パーマネント・バケーションの作品情報・感想・評価

パーマネント・バケーション1980年製作の映画)

PERMANENT VACATION

上映日:1986年07月18日

製作国:

上映時間:75分

ジャンル:

3.6

あらすじ

ニューヨーク大学大学院映画学科での卒業作品として制作した、16ミリ長篇デビュー作。81年のベルリン国際映画祭をはじめ世界各国の映画祭で絶賛された、カリスマ監督ジャームッシュの原点。ニューヨークの裏街を眠れないまま漂流する16歳の若者アロイシュス・パーカーが周囲のアウトサイダー達と出会うことで、自己を旅へと向かわせていく姿を描く。

「パーマネント・バケーション」に投稿された感想・評価

ザン

ザンの感想・評価

3.5
屋上でくるくる回るのは危ない。「虹のかなたに」のサックス奏者のジョークは面白い。
maaaaaao6

maaaaaao6の感想・評価

3.9
荒廃したニューヨークをふらふら漂う感じがよかった。ブツ切りの放浪のように見えて細長い線の上を渡ってるような。
あたいもパーマネントバケーションしたい。
本を読むところ好き。ヨーヨー可愛い。
どのカットも構図が洒落てる〜。
観終わってすぐにもう一度再生させたりシーンを反芻させたりする映画を卒制で作るってえらいこっちゃ。
あきら

あきらの感想・評価

5.0
こういう生き方いーな、とかかっこいーなとか思ってたんだろうな、もしいままで観てたら
今日みたらなんだか恥ずかしくなっちゃったというか なんでだろ イカす〜と思わなかったな
これはわたしが、今、斜に構えた見方なのか? 主人公が若さゆえ斜に構えてるように見えてしまう
気を緩めるとかっこよく見える、主人公
でもいま、この人がわたしに見えて恥ずかしかったや笑 なにをスカしてんだ、なにを愁えたりしてんだ、笑
まあでもしばらくわたしはこの人に憧れたいしこの人になりたかったりするのだろうな。
本多

本多の感想・評価

3.8
ドップラー効果のジョークのオチがめちゃくちゃなの笑ったわ

大学の卒業制作で撮りそうな雰囲気
つかみどころがないし
でも主人公の語りがちょくちょくよかったので好きです

あと音声がぶつ切りだし爆撃音が安っぽいのがアレだったけど、学生映画だからしょうがないね
せきね

せきねの感想・評価

3.8
とめどなく移ろう生き方に憧れる。他作品より言葉が少ないけど、メッセージが明快だった。
深く考えすぎなのかそこまで考えるほどののメッセージ性がないのかわからない
Furunya

Furunyaの感想・評価

3.5
処女作だからか、1番強いメッセージ性を感じた。社会に対して、更に言えば世界に対してのあるゆるテーゼを空中に撒き散らして帰ってった。
MITATI

MITATIの感想・評価

4.1
寝た。寝たのに4.1。いい気分で寝たのと、またリベンジしたいので。
172cm

172cmの感想・評価

4.0
青みがかった配色に赤が映える映像。
軸に主人公の心の優しさがあるから妙な出来事も嫌な気がしなかった。

不協和音が最後まで続くけど、なぜか心地よく、主人公が随分と愛くるしく思えた。
ダンスシーンを切り取って何度も見たい

何気なく通り過ぎて行く人や言葉も後々ふとしたきっかけで繋がったりするもんだ
手に入れられないから憧れるpermanent vacation
31, over the rainbow
>|