Dear フランキーの作品情報・感想・評価

「Dear フランキー」に投稿された感想・評価

miumiu

miumiuの感想・評価

3.9
耳が不自由なフランキー、パパは船乗りだと偽ってパパのふりをして手紙のやりとりを続ける母、典型的ないじめっ子、1日だけの偽物のパパ。登場人物がなんともリアル。

ジェラルド・バトラー出演作ということで鑑賞。『オペラ座の怪人』のちょっと前く らいの作品? フランキーのパパのふりをする名もなき男役。フランキーのためにパパ役を1日延長する姿にはグッときます。

多くを語らないフランキーの真意がわかるラスト、泣けるなあ。
派手さはないけれど、暖かい佳作。
imagoo

imagooの感想・評価

3.7
淡々と大人の事情

#DearFrankie
#ShonaAuerbach
#EmilyMortimer
#JackMcElhone
#MarryRiggans
#SharonSmall
#SeanBrown
#GeraldButler
ともち

ともちの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

よかった!!
お父さん役が出るまで1時間かかったけど!(°_°)
女友達が賢くて、
おばあちゃんに頼まれてタバコを買いに行った主人公を断ったら、
お母さんが買いに行った時に
「賢い子ね」
「難聴の割に?」
「年の割に」
っていう機転のいい答えと私は思った。
お父さんに会えた子どもの喜びとか、グッときたね〜。
不器用なお父さん役だから、子どもへの愛情表現が薄いのが残念だったけど、色んな人がいるもんね。愛情表現が少ないからって嫌いな訳じゃないし、その人の性格だしね。
でもしっかり遊んであげて、こーゆーのを理解できる人間にならんとな…と。
比較してちゃダメだし、こーゆー人なんだと思うこと、理解してあげることが大切と思った。難しいけど。バカだし、忘れやすいから、映画とか見て気づかないと。自分が主人公のリアルな世界ではそれが全然気付けなくて、客観視したらわかるんだけどなぁ。

主人公が本当のお父さんじゃないことわかってた時は…あぁ〜本当に賢い子だと感じたし、こーゆー思いをさせたくないなと思った。
外国の男の子?は、異国の地に思いを馳せて、地図に一個一個印をつけたりするのがとってもかわいかった( ˘ω˘ )

お父さんが、自らもぅ1日一緒にいたいって言ってくれた時は嬉しかったぁ♪♪

女友達とその彼氏と偽家族での帰り道が陽気で楽しそうだった。
外国ってずーっと音楽と生きてるから楽しそうに見えて、陽気な感じなのかなぁ〜。
日本人は勤勉で、仕事が忙しい国だから遊び下手だな!私も楽しい場に身を置いたら。明るくなれる気がしてきた!

お母さん役かわいかった\(^o^)/
ナイスバディだった\(^o^)/

もし、これを読んでくださった方いたら、長文読んで下さってありがとうございました\(^o^)/
Reina

Reinaの感想・評価

3.4
子供は大人が思ってるより
ずっと賢く、我慢強く、

我が子でもお母さんと同じように
嘘つくんだろうな〜。
あいこ

あいこの感想・評価

4.0
母、強し!!
息子フランキーを全力で守る母が美しいし、
フランキーが親孝行な少年やし、
素性の知れない男の包容力ありすぎやし、
うぅ…(;_;)
macoto

macotoの感想・評価

3.5
嘘をついてることへの後ろめたさ
嘘をついてたほんとの理由
ママの寂しい想いがそこにあったなんて

ジェラルド・バトラーの大人の魅力❤︎
ダンスの誘い方うまいなぁ。
やさしい言葉に救われる〜。

“血は水より濃い”ってよく耳にするけど
フランキーがとってもやさしかった☺︎
ベタなストーリーだけど…
分かりやすくて好きだなぁ(´∀`*)

聴覚障がいの中でも《難聴》と言う、音が聞きづらい障がいを持つ9歳のフランキー少年の物語🎞
《難聴》といえば、歌手の堂本剛や浜崎あゆみも突発性の難聴になりましたね。

なぜフランキーは難聴を発症したのか?
なぜ引越しを繰返しているのか?

その疑問に即、答えるように丁寧に盛り込まれたストーリー🎬

全ては息子のため👱‍♀️ …母の熱い愛情♡

でも、息子の幸せを強く願うあまり、気を使いすぎて虚妄の世界を作りあげてしまう母親…


フランキーが周りの人たちとコミュニケーションを取る方法は〝読唇術〟だが、母親と話す時は〝手話〟…手話も聴覚障がいの方にとっては立派な言語なんだけど、健聴者である母親はフランキーの心の声までは聴こえてこない(>_<)…いや、聞こえてるはずだけど不安にさいなまれ、彼の手紙で会話の声を探ろうとする…でも、それは現実であって現実ではない。

母親が作り上げた〝虚妄の世界〟…( ˘ω˘ )

やがて “過去も未来もない男” の登場で現実逃避していた母親が、自分自身を取り戻し、息子の成長に気付いた時…
細やかな幸せが待っていたという、心温まる

嘘から出たまこと 的な映画でした(´∀`*)


母親にはフランキーの心の声は聞こえなくても、息子のフランキーには母親の心の声が、ちゃんと聞こえてたんですね( ・ᴗ・̥̥̥ )
母親が子供を思う気持ち。だからこそついた優しい嘘。そして子供の成長、見ていてとても心を打たれた。ハッピーエンドとは言えないけど、最後のシーンは穏やかな気持ちになった。
ayouk

ayoukの感想・評価

3.2
ストーリーは良いのだが、
ジェラルドバトラーのファンとして、
この作品の役柄がそうなのかもしれないが、演技に力が入ってなくて三流役者に見えてイマイチ内容に入り込めなかった。
mie38

mie38の感想・評価

4.0
とても良かったです。
タツノオトシゴも、ラストの親友のフランキーよりって...泣いちゃう
>|