KEITOさんの映画レビュー・感想・評価

KEITO

KEITO

映画(493)
ドラマ(0)

36リミット(2015年製作の映画)

2.1

イカれてんのはお前の頭だよ。

気軽に観れるアクション映画を探しててなんとなーくレンタル。81分という時間もタイトだし良いかも…と思っていた借りる前の自分をぶん殴りたい。とにかく主人公のワルテールが不
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

3.7

なかなか面白かった。「105分、あなたは騙され続ける!」なんてよくある大袈裟な宣伝風に言うから「またまた〜」と疑心暗鬼だったのだが、意外と展開が読めない場面も多かったです。突っ込み所も無くは無いですが>>続きを読む

シークレット・スーパースター(2017年製作の映画)

4.0

一 転 攻 勢。

メインビジュアルにクソコラ感があるけど面白かった。本作にも出ているアーミル・カーンの『PK ピーケイ』が宗教問題という際どい題材を扱ったように、本作では男女同権やDVなどかなり重い
>>続きを読む

初恋(2020年製作の映画)

4.2

『初恋』っていうステキなタイトルの割にメインビジュアルに明らかにカタギじゃなさそうなおじさん達がいるんですがそれは。ベッキーがやべーやつ。『麻雀放浪記2020』のベッキーも良かったんですけど、本作の格>>続きを読む

エンド・オブ・ステイツ(2019年製作の映画)

3.8

面白い。前作『エンド・オブ・キングダム 』はとんでもないタカ派映画だったので驚いた記憶がありますが、このエンド・オブ・シリーズは安定感があります。てかおかしいな。今回のマイク・バニングは身体がボロボロ>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

3.7

すげえ。とにかく池松壮亮と蒼井優、主演の2人の演技に圧倒された。しかも2人の尻まで堪能できる。こいつはすげえ映画だ。

文具メーカーの営業マン宮本浩は営業スマイル一つできない不器用な人間だが、正義感は
>>続きを読む

守護教師(2018年製作の映画)

3.5

「俺が守護(まも)らねばならぬ!」刃牙道の本部以蔵かな?

暴力が原因でコーチの職を失った元ボクシング・チャンピオンのギチョルは、女子高の体育教師という新しい仕事を得るが、それまで接点のなかった女子生
>>続きを読む

犬鳴村(2020年製作の映画)

3.5

日本でトップクラスに有名な心霊スポット“犬鳴村”。外界と隔絶され「この先、日本国憲法は通用せず」と記された看板が立てられているとのこと。レビューサイトでは点数低いけど正統派なJホラーとして充分に楽しめ>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.1

チャドウィック・ボーズマンさんのご冥福をお祈りします。『ブラックパンサー』『アベンジャーズ』をはじめ、『42 〜世界を変えた男〜』『ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男』など素晴らしい演技で映画ファ>>続きを読む

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

3.9

タイトルのカッコよさに惹かれて一切の前情報なしで鑑賞。ダウン症の青年とチンピラ気質で孤独な男の旅を描く。

ダウン症のザックは老人養護施設で生活していた。ある日、ずっと憧れていたプロレスラーの養成学校
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.6

『ねじれた家』や『犬神家の一族』、そしてタイトルそのものの『遺産相続』など遺産相続の家族のドロドロを描いた映画って何でこんなに面白いんでしょうね。本作は『最後のジェダイ』を手掛けたライアン・ジョンソン>>続きを読む

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

3.3

ゴ◯リ「ジャックおじさん、今日はいったい何を作るの?」

ジャックおじさん「今日はね!人間を繋ぎ合わせてお家を作っちゃうぞー!」


ラース・フォン・トリアー監督の久々の新作。カンヌ国際映画祭で途中退
>>続きを読む

フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛を込めて(2019年製作の映画)

3.8

“ひとりで見る夢はただの夢だが、みんなで見れば現実になる”

実話ベースの音楽映画に良作多し。本作はイギリスで活躍しているバンドにスポットを当てています。タイトルから分かる通り彼らはなんと漁師!本作は
>>続きを読む

屍人荘の殺人(2019年製作の映画)

3.2

ネットや通信環境が発展した今、なかなか作りにくくなったクローズド・サークル作品。しかし本作は物凄い展開でクローズド・サークルや密室事件を作り上げます。予告は上手くこの舞台設定を隠しているため、この展開>>続きを読む

麻雀放浪記2020(2019年製作の映画)

2.8

良くも悪くも“行き当たりばったり”という言葉が似合う作品。驚いたのは東京オリンピックが中止になったという設定。『AKIRA』かな?そんな予言当てなくていいから…😥

新たな世界大戦の勃発により、東京オ
>>続きを読む

EXIT(2019年製作の映画)

3.8

「タタターンタンタンタンタタターン!」ってなんだよ?と思ってたらエンドクレジットで判明して「それかよ!」ってなりました。思わず口ずさみたくなるね👏

母親の古希を祝う会場で、大学時代に好きだった山岳部
>>続きを読む

海獣の子供(2018年製作の映画)

3.2

「なんか久々にアニメ映画観たいなあ。せや!話題になった『海獣の子供』借りたろ!主題歌も米津やしイケるやろ!」

……(鑑賞中)

……(鑑賞後)

🤔……?


