KEITOさんの映画レビュー・感想・評価

KEITO

KEITO

バイオハザード ヴェンデッタ(2017年製作の映画)

3.1

バイオハザードの世界に平和な日が来る時ってあるんですか(絶望)

対バイオテロ組織「BSAA」のクリス・レッドフィールドはある組織の捜査中、国際指名手配犯のグレン・アリアスとはち合わせるも逃してしまう
>>続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

4.0

パロマかわいいよパロマ。
おい、パロマをメインのボンドガールにして今すぐもう一本作れ(むちゃくちゃ)

諜報員の仕事から離れてリタイア後の生活の場をジャマイカに移した007ことジェームズ・ボンドは、平
>>続きを読む

ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-(2020年製作の映画)

2.3

予告で北川景子が「落ち着け!犬養!」ってビンタするとこで嫌な予感はしてた😥

「安楽死を望む病人とその家族の意思を汲み、尊厳死させることは罪なのか?」という非常に興味深く描き甲斐のあるテーマをなんか、
>>続きを読む

空白(2021年製作の映画)

4.3

本作を観た回の上映中に数秒間、無音になったり聞き取れないほど音が小さくなったのが何回もあったので、古田新太ばりに「おい音が聞こえねえんだよ!どうなってんだよ!」「聞こえてただ?じゃあ聞こえてたって証拠>>続きを読む

ステージ・マザー(2020年製作の映画)

3.2

ドラァグ・クイーンの映画って面白いのが多いと思う。『プリシラ』やプリシラのヒットに影響を受けた『3人のエンジェル』など。本作を観るにあたりYouTubeで、有名なドラァグ・クイーンの方のインタビューを>>続きを読む

ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償(2020年製作の映画)

4.1

第93回アカデミー賞の作品賞にノミネートされたにも関わらず日本ではどうにも扱いが悪い本作。結果、助演男優賞と歌曲賞を取りましたね。いやー、面白かったですよ。

1960年代後半、アメリカで勢力を伸ばし
>>続きを読む

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

4.0

『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』より極悪な奴がいるんですがそれは😅

『孤狼の血』は白石和彌監督作で一番好きな作品。私の2018年映画ランキング8位です。そんな作品の続編ということで嬉
>>続きを読む

モンタナの目撃者(2021年製作の映画)

3.9

「似ている作品」に『ワイルド・ストーム』が出てきたんだけど、これって共通点が『犯罪者×大災害』って組み合わせだけだろ😅笑。

テイラー・シェリダンが脚本を手掛けた『最後の追跡』や『ボーダーライン』も面
>>続きを読む

ダウンレンジ(2017年製作の映画)

3.8

面白い。謎の狙撃手から狙われて車の影でやり過ごすワンシチュエーションスリラー。マンハント(人間狩り)系の作品ではかなり好きですね。こういった内容の作品はあまり高得点が付かない傾向にありますが、ぜひ見て>>続きを読む

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結(2021年製作の映画)

4.3

2021年公開映画『人の命が最も軽いで賞』受賞おめでとうございます!😆(勝手に表彰)

変人・人外キャラを魅力的に描かせたらジェームズ・ガン監督の右に出る監督はいませんね。ネズミを操る女や、顔に水玉の
>>続きを読む

返校 言葉が消えた日(2019年製作の映画)

3.9

原作のゲームはかなりよく出来ているので、ぜひ多くの方にプレイして欲しいです。ネットフリックス配信のドラマはまだ観ていないためゲームと比較したレビューになります。

台湾にある翠華高校。放課後の教室で眠
>>続きを読む

オールド(2021年製作の映画)

4.0

“シャマラニスト”の端くれとしてシャマラン作品は必ず映画館で観るようにしています。好きなシャマラン映画は『サイン』と『レディ・イン・ザ・ウォーター』です。『ヴィジット』『スプリット』あたりから評価も持>>続きを読む

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

これはMCUで最も好みが分かれるかもしれない。というのも前半と後半でアクションの質がガラッと変わるため、前半のカンフーアクションがめちゃくちゃ面白かった身としては後半の『ワンダと巨像』や『モンスターハ>>続きを読む

ザ・レポート(2019年製作の映画)

3.8

『インフォーマント!』では企業の内部告発、『ザ・ランドロマット -パナマ文書流出-』ではパナマ文書など様々な問題を脚本していたスコット・Z・バーンズ。ただこれらの作品はコメディ仕立てでしたが、本作はか>>続きを読む

羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来(2019年製作の映画)

3.7

メインビジュアルがつまらなそうなソシャゲに見えたので(失礼)、劇場には行かなかったんですがレンタルで鑑賞。思ってた以上にキャラクターが素晴らしく、それぞれの思惑のぶつかり合いが切なかったですね。

>>続きを読む

プラットフォーム(2019年製作の映画)

3.3

食欲が増すのか減るのか。よくわからないこの気持ちはなんなんだ😅

中央に四角い穴の空いた謎の部屋で目を覚ましたゴレン。そこは塔の「48階層」であり、上下には無数の階層が続いていた。ゴレンは、同じ階層に
>>続きを読む

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

3.1

ちょっと疑問なんだけど本作のゲスト声優を田中裕二、田中みな実、田中圭で田中で統一したのは何か意味があるの?田中圭は前作の続投だけどさ。初代ゴジラのプロデュース田中友幸氏にあやかるとかならまだ良いけど、>>続きを読む

ドント・ブリーズ2(2021年製作の映画)

3.9

前作よりアクション要素が多めになったけどこれはこれでいいじゃん!1のスリラーからはまた違う続編。今作も大好物でした!

