても、素直に喜べない気持ちに、戦争という逃れられない重圧を感じます。
yoruichi

yoruichiの感想・評価

3.1
実在したロシアの女性スナイパーの映画。愛する人を失い 傷だらけになる彼女を 戦争の為に利用するクソ上官達にイラつく。映像が美しく なんとも切ない気持ちになる。アクションシーンがあまりなく ラブシーンが多めなので 品格を下げてしまうのが残念。キラキラしていた目が死んだ魚のような目になっていくのが 辛い。それにしても 父親や上司の男運は無いが 恋愛対象になる男運の引きの強さに感心する。
戦争とは如何なるものか、失ったもの、得たものはなにか、そのメッセージ性をとても強く感じました。子供の演説、人を殺すことへの心情変化、主人公にのし掛かる重圧。戦争映画とはいえアクションが多いわけでもないので、それを期待してる人は要注意。
Mossy

Mossyの感想・評価

3.5
ストーリーはいい作品だが、戦争映画は観るのが辛く、鑑賞後の疲労感がすごい。
作品としては素晴らしいと思う。
オデッサの海辺とか行ってみたいな、ものすごい魅力を感じる
美人多そうやし!
死線をくぐった者にしか言えん演説やな
歴代彼氏がみんな男気の塊や…
戦場の心情とか苦悩がリアルに伝わる
40歳にしては老けさせすぎな描写では
>|