間違いなくアニメーションは凄い。終盤は
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.0

ジョジョとヨーキーが会ってハグするたびに、もう可愛くて可愛くて「あら^~」となってしまうのは自分だけ?🤔

第2次世界大戦下のドイツ。10歳のジョジョは青少年集団ヒトラーユーゲントに入団し、架空の友人
>>続きを読む

幸福路のチー(2017年製作の映画)

3.9

アニメーションのクオリティが高く特に優れているのは、子どもの頃の空想や想像の描写がスムーズに現実世界に移り変わる演出。これが非常に素晴らしい。一見、主人公チーの現在と過去がリンクしていると思いきや…観>>続きを読む

カイジ ファイナルゲーム(2020年製作の映画)

2.3

悪魔的完成度…!(悪い意味で)

藤原竜也ウォッチャーとしてはどんなに評判が悪くても彼の作品を観なければいけない。それが藤原竜也を愛する藤原ウォッチャーとしての使命なのだ。それじゃあ観ますよ〜、観る観
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.4

殴り合いからの仲直りは万国共通なのね。

ラストあたりで自分でもおかしいんじゃないかってくらいボロボロ泣いた。おかしい…そこまで号泣するタイプの映画じゃないはずなんだけど。演出やストーリーが良いのはも
>>続きを読む

ニンジャバットマン(2018年製作の映画)

3.5

鑑賞前に脚本は確認しなかったのですが、「これ中島かずきっぽいな」と思ったら案の定。中盤のぶっ飛び展開から賛否が分かれそうですが『天元突破グレンラガン』好きとしては「まあヨシ!」という結論に。流石スパイ>>続きを読む

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

3.1

地球に生息している異星人たちの監視と取り締まりを行っている最高秘密機関MIBことメン・イン・ブラックの新人女性エージェントMは、MIBロンドン支部内に潜んでいるとされるスパイの摘発を命じられる。Mは、>>続きを読む

スロウ・ウエスト(2015年製作の映画)

3.4

マイケル・ファスベンダーがコディ・スミット=マクフィーの髭をナイフで剃る場面があるんですが、ベビーフェイスすぎてどこに髭生えてるか分からなかった。

スコットランド貴族の青年ジェイは、姿を消した恋人ロ
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.0

なんか素敵なタイトルだわ…もしかして陰キャ君の恋愛how to映画か、エモいボーイ・ミーツ・ガール映画かな?🥺と思ったら何だこれは(頭を抱える)俺の頭の中のノブが「クセがスゴい!」と連呼しとる。

>>続きを読む

ラスト・クリスマス(2019年製作の映画)

4.3

素晴らしい傑作。脚本と演出が非常に上手い。クリスマスのロンドンのシーンも美しい。これはもしかしてクリスマス映画の名作として語り継がれていく作品の一つになるのでは?

ロンドンのクリスマスショップで働く
>>続きを読む

無双の鉄拳(2018年製作の映画)

3.5

「死にたい奴から、かかって来い。」

“根は優しくて力持ち”を体現した役者、マ・ドンソク兄貴。ロック様と並んで出てきたときの安心感が半端ない。

“雄牛”と呼ばれ闇の世界で恐れられていたが、妻ジスのお
>>続きを読む

凪待ち(2019年製作の映画)

3.8

いや、メインアートの慎吾ちゃんの顔すっげー怖いんだけどどうした…?

まずは香取慎吾の代表作が出来て本当に良かった。主演は多いけどハットリくんやら西遊記やらこち亀やら…見てないけど、すこぶる低評価の『
>>続きを読む

バッドボーイズ フォー・ライフ(2020年製作の映画)

3.9

なぜいま『バッドボーイズ』の続編?なぜ監督がマイケル・ベイじゃない?てか監督してるコイツら2人誰だよ?といろんな疑問が出てくる作品だけど…あれ?これなかなか面白いんじゃね?正直、前二作はあんまり覚えて>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.1

自分が好きな映画のシチュエーションの一つが分かった。俺、雪国や冬の街を舞台にしたスリラー映画が好きなんだ。

狂気的な内容でもどこか映像的に美しかったり、寒々しく閉鎖的に感じる雰囲気が好みなのかも。最
>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

3.6

エッグサンドクッソ美味そう。まさかの飯テロ映画だったとは。

「『スーサイド・スクワッド』で良かったところといえば?」と聞かれたら100人中98人は「ハーレイ・クイン!」と答えるだろう。それほどマーゴ
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

4.3

なんだこの霊媒師アベンジャーズ映画!?

本作は人間の二面性や、結婚や出産の縺れなどドラマ部分の面白い見どころも多いんですが、霊媒師描写が素晴らしいためそこをメインにレビューしたいと思います。

冒頭
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.0

なるほど、『地獄の黙示録』との類似点があると言われてるのも納得。ブラッド・ピット×SFという組み合わせからアクション映画を連想させるが、ハッキリと娯楽作という内容からは背を向けた異色作。

地球外生命
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

4.1

一作目の『ジョン・ウィック』はなかなか面白かったものの、「まあ二作目はそのうちレンタルでいいかな」と、数ヶ月前にようやく『ジョン・ウィック:チャプター2』を鑑賞。そしたらチャプター2があまりにも面白す>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.3

ジャーナリストの夢を諦めて町工場で働き始めた益田は、同じ時期に入社した鈴木と出会う。無口で影のある鈴木は周囲との交流を避けている様子だったが、同じ年の益田とは少しずつ打ち解けていく。しかしある出来事を>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.7

『転生した世界で誰も知らないビートルズのイエスタデイを披露したら音楽業界で無双しちゃってもいいんですか?』的ななろう系ストーリー。ご丁寧に転生の仕方も車に跳ねられるっていう。観る前はハリウッド映画もラ>>続きを読む

>|