黄金のアデーレ 名画の帰還の作品情報・感想・評価

黄金のアデーレ 名画の帰還2015年製作の映画)

Woman in Gold

上映日:2015年11月27日

製作国:

上映時間:109分

3.9

あらすじ

アメリカで暮らす82歳のマリア・アルトマンが駆け出し弁護士ランディと共に起こした裁判に、世界が仰天した。 訴えた相手は、オーストリア政府。“オーストリアのモナリザ”と呼ばれる、クリムトが描いたマリアの伯母の肖像画「黄金のアデーレ」の返還を求めてのものだった。その名画には、ナチスに運命を翻弄されたマリアと彼女を取り巻く人々の美しい思い出と涙の記憶が詰まっていた――

「黄金のアデーレ 名画の帰還」に投稿された感想・評価

最後のシーンを見て彼女が取り戻したかったのは絵画というよりもナチに奪われた幸せな家族の姿だったんだなあ、と思った。
ライアン・レイノルズは真面目な弁護士を演じているのにデッドプールがチラついて若干困る😂
観て良かった〜〜
これもまた映画から学ばされるシリーズ。
ウィーンにこんな過去があったなんて知らなかったし、まだまだ解決されてないものもたくさんあるんだなあ。
tamchan

tamchanの感想・評価

4.8
すごく良い映画でした。
泣けます。
だけとアメリカ最高裁首席判事との免責法に関する やりとりなど良く理解できない私でした。
どんな場合に適用できるかできないかを問題にする必要はないと諭され暗に応援されたとの解釈で良いのかなー
過去の記憶映像と現代の裁判の進行が非常に上手い。心に入ってきます。
最後の演説カッコいいですねー
判決文でナチスに全てを奪われたおばあさんの尊厳見事に取り戻せましたね。
直ぐにももう一度みたい映画でした。

arisan

arisanの感想・評価

3.5
芸術品が誰かの思い出だったなんて考えたこともなかったな…。強気なマダムと改心した甥が良い感じ★全ては行動力だな。
takusato

takusatoの感想・評価

4.1
2018-032
何これめっちゃよかった。
ユダヤの略奪された絵を持ち主である老女に返還。弁護士は借金までして奔走するんだけど、この歴史の個人の記憶がクロスしていく感じがまた絶妙に、うまい。

確かに構図が美しい…
あとライアンレイノルズが若い。
人に勧められて観たけど、こりゃ超名作。
志月

志月の感想・評価

4.0

"オーストリアのモナリザ"と称される名画「黄金のアデーレ」を巡る物語。

ナチス独裁時代の略奪の過去をひた隠し、不正所有を続けてきた政府と返還を求めるアデーレの姪。彼女にとってその絵は幸せだった時代のかけがえのない家族の思い出であった。

過去は変えられない。
先人の過ちは残された者で償わなくてはならないのだ。

返還という決断は、オーストリア国民としての反省と尊厳を人々に思い出させてくれただろう。

作品終盤は涙が止まらなかった。
Lostlion

Lostlionの感想・評価

4.2
私は何も知らなかった。シェーンベルクの孫であるランディさえもマリアに出会うまで、オーストリアに足を運ぶまで本当には何も知らなかった。
最高裁で免責法について話した時、裁判官が言った。「過去にも遡れる」と。それは、私たちは過去に犯した罪にだけ責任があるのではなく、これから、私たちが犯しうる罪に対しても責任があるのだということではないか。その絵は長い年月その国の宝、女神として敬われてきた。しかし、その敬意、愛情には多分な自己愛も含まれていた。「こんな素晴らしい絵を持っている我が国」そうではない。この絵で描かれたのは生きたアデーレであり、マリアの大切な叔母である。
考えることが尽きない。当時の描き方としては、一面的なのだろうけど、1人の女性の物語としてみたら十分だ。
nico

nicoの感想・評価

3.5
主人公側の目線だけて観られればそこそこ面白いと思えるんだろうけど、オーストリア側の人たちを単純に敵として描いてるのが気になった。
現在に近い時期の話なのに、そんな簡単に勧善懲悪にされちゃうとモヤっとする。
JUN

JUNの感想・評価

3.5
アメリカに住むマリア・アルトマンが、第二次世界大戦時にナチスにより略奪された名画の返還をオーストリア政府に求める実話。
“黄金のアデーレ”その物の価値も相当なものだが、現在と過去を行き来するストーリーにより、戦時下に経験したマリアの思いがその絵の価値を高めている。
未だ返還されていない美術品が多数存在していると知り、美術館で観賞する際は絵のルーツを知ることも楽しみ方の一つであると感じた。
ウィーンの町並みが綺麗。回想シーンの色味が好きだった。流し見に◎
>|