シャイニングの作品情報・感想・評価

シャイニング1980年製作の映画)

The Shining

上映日:1980年12月13日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「シャイニング」に投稿された感想・評価

なかじ

なかじの感想・評価

4.8
ホラーの匠。手間をかけてここまで仕上げた努力がつたわる。ある意味受け継がれる映画だと思う。
muckymouse

muckymouseの感想・評価

3.3
名作ホラーと言われているのに、ジャックニコルソンの怖い顔芸としか思っていなかったのてすよ。すみませんです。
奥さんの方が怖かったです。顔が。
ダニーかわいいですね。ほんとに天使ですね!
黒人さんはすぐ死んでしまって、せっかくの能力が台無しでしたね。

と、とにかくホラー映画苦手なんですが、映像キレイだし、続編見に行っちゃおうかな。
Chi

Chiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

こわいところ

・All work and no play makes Jack a dull boyのところ
・奥さんの顔

おもしろいところ

・ジャックニコルソンの最後の顔
kuro

kuroの感想・評価

4.0
続編公開に向けて観賞。
音楽がとにかく怖い。「キリキリ」と鳴る音楽で、終始不安と不快感を漂わせる。独特のカメラワークも相まって、何とも言えない気持ち悪さがあった。いわゆる驚かしホラーではないものの、心理的に怖いホラー映画だった。
わからない恐怖と言うか、「何故?どうして?」と、答えを完全に示さないからこそ生まれる恐怖が、「シャイニング」という作品にはあると感じた。ただジャックが狂うのが、意外と早かったと思った。今回は国際版(119分)を見たので、北米公開版(143分)も、「ドクター・スリープ」の前に見ておきたい。
ジャケ写だけよく見てて陽気なおじさんだと思ったら狂ったおじさんだった。狂わされてるのか自ら狂っていったのかいろいろ深読みできそうな感じ。思ったよりホラーじゃない。
aikon

aikonの感想・評価

4.0
恥ずかしながら、やっと観ました!
コワイ映画として必ずドアを斧でぶっ壊してるシーンとか、あの怖がってるシーン取り直ししまくって、女優がマジで狂いそうになってて撮影現場がまさに【シャイニング】的だったみたいな話で見た気になってたけど、見てませんでした🤣

とにかく、ジャック・ニコルソンの取り憑かれてる感がホントに怖かったのと、キューブリック作品の美術がいちいち素敵で、カーペット、壁紙、237号室のインテリアとかバスルームとか。あとダニーが着てたAPOLLOってロケット🚀模様のニットが可愛くて!

コワイ〜というより、その全体の映像としてのオシャレ感と美術のセンスにただただ目を奪われた。(時計じかけのオレンジも同じ現象だったな)なんか、そういう意味でもキューブリック監督の天才的センスと今なお古く感じないのは天才だなと。

やー。好きだわ〜。
月子

月子の感想・評価

3.3
なんか変、だんだんイカれてくる感じが怖かった🌝
顔が完全にホラーで悪役な顔🌝
レオ

レオの感想・評価

4.0
ホラーは得意ではないのでこれは一生観ない作品だと思ってたんですが、40年ぶりの続編が大好きなユアン・マクレガー主演且つ試写会に当選したので渋々観ました。
…そう、始まりは本当に渋々だったのだ…。

とにかく画力が強い、アーティスティックなオシャレさの中の不気味さがとても印象に残る。
色使いが特に好き。
決して派手ではないけど見終わって数日経っても頭に過るぐらいインパクトはありました。
何億回も言われてると思いますが、不自然な程に整った画面のシンメトリーがとても良いのですよ…!
あと音楽のおかげで不気味さを倍増させてくる。
ジョーズのテーマソングと煽り方が似てる、聞こえてくるとドキドキしちゃう!

ストーリーはホラーというより人間の狂気を描くサイコサスペンス。
苦手なビックリドッキリ系とグロ描写が無かったのでサスペンス好きとしては楽しませて頂きました。
(でもジャック・ニコルソンの演技は怖い)
でも怖くないとはいえとても難解。
不可解な場面や演出が多い。
オチも理解できない。
その多くの謎をどうやって自分の中で昇華させるかで面白さも変わるかも?
私は先人たちの知恵(考察サイト)を利用させて頂きました。
あの熊の着ぐるみが気になって仕方がなかったんだもの…。


※見終わった後『あれ?有名なシャワールームでめった刺しにされて排水口に血が流れるシーンがなかったぞ』と思って調べてみたらそれは別の映画だったことが判明。


★シャイニングを観てからレディ・プレイヤー1を観てみた

レディプレのレビューは既に書いてあるのでこちらに。
シャイニング愛され事案、再現がすごい!
シャイニングとコラボしたお化け屋敷があるのならきっとこんな感じ。
レディプレはアクション映画なのでエンタメ要素盛り沢山、例のシンメトリー画面からカメラがぐるぐる!
そうだよね~大量の血液流れてきたらそうなっちゃうよね~。
まさに美味しい場面だけをキュッとまとめて贅沢に派手に堪能させてくれるフルコース料理でした。
主人公がシャイニングの製作の裏側を語ってる時、考察サイトを読みまくった私はもちろんドヤ顔。
キューブリックの作品は苦手💦
だけど、この作品は中々好き❗

この作品、勝手に2面性があると思っている。
1つ目は、強烈な狂気に満ちたジャック・ニコルソンを楽しめる。
2つ目は、映像的に恐怖を感じる心理描写が革新的に感じる所です。
この2つ目の要素が、長く愛される要因なのではないかと勝手に思っている。

1番印象的だったのが、ダニーが三輪車でホテル内をグルグル回るシーン。ダニーの後ろをひたすら追いかけるだけの映像なのに、回れば回るほど恐怖を感じるのは私だけなのでしょうか❓
あれは何か凄いな〜と思ってしまった❗
Kanami

Kanamiの感想・評価

3.3
ふつうに面白いけど、テンポがやや遅いかなと思った
たぶん大画面で見たほうがいいやつ
突然のアップとか、たぶん笑いを取りにいっていないけど笑ってしまう要素が多かった…ごめんなさい
>|