婚約者の友人の作品情報・感想・評価

婚約者の友人2016年製作の映画)

Frantz

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:113分

3.8

あらすじ

1919 年、戦争の傷跡に苦しむドイツ。婚約者のフランツをフランスとの戦いで亡くしたアンナも、悲しみの日々を送っていた。ある日、アンナがフランツの墓参りに行くと、見知らぬ男が花を手向けて泣いている。戦前にパリでフランツと知り合ったと語る彼の名はアドリアン。アンナとフランツの両親は彼とフランツの友情に感動し、心を癒される。だが、アンナがアドリアンに“婚約者の友人”以上の想いを抱いた時、アドリアンが…

1919 年、戦争の傷跡に苦しむドイツ。婚約者のフランツをフランスとの戦いで亡くしたアンナも、悲しみの日々を送っていた。ある日、アンナがフランツの墓参りに行くと、見知らぬ男が花を手向けて泣いている。戦前にパリでフランツと知り合ったと語る彼の名はアドリアン。アンナとフランツの両親は彼とフランツの友情に感動し、心を癒される。だが、アンナがアドリアンに“婚約者の友人”以上の想いを抱いた時、アドリアンが自らの“正体”を告白する。しかしそれは、次々と現れる謎の幕開けに過ぎなかった──。

「婚約者の友人」に投稿された感想・評価

abemathy

abemathyの感想・評価

3.0
主人公のやさしい嘘と、父親の気持ちの吐露に考えさせられるものがあった。みんな戦争の被害者だ。
主人公の目に映る世界がモノクロとカラーで揺れ動いているなら、ラストに満足です。
嘘というものは
時に人を救い、時に傷つけ苦しめるものである。
一度足を踏み入れたらもう後には戻れない。
周りを救えても、自分は罪悪感に苛まれるばかりだろう。
自分の中で様々な憶測を立てつつそれらが全て良い意味で裏切られる快感。
モノクロとカラーの演出が美しくも儚い。
絶望と共に生きる希望を与えられた。
胸のざわめきが収まらない。
オゾンの才にまたしても魅了された。
あたり

あたりの感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃ落ち込む。ラストの雰囲気からすると落ち込む必要ないんだけど、わたしに言わせれば あんなめちゃくちゃで最悪で苦しい出来事たちをこんなふわっとチャラにできるわけないじゃんって感じだった。

ミステリーっていう触れ込みだったけど、その要素はあんまりないように思う。実はフランツは同性愛者でアドリアンは彼の恋人だったパターンと、この映画の通りのパターンのどっちかだろうなと思って観てたけど、その謎が解けて終わりじゃなかったところは意外だった。
アドリアン、確かに顔は良いし人柄もいいんだろうけど、わたしはこういう繊細すぎて周りを傷つけまくってるくせに自分がいちばん傷ついてると思ってて大事なところで優しすぎる男は嫌いだ…。嘘を全部背負ってその上失恋して、幸せになってなんて言われて アンナがかわいそうすぎる。

白黒からカラーになったりまた白黒になったりするんだけど それが全然違和感なくて素敵だった。かわいてるんだけど、それが逆に瑞々しかった頃を想起させる、そしてかわいている今も美しいままの、ドライフラワーみたいな映画だなぁと思った。
私はやっぱりオゾンの映画が大好きだー。
白黒とカラーを組合せた映像美!
---
白黒映像のシーンは現実、
カラー映像のシーンはフランツの記憶に関する場面ですが
3人の願望も描写されてるのでは。
と考察してみた。

-アドリアンはフランツと美術館やバーに行くような友達になりたかった。
-アンナはプロポーズされた場所でアドリアンと会った時、友達以上を望んだ。
-最後のルーブル美術館のシーンは1人で生き抜く覚悟を決めたアンナの幸せを願うフランツの望み。
tipsy806

tipsy806の感想・評価

3.0
ミステリー映画と紹介されていたんだけどちょっと違うように感じる。とある人物が嘘をついてるのだが、なぜそこまでする必要があるのかというところ。嘘は戦争モノに絡むと、仕方ないと思わざる終えないこともあり、正しさみたいなものは存在しなくなるよね。
モノクロがふとカラーになったりするのだが、色の変化が自然なのか気にならなかった不思議。
103xx

103xxの感想・評価

3.4
シネマ尾道にて鑑賞。モノクロ、時たまカラーに切り替わる場面が印象的だった。
もち

もちの感想・評価

3.7
観終わった後に、どっぷり疲れてる。
取り返しのつかない優しい嘘が辛いね。
白黒とカラーの使い分けはやっぱり必要な演出だな。
kanon25

kanon25の感想・評価

4.9
とても美しいフランス映画。

久々にこんな胸を締め付けられる映画を観た。白黒とカラーを絶妙なタイミングで使い分けており、郷愁的な音楽で更に切なさを際立たせる。
白黒映画には少し抵抗を感じていたが、序章からストーリーに引き込まれて最後まで胸の哀しみを感じながら観終えた。白黒だからこそ想像させられる登場人物の感情や、カラーへと変わる起伏で観る側の感情も揺さぶる。

最後の接吻の場面がかなり印象的。カタルシスを得られた。彼が自殺せずに生きているだけで充分なのに、彼に婚約者がいるだと知って、今度はその事に関して哀しみにくれる。人の愛情は何かのきっかけで簡単に移り変わり、そして貪欲的だ。

婚約者の父と母についた、とても優しい嘘。そして、嘘の種をどんどん膨らせ、取り返しのつかないところまで来てしまった。また、婚約者の親の慈愛に満ちた赦しが更に彼女を苦しむ。

マネの『自殺』の絵画を鑑賞しながら、彼女が健気に希望を語るラストに少しの救いを感じた。
戦争と嘘
誰もが戦争で何かを亡くしていた
翻弄される人生
アンナがかわいそうでなんとも美しい
両親に宛てた最後の手紙、嘘をつき通し強く生きていこうとする
モノクロの映像のなかにカラーが現れる、全編カラーでもいいんじゃないかと思って見てたけど、ラストのアンナの顔がカラーになる瞬間、やっぱりモノクロである必要があったのかなと思った
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.5
戦死した婚約者の墓に花を手向けた敵国の男性。序盤では登場人物達が心の傷を埋めあう幸せな時間が続くが、ある一点をきっかけに全てが仮面をぬぐい去り美しい映像の中に一方の欲望とエゴ、そしてもう一方の行き場のない苦悩が見え隠れするという生々しさがどっと押し寄せ、観終わって疲れた(笑)。モノクロが主体の映像の中でフランツの記憶に触れる箇所だけカラーに、という演出も自然。ミステリアスな仕立てで若干ミスリードを誘ってはいるが、その実は人間の感情をこれでもかと映像とセリフでむき出しにする、紛うことなきいつものオゾン作品。
>|