乱れるの作品情報・感想・評価・動画配信

「乱れる」に投稿された感想・評価

mie38

mie38の感想・評価

4.0
小売業とスーパーの歴史を交えてのストーリーもとても良かった。
あたしだって女よ....と続くシーンもめちゃ好きです。乱れてしまえばいいのにーーと心から強く願った。
表情、会話にも引き込まれる。悲劇で終
ひゃら

ひゃらの感想・評価

4.2
乱れる って題名をつけるセンスに脱帽
会話や表情に見え隠れする心理…

「あの頃の私たちがどんな気持ちで毎日毎日生きてたか そんなこと歴史の本には書いてないものね」
「俺が毎日どんな気持ちで遊び歩いてるか 誰にもわからないのとおんなじだ」
有名な監督だというのは知っていたものの、初めての成瀬巳喜男作品!

いやー、すごく美しい映画だった。特に大きな展開があるわけではないんだけど、テンポも良く、シンプルだけどしっかり登場人物の気持ちを描いていて、終盤にかけて列車に乗るあたりからはすごく魅せられた。駅を降りてからの流れなんて、抑制されていてとても美しかった。その流れからのラストの展開は久しぶりに唸った。あんな感じで終わるなんて、ラストの高峰秀子の表情が素晴らしかったなぁ。

これから色々な作品を観てみたいと思った!
あー

あーの感想・評価

4.3
乱れることを嫌った女が乱れてしまうラストが神
昔の日本の美学みたいなものが詰まってる感じが『秋津温泉』ぽい
若い頃の加山雄三めっちゃイケメン
efn

efnの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

高峰秀子を照らす照明にスキがなさすぎる。補助光とえくぼの相性の良さよ。
yuma

yumaの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

大傑作映画でした。

成瀬巳喜男作品は「浮雲」「めし」ぐらいしか観た事はなかったのですが、正直、自分には、あまり響かなかった。

でもこの作品は、凄く良かったです。

最初、橋を2人で渡らなかった。そして最後は、橋を渡る事は出来ず、ただただ見送るという結末。何とも悲しいですね😢
せいけ

せいけの感想・評価

4.3
いわゆる日本の名作然とした作品だけどシンプルに楽しめた
会話劇がめちゃくちゃうまい
単純に笑えてテンポのいいやり取りもそうだけど、表向きには堂々と言えない本音の部分の描き方が絶品
提言はするけど積極的に物事を動かそうとしない人間のずるい部分が会話だけでしっかり表現されている
フラフラしている男と生真面目な女のメロドラマとしても芯が通っていて面白い
ちゃらんぽらんながらどこか憎めないこうじを加山雄三が好演
自立しているけど立ち位置が微妙で家族からは扱いづらいという複雑な役どころを高峰秀子が絶妙なバランスで演じている
女性の生きづらさを描きながら時代の流れに推しつぶされそうになる男性の肩身の狭さを描き出すニュートラルな視線が素晴らしい
わに

わにの感想・評価

5.0
生涯ベスト級きた。とんでもない。高峰秀子の髪が乱れたラストカットだけ見ても、とんでもない。加山雄三の役回りも最高。バカ正直に生きるバカ、まともに生きる気はさらさらないが、真っ直ぐに生きてる。彼の死も元を辿れば「スーパーマーケットが建つこと」なのかもしれない。
加山雄三「姉さんが好きだ!」高峰秀子「言わないで!」義姉弟である前に二人は男と女であり、お互いを思いやる家族であった。64年、小売店への風当たりは厳しい。この店をスーパーに建て替えれば姉さんとおれは一緒に暮らせるのに。義姉弟愛でありながら嫌らしくならない加山雄三の好青年っぷりと高峰秀子の演技力、繊細な心理描写、詩情豊かな演出に舌を巻いた。戦死した夫と目の前の弟の無念が重なるようなラストに鳥肌。これぞ名作。
記録(成瀬巳喜男監督作品。列車内や吊り橋など、映画的なショットな連続に痺れる。要、再鑑賞なオイラ(^_-))
>|