クラークスの作品情報・感想・評価

「クラークス」に投稿された感想・評価

RYUYA

RYUYAの感想・評価

3.5
コンビニ店員のめんどくせぇ1日を描いたアホでオシャレな堕落映画。嗚呼90sアメリカのグータラどもの愛おしさよ。

サボリの究極「閉店」を10分おきにかまし、主人公のもとに遊びに来る愛しきクソガキ、タバコを買いに来る客に、肺ガンの恐ろしさを訴えるガム販売員、しまいにゃトイレでおなにー中に老衰するクソジジイなど、クロマティ高校ランクの弱者界のツワモノたちが次々と来店。『サウルの息子』で描かれていた同胞の殺処分(ゾンダーコマンド)を超えるレベルで「やりたくない職業ランキング」にランクイン。

トイレで勃起したまま死んだクソジジイの上に、主人公の元カノが間違って挿入してしまう展開はさすがに神がかってる。
しかも直接描写は省略してトークだけで笑いにするのがちゃっかり超上手い。

そう、台詞7割下ネタだが、行為は直接描かない童貞感がかわいかった。
bb

bbの感想・評価

3.5
普段イラつきがちの私ですが、誰かに指示されて行なっているんではなく、同意のもとあるいは自分で決めたことに責任を持ててないなと反省…

ただ、お葬式は1人で行くといったのに無理やりついてきたり、車を貸すまでしつこく言ってくるのにそれをダンテの選択だろと正論っぽく言うランダルには?でした。
犬

犬の感想・評価

3.7
ホッケー

コンビニで働く青年ダンテは、休日に店長からの電話でたたき起こされ、早朝勤務を引き受けるハメに
しかもその日は客にタバコを投げつけられたり、恋人から過去の意外な性的体験を聞かされたり、元彼女の結婚を知ったりと災難続き
嘆くダンテに、さらなる事件が降りかかり……

ケヴィン・スミス監督の長編デビュー作

なんだこれ
中々のおふざけですね

凄い1日
でも、まとまりがよろしい

ネタが沢山
とりあえず、隣のビデオ店の奴がヤバい

全編白黒です
若干、下品

スターウォーズの話、ふ〜ん

仕事をするという責任感には感心

ジェイとサイレント・ボブ(監督)も登場します
喋っちゃうのね笑
sou

souの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

コンビニバイトのダンテと隣のレンタルビデオ店のバイトのランダルがお喋りしたり癖のある客がやって来たりするだけの映画。
何か色々あったけど思い返せば特に何もないたった1日の話。

ほぼ下ネタ喋ってるけどそこまで不快感ないし白黒の映像で終始気怠げな雰囲気。

ランダルがダンテの元カノのケイトリンに「またダンテ泣かせたら殺すよ」って台詞にドキッとした。最後にダンテに叱るところ、いつもふざけてる奴がちょっと真面目になるギャップはズルいし最後の「ヤダよ」とかいいつつ変な歩き方してくれるの好き。

トイレの中はスノーボールがいるのかと思ったらホラーだった。ケイトリン哀れすぎるしベロニカも可哀想だった。検死官の「ここはどんなコンビニなの…?」って台詞ですべて代弁された。

デススターの建設に携わった人が可哀想理論面白い。

「「「「靴墨のニオイ?」」」」
“今日は休みだったのに!”
おまるのフタをあげられない男の、なんて日だ!な一日
モノクロでかなり映像の荒いワンシチュエーション会話劇、、めちゃめちゃ尖ってんな!という感じだけど、ちゃらんぽらんな男が一晩でほんの少し成長するというテーマのいい話でした。
独特な雰囲気になんだこれ?と思いながらも、だんだんと本質をついていく様な感覚があった
言い回しやジョーク、罵倒とかが英語わかったら楽しめただろうな〜〜
「コーヒー&シガレッツ」と本作、どっち派??って映画好きと語りたい
若者の葛藤。ダンテの友達はバカだけど、最後核心を突くところは感心しました。
ねじ

ねじの感想・評価

3.8
ゆるーく見れる映画。途中まで主人公に同情してたけどラストのランダルの核心をついた台詞でハッとした。同じモノクロ映画のコーヒー&シガレッツはあまりハマらなかったけどこれは楽しめた。サントラや登場人物のファッションがお洒落。トイレで死んだジジイとヤっちゃった話はインパクト強い。
何にも起きない、なんでもない一日が途轍もなく素晴らしい。良い映画。
特に何も起こらないっちゃあ起こらないけど、ポイントで良いこと言ったりするし、終盤はちょっと切なくてグッときます。
YoshiMia

YoshiMiaの感想・評価

3.8
やる気がまっったくない
“The☆アメリカのコンビニ店員”
ダンテを取り巻く仲間と客の会話劇

ずっと観たかってんよね〜コレ!
会話が特に面白い訳でもなく
しょーもない話がダラダラ続くんだけど
あれ?
と引っかかるような意味のある言葉も出てきたりして、なんかいいな、と引き込まれていく。


カタルシスからの決着
このラストがいい。




途中はほんとどーーーでもいい話やねんよね、

セックスした人数は3人♡
という彼女が、
よくよく聞いてみると咥えた数は37人だったり笑

それにムカついた彼氏が
やっぱ元カノやわ!
と必死により戻そうとしたり


合間合間で
友達が彼女にいらんこと言って
話ややこしくなったり



人間ヒマでお喋りやったら
こんなややこしくなんのか!と勉強になる。



それをまとめるラストがいい。

“ファンボーイズ”の監督だから
相当スターウォーズ好きなんだろうな
小ネタが散りばめられてました。
好きな人は楽しめそう。♡
>|