ミケランジェロ・プロジェクトの作品情報・感想・評価・動画配信

「ミケランジェロ・プロジェクト」に投稿された感想・評価

実話ベースで豪華キャスティング、大戦下の作戦遂行ながらも時折ユーモアも交えて、皆もよく知るあの美術品たちの為に奔走する物語は興味深い。

以下蛇足です。

個人的な想像だけど、ジョージ・クルーニー監督はシーン毎の繋がりよりも、撮りたいショットを優先している気がして、物語全体のカタルシスを感じづらいように思える。
でも観てると「成程そういう映画が好きなんだろうなぁ」とも感じられるので、そのうちこれが味になるのかも!?
消失した美術品が いっぱいあったんだろうなあ
そんな中 この勇敢の人たち
きろ

きろの感想・評価

4.5
キャストが豪華。
そのために見せ場を無理やり作るといった派手な演出は一切なく、安心感があった。
音声メッセージのくだりにぐっときた。
ふくた

ふくたの感想・評価

3.0

生死をかけて働く人について
仕事に命をかけることについて
色々と考えていた時期があったなあと思い出した

よく働くとはよく生きることなのだった

「荷が重くなった」
世界大戦下でヒトラーがこんな計画をしていて、それを阻止する為に奮闘した人たちがいたこと。
映画を見るまで、恥ずかしながら全く知りませんでした。
世界や日本全国で行われる特別美術展。
当たり前にあるものではなくて、彼等のような人たちが守ってくれたから見れるのかと感慨深くなくりました。
フフッと笑えるシーンも多々有り、戦争映画は好きではないのですが、かなり見やすかったです。
sen

senの感想・評価

2.5
ナチスに奪われた美術品を取り返すべく奮闘する話。

実話に基づく話なんですね、現存する美術品の裏にこんなストーリーがあったとは!

戦争で多くの歴史的建造物や美術品が失われたんですね😢そんな歴史的な物を守るため命をかけた人々がいて、見る目が変わりますね。

それにしてもヒトラーが略奪した美術品を集めて『総統美術館』を建設しようとしてたのは驚き。
略奪品で美術館って...すごい野望ですね😅

特に大きな展開もなくイマイチかな...キャストが豪華なので期待しすぎた分の落差がすごかったです笑
あじろ

あじろの感想・評価

3.0
ジョージ・クルーニー、自分で「顔だけじゃない」って台詞書いたんか。かわいい。
ナチによりヨーロッパ中の美術品が奪われてしまいこのままでは貴重な”文化財”が失われてしまう。それを危惧した美術家たちが”モニュメントメン”(原題)として取り返しに行く史実を基にしたドラマ。メガホンを取ったジョージ・クルーニーが主演も張りマット・デイモン、ビル・マーレイ、ジョン・グッドマン、フランス人役でジャン・デュジャルダン、ケイト・ブランシェット等スター揃いだが決して派手さが無く目的に向かって粛々と行動していく様が意外だった。基本的に皆美術を愛する人々なので当たり前だがそれが面白いかと言えば疑問にも思える。だけど史実を基にしているのだからこれでいいのだろう。ジョージ・クルーニーの父親が出てくるのがとても素敵だと思った。
異色の戦争映画。コミカルな部分もありつつ、戦争がいかに滑稽であるかもよく分かる。
NAO

NAOの感想・評価

3.7
ジョージクルーニー凄い!

ドイツ軍に取られた美術品を取り返すというシンプルな話。
ガッツリな戦争モノではないから、見やすくてあっという間だったし、美術品が後世にも残っているのはアメリカ軍が取り返したからとか思うと大作戦だったんだなぁ。。。
おじいたちの賜物👏

ミケランジェロの彫刻みたら、これを取り返すのに亡くなった人いるんだなぁと思い出すな。🥲
>|

あなたにおすすめの記事