エルム街の悪夢/ザ・ファイナルナイトメアの作品情報・感想・評価

エルム街の悪夢/ザ・ファイナルナイトメア1991年製作の映画)

FREDDY'S DEAD: THE FINAL NIGHTMARE

製作国:

上映時間:89分

ジャンル:

2.9

「エルム街の悪夢/ザ・ファイナルナイトメア」に投稿された感想・評価

「エルム街の拓夢」第6弾を鑑賞しました💖

個人的にはシリーズ最低の出来だったかも?
サスペンス的にもホラー的にもイマイチです💖
何よりも怖くないのが1番の問題でした!!

怖くないホラーを簡単に例えるなら。
夜泣きしない赤ちゃん👶
四つん這いじゃなくて二足歩行する赤ちゃん👶
麺が入っていないラーメン🍜
パワハラを告発できる赤ちゃん👶
1人でトイレに行ける赤ちゃん👶
ベラベラ喋れる赤ちゃん👶
自家用ジェットをSNSで自慢する赤ちゃん👶
豚足とか硬いものを食べれる赤ちゃん👶

こういう風に映画の文句ばかり書いていたら
松阪牛ステーキとかフォアグラを食べる
贅沢な赤ちゃんになるので良い所も記します💖

今回は毎度お馴染のマーキュリー演じる
ロバートイングランドの素顔が拝めます!!
それだけではありません……
なんとデッドプールがカメオ主演してました!
それだけで私は満足です💖

世間知らずで未熟者の私に贅沢は敵なのです👶
ノッチ

ノッチの感想・評価

2.5
子供を狙った動機不明の連続殺人事件が相次ぐ街から少年・ジョンが抜け出した。

記憶を失っているジョンは、厚生施設へと送られていくが…。

シリーズの最終作として制作された第6作目。

今作は前作との繋がりが全く見えない完全に確立された別の物語。

とりあえず『エルム街の悪夢』という映画としての完結がこの映画です。 

フレディの少年時代や、フレディがエルム街の子供たちを殺した動機などが明かされてます。

しかし、ここまでオチャラけられると、怖いも何もあったものではなく。 

登場人物たちの行動も様々なことが不可思議。 

物語内でのルールがなんだかもう分からない。 

フレディもまさか子持ちだったなんて。

奥さまも出てるじゃないですか。

と、フレディファンの方なら見た方がいい内容となっていますが、なんかオバケ屋敷程度の怖さなんですよね。

そして、あのあっけないラスト。。

一世を風靡した人気シリーズを締めくくる作品としてはあまりにもお粗末と言わざるを得ません。

ホラーじゃなくてコメディとして見たほうがよし。

チョイ役でジョニー・デップが出ています。

まさにチョイ役…。

でも、フレディにフライパンで殴られてるデップはとっても素敵でした。

しかも、普通の顔のときのロバート・イングランドをたくさん観れるってのも嬉しい。 

あと、エンディングで1~6作目にかけての被害シーンを思い出させてくれます。

総評として、厳しく言ってしまえば、脚本に物語としての面白さは見出難い作品です。

でも、この後まさか、クレイヴン監督が「ザ・リアルナイトメア」を作るとは、予想もできませんでした・・・。
未成年者向けの更生施設に従事している女性指導員が、記憶喪失の少年の手掛かりを探るうち、エルム街での児童惨殺事件に直面することになる。フレディの人格形成と妻子に言及している、人気シリーズ第6弾。

「死んだ死んだ詐欺」を延々と続けているフレディによる、一応のところ完結編。フレディは陽気でお茶目なひょうきん者のようなキャラクターになっており、恐怖演出は総じてホラー・コメディ路線に振り切っている。とにかく、ご機嫌なドラッグ描写が満載なのが嬉しい限り。

フレディは夢の中では不死身なのだが、強い人間相手になると、たとえ夢の中であっても肉弾戦で普通に負け越すのが潔いところであり、また大きな魅力でもある。人間時代のフレディの二面性を綴っていくシークエンスでは、ロバート・イングランドの役者力が滲み出ている。

