裸のランチ 4Kレストア版の作品情報・感想・評価

『裸のランチ 4Kレストア版』に投稿された感想・評価

3/8(金)〜3/14(木)
19:40-21:40

※ 1Fスクリーン「Morcウエ」にて上映
※全席指定席
cetacea

cetaceaの感想・評価

3.7
ずっと、何やってんのか理屈も道理もわからない夢を見させてくれているみたいでよかった。

目黒シネマにてクローネンバーグ特集。オーネット・コールマンとハワード・ショアのクソかっこいい音楽と、グロかわいいドラッグの産物達が繰り広げるバロウズの世界。そんなに好きな映画ではないが、今見ると極端…

>>続きを読む
【裸のランチ】3.6
ウィリアム・テルごっこの天丼やめい
不憫なキキ

#2024年劇場で観た映画43本目

理解できちゃいけない映画☆🤣

ジャンキーの曖昧さや強迫観念、疑心暗鬼のクロネンさん味だから現在でも比類なき映像とストーリーを楽しめる☆

オウムの部屋のクチャクチャをハッキリ見たかったファンには4…

>>続きを読む
Unashamed

Unashamedの感想・評価

5.0

またふざけた邦題だなとか思いながら視聴したらそのままのタイトルでした。失礼。

やっとこさこの監督がこの作品ね!と一致するようになってきた。とても絵作りの芸はあい変わらず細かいが、色々発言は気になっ…

>>続きを読む
CINEMASA

CINEMASAの感想・評価

4.0

 原作はウイリアム・S・バロウズが自伝的要素をふんだんに織り込んだ同名カルト小説(河出文庫:刊←僕が所有&読了しているのは河出書房新社:刊の単行本)

 監督&脚本は『ヴィデオドローム』、『スキャナ…

>>続きを読む
KTW

KTWの感想・評価

3.6

カットアップされた文章を映像化する、ただならぬ執念を感じます。フリージャズのコンサートのように、鑑賞にかなりコツの要る映画かと。4Kリマスターで気色悪いのがハッキリ見えますが、雰囲気としては画質悪い…

>>続きを読む
鈴木清順作品みたいな夢と現実がぐるぐるしてる構成。タイプライターが官能的になるシーンが好き。
KnI

KnIの感想・評価

3.0
前情報通りの難解さではあったけど、David Cronenberg らしさをビシバシ感じられて楽しめた。気持ち悪いは褒め言葉。
>|

あなたにおすすめの記事