婚約者の友人の作品情報・感想・評価

婚約者の友人2016年製作の映画)

Frantz

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:113分

3.8

あらすじ

1919 年、戦争の傷跡に苦しむドイツ。婚約者のフランツをフランスとの戦いで亡くしたアンナも、悲しみの日々を送っていた。ある日、アンナがフランツの墓参りに行くと、見知らぬ男が花を手向けて泣いている。戦前にパリでフランツと知り合ったと語る彼の名はアドリアン。アンナとフランツの両親は彼とフランツの友情に感動し、心を癒される。だが、アンナがアドリアンに“婚約者の友人”以上の想いを抱いた時、アドリアンが…

1919 年、戦争の傷跡に苦しむドイツ。婚約者のフランツをフランスとの戦いで亡くしたアンナも、悲しみの日々を送っていた。ある日、アンナがフランツの墓参りに行くと、見知らぬ男が花を手向けて泣いている。戦前にパリでフランツと知り合ったと語る彼の名はアドリアン。アンナとフランツの両親は彼とフランツの友情に感動し、心を癒される。だが、アンナがアドリアンに“婚約者の友人”以上の想いを抱いた時、アドリアンが自らの“正体”を告白する。しかしそれは、次々と現れる謎の幕開けに過ぎなかった──。

「婚約者の友人」に投稿された感想・評価

たく

たくの感想・評価

4.0
これどっかで観た話だなーと思って調べたらエルンスト・ルビッチ監督の「私の殺した男」だった。
成瀬巳喜男監督の「乱れ雲」にも通ずる。

第一次大戦直後のドイツで婚約者を戦争で失ったアンナの前に彼の友人と思しきフランス人男性が現れ‥という話で、二人の熱い友情の描き方に一瞬LGBTモノなのか?って思っちゃった。
モノクロを基調として、婚約者の思い出が蘇るところだけカラーになる演出が上手かった。
ラストはルビッチ版とだいぶ違ったな。
miumi

miumiの感想・評価

4.0
最後、どう解釈すればいいのか、、難しいけどそういうところフランス映画っぽくてとても好き。
R

Rの感想・評価

4.0
イタリア映画「ひまわり」を思い出す。

劇中墓地の前で口ずさむ、ヴェルレーヌの詩が頭をよぎる。

繊細な人間同士の恋愛はいつもこうなってしまうような気がして苦しくなった。
たま

たまの感想・評価

3.4
ほぼモノクロ映像の中で時折鮮やかな(そう感じる)カラー映像。
共通点は何だろうとひたすら考える。
主人公の気持ちが高揚した時?
そして、ラストをどう解釈しようかと悩む。
時代は第一次世界大戦後のドイツとフランス。
前半と後半は全く逆転する。
敵国だったドイツに来るフランス人男性、敵国だったフランスに行くドイツ人女性。
勝者も敗者も関係なく戦争の傷跡や憎しみが垣間見える。フランツの年老いた両親に対する嘘も致し方ないと思う。
もし、主人公達が結ばれる事があったとしても、また20年後に敵味方になり傷つくんだから…上手くいかない方がいい。
静かなる反戦映画。
chiko

chikoの感想・評価

2.8
観ながら想像したいくつかの展開はどれも当たらず。思っていたよりずっと残酷で悲しいお話。
ami

amiの感想・評価

4.0
❮WOWOW❯

罪と赦し  

善意の嘘

マネの画とショパンの夜想曲

「我々は連中の息子たちを何千人も殺してビールで祝杯を挙げる

 連中は我々の息子たちを殺してワインで祝杯を挙げる

 息子を犠牲に酒を飲むのが父親だ」
第一次世界大戦後のドイツ。婚約者を亡くし悲しみに暮れるアンナの前に、婚約者の友人だったというフランス人の男が現れる…
アンナの心を二度三度砕いてくる!微かな光さえ奪うのか。
自分の居場所が無いと気づくあの表情。許しと嘘。アンナをギュッと抱きしめたくなる。
アンナを演じたパウラ・ベーアは素晴らしかった!
今後注目しなくては。
モノクロとカラーの使い分けも、悲しみと喜びの世界の境界を表しているようで良かったです。オススメ!!
mLuc

mLucの感想・評価

5.0
これがオゾン監督の作品ンンンン.....
フランスドイツ両国の戦争の傷を舐め合うかのように静かに始まった映画が終わってみれば1人の女性が底知れぬ覚悟をその身に宿すまでの覚醒の物語だった....
結構傷つきました....

このレビューはネタバレを含みます

アドリアンに向ける視線はいつしか友から愛に変わり、真実を知ってしまい苦しんだけどもう彼と会った時からアンナは惹かれていたんだなと思った。

カラーになる時はつかの間の幸せで、直ぐ白黒に変わってしまう。アンナ役の女優さんが綺麗だった。
すずや

すずやの感想・評価

2.5
フランソワオゾンの作品ということで見た。
いまいちだったな。
わたしの中でスイミングプール を超える作品はないなあ。
>|