クラッシュ 4K無修正版の作品情報・感想・評価

「クラッシュ 4K無修正版」に投稿された感想・評価

めり

めりの感想・評価

-
オープニングクレジットの見せ方が交通事故を模していてカコイイ
shinya

shinyaの感想・評価

5.0
いつもいつだって傑作!
バラード原作でクローネンバーグはもっと撮ってくれ。
Seven

Sevenの感想・評価

-
WOWOWで見たので多分リマスターだけどR-15の修正版
今年のパルムドール取ったチタンの評にクラッシュと鉄男が上がってたので、軽い気持ちで見てみた。
思った通りのフェチズム全開映画でした。
交通事故マニアとかちょっとわかんないですと言いたいけど、何かが壊れる瞬間の快感(それが性的なものかは別として)はわからんでもないなと思ってしまう。

煽り運転が取り沙汰される昨今だけど、中にはこういう特殊性癖の人もいるのだろうか。
人間の心は必ずしもモラルの範囲の中に収まるものではないし、人の数だけ欲求のパターンは存在する。
バンジージャンプであったり、ジェットコースターであったり、死に限りなく近い瞬間を経験することへの興奮。本作はその延長線上にあるもののように思われる。
クローネンバーグは人間の危うい側面を題材にした作品が多そう。
中庭

中庭の感想・評価

3.5
自動車の破損、破壊に性的衝動を内面化させる登場人物たちが身を寄せ合い、次第に互いに破滅をもたらす顛末をあくまで温度の低い映像で見せる怪作。クローネンバーグの大好きな後背位ファックも、後部座席だと二人が前を向いたまま画角にぴったり収まっている。ヴォーンに車体ごと何度も突っ込まれるシーンが一番好きかも。マンションのベランダから見下ろす、交通量の多いハイウェイのショットに漲る性的な何か。
にへ

にへの感想・評価

4.0
イントロダクションの90年代感に興奮した。96年の映画だから当たり前なんだが。
交通事故が想起させるセックス。パックリと割れた女の太ももと車の裂け目。資本主義と車社会、『OKコンピューター』の一年前の空気感。
misty

mistyの感想・評価

3.9
相当妖しく危険な映画。車、官能、そして死。素晴らしい取り合わせ(形象)。役者がみんな凄すぎる。みんなエロいし完全にイッてるのが美しい。

原作のバラードの小説とはだいぶテイストが違うのではないか。音楽も、色彩も良かった。
クローネンバーグ監督作。
Taiga

Taigaの感想・評価

3.9
クローネンバーグの問題作。常識とかモラルとかプロットみたいなものは考えるだけ無駄であり、いうならこの監督なりの破壊的なフェティシズムの映像表現です。
極端に過激なわけでもバイオレンスなわけでも無いけど、何だか途中からは見てはいけないものを観てる感覚になる。多分コレで目覚めちゃう人もいる気がします。ハリウッドではこんな作品許されないだろうな~。
あと、イライアス・コティーズが演じるヴォーンにカリスマ性がありすぎてヤヴァい。
Nakanishi

Nakanishiの感想・評価

4.8
肉と鋼、生と死、性的衝動と交通事故。

理屈では全く意味がわからないのに、感覚に訴えかける名作。車が衝突するスリルと性的興奮が完全に一致。DVDでもう一度ゆっくり観たいです。
身構えてたせいか、思ってたよりハードではなかった
破壊によって性的解放を欲する感覚はわからなくもないけど、痛いのは嫌だし死にたくないな〜と思いながら見ました
主演の俳優さんかっこいい
>|

あなたにおすすめの記事