婚約者の友人の作品情報・感想・評価

婚約者の友人2016年製作の映画)

Frantz

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:113分

3.8

あらすじ

1919 年、戦争の傷跡に苦しむドイツ。婚約者のフランツをフランスとの戦いで亡くしたアンナも、悲しみの日々を送っていた。ある日、アンナがフランツの墓参りに行くと、見知らぬ男が花を手向けて泣いている。戦前にパリでフランツと知り合ったと語る彼の名はアドリアン。アンナとフランツの両親は彼とフランツの友情に感動し、心を癒される。だが、アンナがアドリアンに“婚約者の友人”以上の想いを抱いた時、アドリアンが…

1919 年、戦争の傷跡に苦しむドイツ。婚約者のフランツをフランスとの戦いで亡くしたアンナも、悲しみの日々を送っていた。ある日、アンナがフランツの墓参りに行くと、見知らぬ男が花を手向けて泣いている。戦前にパリでフランツと知り合ったと語る彼の名はアドリアン。アンナとフランツの両親は彼とフランツの友情に感動し、心を癒される。だが、アンナがアドリアンに“婚約者の友人”以上の想いを抱いた時、アドリアンが自らの“正体”を告白する。しかしそれは、次々と現れる謎の幕開けに過ぎなかった──。

「婚約者の友人」に投稿された感想・評価

第一次大戦後のドイツとフランスを舞台に、戦争で婚約者を失った女性の姿を描いた人間ドラマ。
フランソワ・オゾン監督の作品は「8人の女たち」が好きだったので、度々鑑賞しています。
今作も、戦争を題材にした鮮烈な描写、意外な広がりを見せるストーリーなど、監督独自のセンスが随所に光っていました。ただ全体的に静かで淡々とした、ヨーロッパ映画らしい作品のため、エンターテイメントを求める人には向かないと思います。

あらすじ:
第一次大戦後のドイツ。婚約者のフランツを亡くした主人公・アンナは悲しみの日々を過ごしていた。

そんなある日、アンナはフランツの墓の前で見知らぬ男・アドリアンと出会う。アドリアンは戦前にフランスでフランツと知り合った友人だという。
アドリアンの語るフランツとの友情の物語に心を癒されるアンナとフランツの遺族。やがて、アンナはアドリアンに特別な感情を募らせるようになる。

しかし、アドリアンは突然アンナに真実を告げ姿を消してしまう。複雑な感情に苦悩するアンナはアドリアンの後を追い、フランスへと旅立つのだった。

感想:
ほぼ全編モノクロの画面で描かれており、演出やカット・テンポ感などで古典作品へのリスペクトが強く感じられる映像になっています。最新の映画ですが、どこか懐かしい感じもあって面白いです。
婚約者を亡くした主人公のアンナは、徹底して黒の喪服をまとっており、モノクロの画面にすんなり溶け込んでいます。その中で時折挟まるカラーシーンは、まるで喪に服す彼女の心が色を取り戻したかのように鮮やかで、とてもエモーショナルに感じられました。

ストーリー面では、下地となる戦争の爪痕の描写が心に残りました。
戦争で最愛の人を失った主人公と遺族。心や体に深い傷を負った登場人物たち。荒廃した街並みと生活。過度に高まる敵愾心と愛国心。
細かな描写が至る所に散りばめられ、過酷な戦争の現実、被害の重みについて強いメッセージ性を感じました。

また本筋の物語では、主人公・アンナの力強さが魅力的でした。
悲しみに暮れるアンナの生活は、婚約者の友人・アドリアンの登場で大きく動き始めますが、彼は1つの大きな嘘をついていました。その結果、アンナはとても重い枷を抱え込み苦しむことになります。

アドリアンは子供のような純粋さを持つ反面、悪く言えば空気の読めない、無自覚に自分勝手な人物に感じました。
物語の中盤以降はアンナがアドリアンに振り回される展開が続き、元々最大級の被害者であった彼女がさらに追い込まれていきます。
アドリアンの苦しみ、気持ちも理解はできるものの、結果戦争を生き残り気持ちも満たされた彼と、そんな彼の分まで負を背負んだアンナとを比べると、本当に皮肉に感じられます。

それでも、都度苦しみを乗り越え、罪を赦し、少しずつ色を取り戻していくアンナの姿はとても力強かったです。
意外なほど前向きにまとまったラストシーン。アンナの覚悟のこもった姿に、観ている自分自身も少し勇気付けられる思いがしました。

