アカルイミライの作品情報・感想・評価

「アカルイミライ」に投稿された感想・評価

てと

てとの感想・評価

3.4
もっとつまんないのかな、と思ってました。
すみません。オダジョー。

クラゲはそんなに意味なかった気がします。
違うものでも代わりになったような。
あと、浅野さんがちょと不気味だった。幽霊も必要?

2回見て、「ああそういや弁当屋でキレてたね。」とかようやく繋がる部分がありました。
この映画の面会室、屋外で撮ってるらしい。清の発想ぶっ飛びすぎ。
クラゲ、つめたくて透きとおって光を放ちながら流れている、ひたすらに漂う、ゆらゆらと、なにも考えずに。だけどね毒があることを誰にでも教えてあげるわけじゃないんだ、あいつは気に入らない、だから教えてやらない、噛まれて死んだらいい気味だ。自分は暗闇がすきなんだ、クラゲだってひときわ美しい、だから暗闇にずっといたってかまわない。すこしずつ東京に慣れなきゃいけないし、いつかさよならしなきゃならないからね、そう、いつか。君のことなんか忘れる。君にはアカルイミライが待っている。こんな狭いところから抜け出して。アカルイミライへ。



真っ二つに分断された運転席と助手席、刑務所の面会室、廃品工場、コンピュータがたくさん並ぶ会社。そんな閉じた四角い世界から気持ちよく流れる川への解放。許す、という言葉。あらゆる映像あらゆる言葉がべたりと心に張り付き侵食されていくようだった。
Uknow

Uknowの感想・評価

3.5
床下の海 漂う毒クラゲ

・床下テラリウムみたいな部屋があったら、床にものあんまり置かないし、綺麗に保てそうなきがするようなしないような
紫色部

紫色部の感想・評価

4.0
2018.6.23 GYAO!

断絶、河
「アカルイミライ」の七文字に呼応する7人

このレビューはネタバレを含みます

何故有田は社長を殺したのだろう?
東京に適応できなかった男たちが、クラゲを東京に適応させた。そのクラゲは東京を抜け出し海へと出て行く。その意味は?

高校生たちとの職場荒らしはなんだったのだろう?

夢で未来が見える。
昔は見えていて、見えなくなった。久しぶりにみた夢は強風に吹かれ先が見えない夢。
そしてタイトルのアカルイミライ。
自分なりにゆっくり解釈してみたい。

道を歩いて行く若者たち。流れて行くクラゲみたい。

若いオダギリジョーと浅野忠信の美しさはすごい。
でもマモル父が最高。

私はこの作品好き。
音楽がバックホーンだからずっと気にはなっていた映画。

正直全然意味が分からなかった。
でも嫌いじゃない。
小鳥

小鳥の感想・評価

2.0
難しくてよくわかんなかった。。

たまに映像が古い映画みたいにザラザラするんだけど、あれはどういう意味があったんだろう。

仁村にとって悪夢のような状況を表してるのか?と最初 思ったけど、違いそう。
床下のクラゲ発見して大喜びのときも映像ザラザラしてたし。

解説サイトなんかを見て、そういう話をだったのか…とは思ったけど、いかんせん私には難しすぎた。

最初、仁村っていう役名が三村に聞こえて、三村と有田かーと思って脳内でさまーずとくりーむがウロウロしだすし、浅野さんの斬新なお召し物に気を取られるし、なんでチェ・ゲバラTシャツで揃えたの…とか全然集中できてなかったな。。

有田パパだけが癒しだったわ…。
あとTHE BACK HORNの未来はやっぱいい曲。
すごいよかったです。藤竜也の君たちすべてをぼくは許す!みたいなセリフがカッコよくて忘れられません。クラゲが繁殖して川にたくさん現れるのですが、そこでの藤竜也のはしゃぎぶりもナイスでした。
KnI

KnIの感想・評価

2.5
アカルイミライヲー

オダギリジョー初主演映画。けど、主演はアカクラゲでした。
いつだってGOサインは出てる、やっちまえばいいんだよ。
>|