パーマネント・バケーションの作品情報・感想・評価

パーマネント・バケーション1980年製作の映画)

PERMANENT VACATION

上映日:1986年07月18日

製作国:

上映時間:75分

ジャンル:

3.6

あらすじ

ニューヨーク大学大学院映画学科での卒業作品として制作した、16ミリ長篇デビュー作。81年のベルリン国際映画祭をはじめ世界各国の映画祭で絶賛された、カリスマ監督ジャームッシュの原点。ニューヨークの裏街を眠れないまま漂流する16歳の若者アロイシュス・パーカーが周囲のアウトサイダー達と出会うことで、自己を旅へと向かわせていく姿を描く。

「パーマネント・バケーション」に投稿された感想・評価

Lynne

Lynneの感想・評価

-
Amazon Prime UKになぜかジムジャームッシュ作品が充実してる
夜に観てのんびりしたい

主人公のいるスラッカーって感じだった
いいね、パーマネントバケーションしたい
どうなんでしょう。
ジャームッシュ監督の映画が好きな方は
観る価値はあると思います。
独特なあの雰囲気が楽しめます。
でもストレンジャーザンパラダイスなどの
この後の作品群の方が
圧倒的に洗練されているので
初めてジャームッシュ監督の映画を、
という方にはあまりオススメしません。
NO

NOの感想・評価

4.0
ジャームッシュ二本目
いい映画だった。短くて観やすいし、セリフに共感もできる。撮り方も変わってるけど素敵
ジャームッシュ2作品目、初監督作で卒業制作??センスありすぎる天才。

主人公にめちゃめちゃ共感したし、他の登場人物にも共感した。
みんなそれぞれ自分の世界で生きていてひとりひとりにストーリーがある。

登場人物誰とも会話は成立してないけど、実際そんなもんだしそうであることはむしろ心地よい。
ディストピア感のあるユートピアだ。

序盤のダンスシーンとエンディングの下手くそな演奏の「虹の彼方に」で全てが語られてる。このセンスやばい。

少ないけど台詞も良いし、撮り方も独特だけど作品に活きていて最高。
しかも75分って。すげえよもう。
GvwpzjxU01

GvwpzjxU01の感想・評価

4.3
暗いの、なにもかももういやよ。楽しくないの。踊ってるあのシーンは頭の中でループする。どこへ行っても楽しめなくなっちゃうのかな。わたしたち。
My life is permanent vacation.
八坂

八坂の感想・評価

-
パターソンで初めてジム・ジャームッシュ作品を見たので、他のも見てみようと思って。
画面とBGMが暗いところが同じだ。

もしこのストーリーが現実世界だったら、案外こういう男の子の方が途中で勉強に目覚めて良い企業に就職したりするよね。

パーマネント・バケーションか。
時代か国柄か個人差かは分からないけど、私の人生はいつか来る休日を待ち侘びて過ごす永遠の平日って感じだなあ。
生き方が映画になっている。タイトルからして、人生のアイコンにしたい作品。
ニューヨーク版『男はつらいよ』
アリーはそれほどイカれてないと思った
漂う事を知らない/できない人は可哀想な人だと思う

会話できない人が沢山出てくるけど、会話の本質って意外とあんなモノだと思う
ダイアログの様でモノローグ
カズマ

カズマの感想・評価

3.7
説明できないということを説明するために。
自分の中にある不合理や矛盾を支えるものは、やはり不合理で矛盾したものでなくてはいけないと思うんだ。
>|