まとめ:
演出や描写、メッセージなど、独自の視点やセンスが魅力的な作品でした。
モノクロ時代の映画を思わせる古風な表現は、今見ると逆に新鮮にも感じられて面白いです。
主人公・アンナの成長、力強さにも惹きつけられるものがあります。
一方、一貫して静かで落ち着いた描写、スローテンポな展開が続くため、エンターテイメント色の強い映画と比べると冗長で間延びした印象も受けました。
ひろき

ひろきの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

マネ「自殺」
モノクロもカラーも美しかった。アンナの心情によって色が着くんかな?序盤の和やかさと後半のシリアスな空気の切り替えがすごかった。この感覚好き。子どもを失ったフランス人に恨み節を嘆いてる親たちの責任に対してのハンスの言葉が重かった。アドリアンの言動にちょっと恐怖を覚えたが最後まで観たら納得した。アンナの喪失感と愛も混乱そして苦しみが泣きそうなった。でもアンナの嘘もアドリアンの嘘も全てフランツに在り。
あと婚約者の友人を主体にした邦題ですごく混乱した。フランツのままでよかった。ただの個人的な意見だが。
じょ

じょの感想・評価

3.8

友人が作り上げた(そもそもきっかけを作ったのは周囲で、不本意だったと思うけど→これが意図的だったら怖い)虚構の世界は結果的には両親やアンナにとっての幸せであって、自分の息子を殺した男に息子や婚約者を投影してそこに希望を見出すっていう皮肉

モノクロからカラーになるシーンは多分、美しく作り上げた過去の「虚構」の象徴だったんだろうけど、そこに映し出される人たちは幸せそうで

最後の「自殺」を観るシーンで「生きる希望を与えてくれるの」の台詞共に笑いながらカラーに転じるのはよく分からない 彼女は狂ってしまったの?開き直ってしまったの?
結局何がテーマなのかわからずモヤモヤ 整理し直したい

ドイツの石畳の町並みや 当時のファッション(ワンピースはシックなんだけどレースとか凝ってて可愛い!!!)水辺のシーンや草木の揺れる音の描写が本当に美しかったな〜〜
まゆこ

まゆこの感想・評価

3.8
モノクロが美しい
フランソワ・オゾンの空気感。
色に溢れてる現代だからこそ、モノクロの映像美が際立った
序盤でニネが醸し出すミステリアスな雰囲気、美しすぎて見とれた
HiNAKO

HiNAKOの感想・評価

3.4
フランソワオゾンの作品を
一度は劇場で見たいと思い、
仕事終わりレイトショーへ

今度はどんな謎を見せてくれるのかと
終始ワクワクドキドキしながら
劇場に入ったのだけれど、

始まってみれば、
それは優しさに包まれた、
美しい映画でした

嘘で包まれ、
不思議な縁で結ばれて行く人々、
しっとりとした大人の友情と恋愛が
映し出された

絶望と希望は隣り合わせ、
なんか、不思議とそう思った

受け取り方はきっと人それぞれ
Kaoric747

Kaoric747の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

全編通してミステリアスで悲しげな雰囲気の映画。アドリアン役のピエール
ニネの線の細さに、オゾン的な違う展開を予想しながらみていたのだが、意外な展開だった。アンナがフランスにアドリアンを追いかけていく件は必要なのかどうか分からなかったが、美しい映画だった。映画館で集中して観られてよかった。 (2017/11/8 KBCシネマ)
alabama

alabamaの感想・評価

3.7
モノクロームの映像が美しくフランス、パリと、大人達をしっとりと映し出す。
オゾン監督にしては、分かりやすくストーリーは流れ、
優しい嘘を抱えて佇む、ドイツ人女性のラストシーンからの余韻にひたる。
hana0213

hana0213の感想・評価

3.9
映像の
美しさ。

ハンスがフランツを
どれだけ愛していたか
バイオリンケースを
撫でる手が物語っていた。

くるしくて
優しい嘘と
再生への希望。
mpc

mpcの感想・評価

3.5
第一次世界大戦後が舞台

ドイツ人女性の婚約者が戦死
彼の墓に訪ねに来た宿敵フランス人イケメン友人にだんだん惹かれていくも、彼には秘密があり、、

シネスイッチ=意識高い系おフランス映画=眠気 の法則はここでも発動、も、なんとか持ちこたえた!

モノクロとカラーの切り替えが良くわからなかったけど、目覚ましにニネの筋肉上半身が見れて歓喜!


当時負けたドイツのフランスへの嫌悪が各シーンに現れてる
戦争の爪痕は人生を狂わせますね、、

フランス人とドイツ人キャスト合作の豪華な歴史作品でした。
>|