ミケランジェロ・プロジェクトの作品情報・感想・評価

ミケランジェロ・プロジェクト2013年製作の映画)

The Monuments Men

上映日:2015年11月06日

製作国:

上映時間:118分

3.2

あらすじ

第2次世界大戦末期。戦火の激しさが日に日に増していくヨーロッパ戦線。ナチス・ドイツの敗色が濃くなる中、ナチスに強奪された美術品の数々を奪還すべく、ルーズベルト大統領の命を受けて立ち上がった者たちがいた。ミケランジェロの名作をはじめとする人類の遺産ともいうべき美術品の数々の運命は果たして…

「ミケランジェロ・プロジェクト」に投稿された感想・評価

ageless505

ageless505の感想・評価

2.5
第2次世界大戦中、ナチスによる美術品文化財強奪を阻止しようと美術研究者たちが集結した実話に基づく作品。ミケランジェロ作の聖母子像を守ることがミッションの1つなので付けられたと思われる邦題だけど、原題どおり「The Monuments Men」(美術研究者グループに付けられた名前)が欧州諸国で奮闘苦悩する様子を描いた歴史ドラマ。

<既に強奪された美術品>のリストと隠し場所を探ることも1つの大きなミッションであることが、似たテーマであるジョン・フランケンハイマーの大傑作「大列車作戦」と異なるところ。

個人的にはジョージ・クルーニーがマット・デイモンをイジって楽しみたい感が滲み出て可笑しかった。けども、彼ら含めその他超豪華俳優陣の芝居が素晴らしいんであって、原作と設定を活かし切った面白さではないのかな、と。とくに「大列車作戦」で美術品を積載して爆装する蒸気機関車のド迫力シーンを経験していると、本作で手押しトロッコで美術品を運ぶというオマージュ?は苦笑するしかない感じで。

ともあれBマーレイ、Jグッドマン、Bバラバンたちが、頼りない軍服姿で安定の軽妙ぶりを発揮するのはさすがでした。
第二次世界大戦下、美術品も守った人々の物語。

監督主演がジョージ・クルーニー、マット・デイモンとタッグを組む、さらにはターゲットは美術品、オーシャンズを想起せざるを得ない。

オーシャンズのような華やかさはないが任務に誇りをもって遂行しようとする男たちがかっこいい。

マット・デイモンがジョージ・クルーニーと合流するシーンは興奮した。
キャストが豪華。
内容を期待し過ぎると肩すかしを食らう映画。
実話ってことで色々と考えるものはある。
ナチスから美術品を守れ!
この一言で映画の内容が説明できます。

とはいえバトルものではありません。そして、ビックネームがこぞってでているが内容は地味です。

エンタメよりではないということをわかった上で見る必要があります。
私たちが一度は目にしたことのある美術品たちにも凄い歴史ドラマがあったなんて!美術が好きな自分にとっては中々興味深い内容だった。
この人たちのお陰もあり、今では沢山の作品が残っているが、中には失われた物もある。もしそれが残っていたら、さらに素晴らしい作品もお目にかかることができたかもしれない。美術ってロマン溢れるね( ͡° ͜ʖ ͡°)
Mickey

Mickeyの感想・評価

3.8
戦争の最中も美術品の価値を認めそれを守ろうとするとても素敵な映画です。
人々の思いが昇華されてる美術作品は残すべき価値がありますし、それを1つの国が独占し誰もが見れる自由を守ったということはとても価値のある行動だと思います。
特に大きいドラマはなかったけど、実話だと思うと感心
パリの夜に染まらないマットデイモンが男らしくてかっこよかった。(笑)
所々にあるユーモアが好きだったなぁ

ビルマーレイがいるとどうしても和む

へーーーって見てる美術品が意外と波乱万丈な人生を送ってきたのだと思うと、更に面白みとありがたみが増すね。美術館行きたい
白

白の感想・評価

3.0
記録

印象
キャストが豪華。
当時は面白いと思ったけど、話が淡々と進み内容の記憶が薄い。
ジョージクルーニーがイケメン。

印象に残っている場面
・戦争の緊迫した最中、野生?の馬を追いかけるシーン(その後の事故)
・教会で亡くなるシーン
・マット・デイモンが科学者の知識で地雷を処理するシーン
元ネタはリアルらしいね
一風変わった、あまり重くない戦争映画
クラゲ

クラゲの感想・評価

3.0
読書ノート[7]

「ミケランジェロ・プロジェクト」観た。

アクションしないマット・デイモンも良いねっていう(笑)

割に淡々と進むけど、おっさん&じーちゃん達がキュート♡

戦争が奪うのは命だけでは無い。

確かに命より大切な美術品は無いけど、美術品には文化や人の人生が詰まってる。
>|