カッコーの巣の上での作品情報・感想・評価

カッコーの巣の上で1975年製作の映画)

One Flew Over the Cuckoo's Nest

上映日:1976年04月03日

製作国:

上映時間:129分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「カッコーの巣の上で」に投稿された感想・評価

こんなに心を乱された映画はほかにない。


これは、刑務所での労働から逃れるために精神病患者と自らを偽って精神病院に入った男、マクマーフィが自由と人間性を手に入れるため、周りの環境を変えていくため行動していく物語である。

主人公のマクマーフィは、割と悪人。数回逮捕された上、1番最近の逮捕の理由は性的暴行だ。ただ、彼は精神病院に入った時、誰よりもイキイキした男だった。そんな彼は同じ病棟の仲間たちの信頼を得ていくことになる。

ちなみにその病棟には、ラチェット婦長という非常に恐ろしい女性がいて、患者たちをルールという鎖で冷徹に縛り上げる。彼女は一切妥協しない。自分を正しいと思っているから。患者たちは彼女に従順になっていた。しかし、マクマーフィーはもちろんそれに逆らう。マクマーフィは自分がそうするだけではなく、彼女に怯えていた患者たちにも、自由のために逆らう力をつけさせるのだ。

特に自分が心惹かれたのはあの野球のシーン。精神病院にいる患者たちにも野球を見る権利はある。マクマーフィのあのイキイキとした姿は何度見ても見飽きない。このシーンだけではなく、彼が喜んだり何か企んだり面白い行動を取るだけで、僕は笑顔になってしまうのだ。

だからこそ、あのラストは本当に悲しかった。僕はあのマクマーフィというキャラが大好きだから、見るたびにポッカリ心に穴が空いてしまうのだ。しかし、主人公の意志を継いだある男が彼を自由の空へと導き、悲しいながらも非常に爽快感を感じることができた。

僕はこの先、何回この映画を見るのだろう。
Taiga

Taigaの感想・評価

4.1
(JOKERのパンフレットに載ってたシリーズ)

日課というシステムに縛られた精神病院を舞台に、収容された主人公が権利や自由を糾弾し、患者たちと共に闘っていくというストーリー。
70年代の反体制主義が盛んになっていた時代に作られた為、時代背景を頭に少しだけ入れておくと、作品の深みが増す。
この時代のアンチヒーローってみんな救われないのが謎、というか、システムに則って生きていかないと最後そんな結末が待っているぞ、という警鐘なのだろうか。
まぁ僕は大丈夫、政府や制度に逆らう勇気なんてないから…。
インディアンのチーフが思慮深そうでとても格好いいです。
JOKERでは、最後の枕を使ったシーンが引用されたそうだが、枕を押し付ける者の感情が両者相反しているのが、なんとも皮肉。

このレビューはネタバレを含みます

私にとって精神病棟といえば「TITICUT FOLLIES」なので、ホテルマンみたいな制服を来た職員に違和感を覚えた。ドキュメンタリーの面白さ。
マクマーフィンが、抑圧され自由を奪われた患者たちに自由の喜びを与えようと奮闘する物語。で、観てる方も「なんだこのクソ看護師」と思い、患者(?)の自由の獲得を望む。しかし注目すべきは、施設から出られるのに出ようとしないビリーのような存在だろう。
自由というのは、多くの人にとって恐ろしいものなのである。従属し依存することは、人に安定感と安心感を与える。「大きい」人間にしか自由の道を選ぶことはできない。ビリーも一度は自由の道を選ぼうとしたが、彼に待っていたのは死という結末だった。自由はそれほどまでに耐えられないものなのだ。

おわり
standfield

standfieldの感想・評価

4.2
精神病を装って精神病院に入った主人公が、そこで患者たちが弾圧的な扱いを受けている現実に憤りを感じ、患者たちの自由を手に入れるために奮闘する物語。

40年も前の映画で一度脱落したけど、もう一回思い切ってブルーレイで観た。衝撃だった。あの様な人権侵害が実際に行われていたなんて思わなかった。医者の言うことすべてが正しいと思ってはいけないと言うことがよくわかった。
精神病患者だらけの作中で、ジャックニコルソンのチャラくて無鉄砲だけど正常な人物像がすごく際立ってて、患者のために権力と戦い続ける姿が本当にカッコよかった。

それにしてもあのクソ女院長と役員たちにまじでムカついたわ。細かいとこでうるさいわケチだわ嘘つくわで、仕舞いには主人公をあんな目にあわせて、、!!あんな頭硬い人間にはなってはいけないと強く思わされた。

余談だけど、釣りに出かけるシーンとチーフが最後に窓から逃げるシーン好きだった。
解説読んだら結構すごかった
【かわいそうなんかじゃない、信念を教えてくれる映画】
最後ミント食った気分になる。
MYU

MYUの感想・評価

3.9
精神病院が舞台にも関わらず、主人公がぶっ飛びまくってて温かい物語。ですが、最後は急展開で精神病に関する悲しい事実を突きつけられ、現実に引き戻されたかのよう。役者の演技が素晴らしく、脚本も面白い。
>|