盲目の老人の家に盗みに入った若者たちが返り討ちに遭った惨劇から8年。老人はある少
>>続きを読む

ワイルド・スピード/ジェットブレイク(2020年製作の映画)

3.8

毎度毎度おかしい。このおじさん達は一体どうやったら死ぬのだろうか?飛んだり落ちたりする人を車で受け止めたからセーフ!みたいな流れになってるけどおかしいだろ!いやそりゃダメージは軽減されるだろうけどさ!>>続きを読む

トゥモロー・ウォー(2021年製作の映画)

3.6

「ヒーローじゃない、娘を救いたいだけだ」
思っていたより家族ドラマが強い作品でしたね。

2051年から現代にやって来たタイムトラベラーグループにより、30年後に人類は未知の生物との戦争に敗北するとい
>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

4.5

男が集まったときの「ウェーイwww」ノリはマジでクソだなって思った(戒め)

マリガン姉貴すこすこだったので、彼女の出演作は一通り観てます。特に『ドライヴ』と『未来を花束にして』が好きだったんですが…
>>続きを読む

アメリカン・ユートピア(2020年製作の映画)

4.7

現状2021年の映画ナンバーワン。なぜなら今年映画館で観たどの作品よりも楽しい時間を過ごすことが出来たから🤗正直最初は「自分と音楽の好みが合わないかな?」と思っていましたがそんなのは杞憂!立ち上がった>>続きを読む

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

3.3

前作とトーンが違いすぎたので監督が変わったのかと思いきや、ヨン・サンホ監督の続投だった。最初の方は今作はこれはこれで良いかな、と思い観ていたんですが徐々に「あれ…なんかどっかで見た場面ばっかりだな…?>>続きを読む

RUN/ラン(2020年製作の映画)

3.7

やられたらやり返す。3倍返しだ!

『search/サーチ』で一躍名を挙げたアニーシュ・チャガンティ監督作。search/サーチは私の2018年映画ランキング3位にしました。てかRUNとかsearch
>>続きを読む

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

3.8

ケイト・ショートランド監督って『さよなら、アドルフ』しか観たことないんですけど、本作のようなアクション超大作に起用するとはさすがマーベル。女性の抑圧からの解放を描ける手腕が買われたのでしょうね。

>>続きを読む

ガーディアンズ(2017年製作の映画)

2.4

冒頭でラーリアという女指揮官がやたらお尻をプリプリさせて歩いており、その場面が本作で一番よかった。

冷戦下のソ連。違法な遺伝子操作で誕生した、特殊能力を持つ兵士による超人部隊が作られようとしていた。
>>続きを読む

ビバリウム(2019年製作の映画)

3.2

🏠🏠🏠🏠🏠🚘🏠🏠🏠🏠🏠

🚘<うわあああああああああ!

良い意味で不快で気持ち悪くなってくる。コピペした家や、子どものカナギリ声がおぞましい。このカナギリ声は、まさに本作を象徴するある“鳥”の鳴き声
>>続きを読む

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

4.0

そうそう、こういう映画こそ90分くらいの尺でいいんだよ(前回レビューしたポンポさんを引きずる)。

またしても俺の中の井之頭五郎が「ほー、いいじゃないか。こういうのでいいんだよ、こういうので」深く頷い
>>続きを読む

映画大好きポンポさん(2021年製作の映画)

4.0

本作はめちゃくちゃ面白くてクオリティが高いアニメです。登場人物もみんな魅力的だしアニメーションの質は文句なしです。ただ、それを踏まえた上で後半に気になった点を書きました。そちらの比重が多くなってしまっ>>続きを読む

モータルコンバット(2021年製作の映画)

3.3

ゲームは少ししかプレイしてないし別にそこまで面白いとは思わなかった。じゃあ何で観に行ったかといえば、このゲームの独特のシステム「フェイタリティ(Fatality)」が忠実に再現されてるか気になったから>>続きを読む

7月22日(2018年製作の映画)

3.9

2011年7月22日に起きたノルウェー連続テロ事件を描いた本作。この事件を題材にした映画は『ウトヤ島、7月22日』という先行作品がありますね。あちらはウトヤ島の銃乱射の恐ろしさをワンカットで描いていま>>続きを読む

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

4.1

Swallow=飲み込む。果たして飲み込むのは単に異物だけなのか…。

女性が精神を病んでいくタイプの映画は好きなのでニューロティック・スリラーなジャンル映画かと思ったら、予想外の深い映画で良い意味で
>>続きを読む

ブリング・ミー・ホーム 尋ね人(2018年製作の映画)

3.5

なんだこのゴミクズしかいない映画!?(驚愕)

6年前に消息を絶った息子を捜し続ける看護師のジョンヨンは、息子に似た子供を見かけたという目撃情報を手掛かりに郊外の漁村を訪ねる。そこで彼女は釣り場を営む
>>続きを読む

魔女がいっぱい(2020年製作の映画)

3.0

ファミリー向けダークコメディとして評価したいのだがアカン…これシンプルに面白くない…。一応、アン・ハサウェイの狂った素晴らしい演技に加点しました😥

1960年代。ある豪華なホテルに若くおしゃれな女性
>>続きを読む

フロッグ(2019年製作の映画)

3.4

『ミュージアム』のカエル男みたいなのを想像したら違ったケロ🐸笑。

『開始45分、その恐怖は快感に変わる。』なんて謳っているので、中盤から何かが起きるのはある程度わかると思います。よくある前半に謎を散
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

4.3

アカデミー主演男優賞の発表を見て「えー?チャドウィック・ボーズマンがオスカーじゃないの?アンソニー・ホプキンスは今さら賞とか要らないでしょ😥」って思っていたけど実際に本作の演技を見て度肝を抜かれた。あ>>続きを読む

>|