シャイニングの作品情報・感想・評価

シャイニング1980年製作の映画)

The Shining

上映日:1980年12月13日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「シャイニング」に投稿された感想・評価

haru

haruの感想・評価

3.2
見終わるまでめーーちゃ時間かかった
なんか眠くなる技術なのか?ってくらい眠かった

ホラー映画でズームあったり色合いが可愛かアングルが新鮮だったりちょっとずつ今のと違った
あのシーンでおおお!!てなった
でも別に怖くはなくない?
続編がもうすぐ公開ということで久し振りに鑑賞。まったく最近の続編ブームには辟易してしまう(と思ったが、そんなの今に始まったことではないと猛省。スターウォーズが楽しみだなぁ)。個人的にはジャックニコルソンのあの顔よりもオープニングのあの美しさに心打たれてしまう。一番好きなシーンかもしれない。不気味なほどシンメトリックな画面構成、意図的な現実と悪夢の歪な境界線。これぞキューブリックであり、これぞスティーブンキングである。確かにキングが怒る気持ちも分かるのだが(スティーブンキングが自らの半生や戒めを込めて作った作品であるため)、一本の映画としてはクオリティが高いのは否定できない。先述した超有名なあのシーンが出てくるのは本編終了20分前。語り口の見事さにため息すら出てしまう。キューブリックとキングの魂を受け継いだとされる続編が本当に楽しみになってしまった。

ホテルの管理人の仕事って最高ですよね。永遠映画観られるやん。
Hina

Hinaの感想・評価

4.2
ジャック・ニコルソン顔芸激しすぎる
三輪車でうろついてる場面はすごく奇妙でなんかあるって感じがしていた
広々とした巨大迷路に関しても奇妙
ゾクゾクしながら最後の追いかけっこシーンを見ていたよ
最終的にどうなったのが不明
今からネットで検索スタート

古臭い映画も悪くない、
シャイニングって超能力っていう意味だったんだ、、、ふーーん
話題のドクタースリープ見てみたい
Kittens

Kittensの感想・評価

3.3
ついに観れた!

あの2人の姉妹がなんかするようで
腐ったババアがなんかするようで


いつから壊れていったのか、何が原因だったのか分かりにくく
ジャックの精神の変化が異常に早かった気がする

これは本の方が面白いのだろうなと思った

1980年に撮った映画にしては最後まで飽きずに観れるけど
時計やフルメタルジャッケットのようなカリスマ性を感じなかった
なかじ

なかじの感想・評価

4.8
ホラーの匠。手間をかけてここまで仕上げた努力がつたわる。ある意味受け継がれる映画だと思う。
muckymouse

muckymouseの感想・評価

3.3
名作ホラーと言われているのに、ジャックニコルソンの怖い顔芸としか思っていなかったのてすよ。すみませんです。
奥さんの方が怖かったです。顔が。
ダニーかわいいですね。ほんとに天使ですね!
黒人さんはすぐ死んでしまって、せっかくの能力が台無しでしたね。

と、とにかくホラー映画苦手なんですが、映像キレイだし、続編見に行っちゃおうかな。
Chi

Chiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

こわいところ

・All work and no play makes Jack a dull boyのところ
・奥さんの顔

おもしろいところ

・ジャックニコルソンの最後の顔
kuro

kuroの感想・評価

4.0
続編公開に向けて観賞。
音楽がとにかく怖い。「キリキリ」と鳴る音楽で、終始不安と不快感を漂わせる。独特のカメラワークも相まって、何とも言えない気持ち悪さがあった。いわゆる驚かしホラーではないものの、心理的に怖いホラー映画だった。
わからない恐怖と言うか、「何故?どうして?」と、答えを完全に示さないからこそ生まれる恐怖が、「シャイニング」という作品にはあると感じた。ただジャックが狂うのが、意外と早かったと思った。今回は国際版(119分)を見たので、北米公開版(143分)も、「ドクター・スリープ」の前に見ておきたい。
ジャケ写だけよく見てて陽気なおじさんだと思ったら狂ったおじさんだった。狂わされてるのか自ら狂っていったのかいろいろ深読みできそうな感じ。思ったよりホラーじゃない。
aikon

aikonの感想・評価

4.0
恥ずかしながら、やっと観ました!
コワイ映画として必ずドアを斧でぶっ壊してるシーンとか、あの怖がってるシーン取り直ししまくって、女優がマジで狂いそうになってて撮影現場がまさに【シャイニング】的だったみたいな話で見た気になってたけど、見てませんでした🤣

とにかく、ジャック・ニコルソンの取り憑かれてる感がホントに怖かったのと、キューブリック作品の美術がいちいち素敵で、カーペット、壁紙、237号室のインテリアとかバスルームとか。あとダニーが着てたAPOLLOってロケット🚀模様のニットが可愛くて!

コワイ〜というより、その全体の映像としてのオシャレ感と美術のセンスにただただ目を奪われた。(時計じかけのオレンジも同じ現象だったな)なんか、そういう意味でもキューブリック監督の天才的センスと今なお古く感じないのは天才だなと。

やー。好きだわ〜。
>|