デッドマンの作品情報・感想・評価

「デッドマン」に投稿された感想・評価

こう

こうの感想・評価

3.0
ウィリアムブレイクのことを全然知らないから、意味が分からないセリフが多い...
序盤のセル(花売り)とのシーンとかは結構好き。
aoi

aoiの感想・評価

3.7
なんだかアメリカ版もののけ姫みたいだったな。死にゆく男と彼を見守るネイティブ・アメリカンの死生観が描かれる。

ジョニー・デップって女顔だったんだなぁと始め思ってたけど、後半になるにつれ、本当に顔つきが変わっていくのが凄い。
死に近づくことで、自分の芯を自覚するものだとすると、本当の自分のための時間なんて実に短いものだな。
満たされてる者は多くは見えない。

後光が差した死体、木に擬態してるようなインディアン。ジム・ジャームッシュの映画は「装苑」の見開きみたいで、とてもアーティスティック!どうだと言わんばかりの存在感ある音楽も、渋くてシビれる!

どこへ行っても煙草を求められるので、アメリ人とはつまりプリュク人なのかもしれないな。


# 249/2018
D

Dの感想・評価

-
オールタイムベストの1本のBlu-rayが到着した!
この映画は面白いジャンル要素が全部入ってる!アバン・OP最高、デッドマン変身後最高、キャストが最高、音楽が最高!!!!
ジム・ジャームッシュによるモノクロ・ウェスタン。ジョニー・デップ演じるウィリアムブレイクが生から死へ転じたとき、彼をDeadmanへと仕立てる。音楽はニール・ヤング全編即興演奏。
あゆみ

あゆみの感想・評価

3.8
今まで観たジャームッシュ作品とは一味違う☆

ひょんな事から殺人容疑で指名手配された主人公。それを追う殺し屋達。
クセ者達が、何だかタラちゃんの映画みたい。

ジョニー・デップは最近ぱっとしないけど(個人的にね)昔のデップはやっぱりカッコイイ。モノクロデップ、どのシーンも絵になる。

デッドマン(死人)
主人公ウィリアム・ブレイクは胸元を撃たれながらも逃げる…。

彼の運命は…彼の行き着く先が何となく読めてしまうんだけど、彼の人生を見届けよう。

そんな映画★

女装したイギーポップは面白かったけど、夜の森の中にいたらホラー。

ブシェミがバーテンで、でてたのに気づかなかった…。インパクトあるはずなのにおかしいなぁ( ˙-˙ )
Yukimatsu

Yukimatsuの感想・評価

3.7
ゆるいギター音楽と、全体的なゆるい感じが良い。
のんびりと観てられる。
すー

すーの感想・評価

3.0
あまりにも詩的すぎてところどころうんってっなったけどまあ。不思議な世界感だったなあ、西部劇なんだろうけど色々な死生観が入り交じっている感じ。この頃のジョニーデップ別に演技が凄い下手って訳でもないけどカリスマ性がそこまであるかというとどうなんだろって思ってしまう。
真っ当だと思われるのがいちばん疲れる、たぶん

音楽いいな!
Kanta

Kantaの感想・評価

4.0
ジャックスパロウ前日譚感。

イギーポップそんなところにいたのね
へい

へいの感想・評価

5.0
奥さんに逃げられ、職もなくなり、行きずりの女も殺され、胸に銃弾を撃ち込まれたひ弱な男、ウィリアムブレイク。
懸賞金がかけられ瀕死状態のまま、導き人ノーボディーと旅をする。

ノーボディーと旅をする中で、覚醒していくウィリアムブレイク。言葉ではなく、銃で語る。死ぬことが明確に決まった男の衝動的で冷淡な拳銃使いに惚れてしまう。

ニールヤングのギターの渋い曲がいい。
山賊役のイギーポップの気持ち悪い女装がめちゃくちゃ似合ってた。
バーテン役のスティーブブシェミの口髭の似合わなさ。
モノクロームの映画 で 残酷なのに 映像がセンス良く 淡々と最後まで楽しめた
ジョニー デップとネイティブアメリカンの逃走 最後は不思議な含みがあった。数年後また 観たくなりそう
>|