あらゆる素材をぶち込んできたことにより、世界観の土台部分がグニャグニャになっている。この作品の存在自体がツッコミ待ちのようなものなので、ツッコミ込みでワーキャー言いながら楽しむのが最良。ちなみに赤青の3Dメガネがキーアイテムとして登場するのは、本作が立体映画として公開されたから。
小夏

小夏の感想・評価

2.5
フレディに子供がいて、という話。
なんかちょっと話が飛躍して設定がよくわからないことになってる。
フレディの所業を楽しむ映画。
初期の怖さはどこへやら…

でもまあ、これもこれでありかな?
5の続き

良かった時のと比べるとちょっとつまんない。変態さと残酷さが足りない。前半は結構退屈だけど、後半はそこそこ楽しめたかな。一応完結編として作った雰囲気があるんだけど、7大丈夫かな…。すぐ見ます!
しがい

しがいの感想・評価

3.5
今作も遊び心のあるフレディの悪夢♪
黒板の引っ掻き音で頭が爆発するくだりは意味が分からない(笑笑)
コミックの次はゲームの世界という2次元世界を交えた映像も面白い!いつにも増してフレディが楽しそうでした☺️
あ、目玉焼きを焼いてるテレビのお兄さんはジョニー・デップなんですね。1作目では無名だったけど、この時すでにセレブの仲間入りを果たしてるんだから感慨深いものがあります。
そして当時3D公開されたんだな〜と分かる、ここぞとばかりにフレディの首が正面に飛んできたりする場面も笑えました😂観てるのは3Dではないから余計にシュール(笑)
ここにきて前作とストーリーが繋がってなかったのは残念ですが、結構楽しめました〜

このレビューはネタバレを含みます

見所はフライパンでぶん殴られるホラ吹き野郎ジョニー・デップ。

唐突に娘登場っていうシリーズものあるあるが発生してる映画で前作とはまるで関係無い。

わざとらしい3Dメガネシーンが笑えた。
たい

たいの感想・評価

2.4
シリーズの流れがなくなって!
フレディーの過去を知る場面も!

あと3Dメガネ推し!

このレビューはネタバレを含みます

赤と緑のボーダーニットに茶色の中折れ帽、右手には自家製の鉤爪をキメたお茶目な殺人鬼フレディ・クルーガー(ロバート・イングランド)が血気盛んな少年少女を悪夢の世界に引きずり込んで切り刻む【眠ってはいけない】シリーズ第六弾は、取って付けたようなフレディの娘と取って付けたようなフレディを不死身にする三匹の夢魔の存在が明かされる完結編でありながらシリーズ初の3D映画!つまりそういう事です!

三作目のエドガー・アラン・ポーの引用と四作目の旧約聖書のヨブ記の引用へのオマージュと思われるニーチェの引用の直後にフレディの言葉を流すおふざけに続いて現れる【Freddy's Dead: The Final Nightmare】のタイトルからは【A Nightmare on Elm Street(エルム街の悪夢)】の文字が消滅…
オハイオ州スプリングウッド、動機不明の連続殺人と自殺で未成年者全滅、残された大人たち集団で精神錯乱、ティーンエイジャー1人生存か…という無茶苦茶な前置き…
飛行機の天井がぶち抜けて飛んで行く隣の席のおばさん、その直後、床がぶち抜けて落ちて行くジョン・ドゥー君(名無しの権兵衛)。ベッドで飛び起き、窓を開けると家ごと落下中(ここで魔女のコスプレをしたフレディ登場)。窓から飛び出すとそこはエルム街、柵を飛び越えるとそこは崖、転がり落ちた先には怪しいバス停。バスに轢かれ、フロントガラスに張り付き(ここで運転手のコスプレをしたフレディ登場)、急ブレーキで吹っ飛び、空間に人型の穴を開け、道路の横にあった石に頭をぶつけて気絶(ここでJohnny Lowの【Hold Me Down】が流れる)…というコントにしても笑えないオープニング…
フレディ特製のスーパー補聴器で【スキャナーズ】みたいに頭が破裂するカルロス君、フレディ特製のパワーグローブ(メーカー希望小売価格は1万9800円)でTVゲームのキャラクターのように弄ばれるスペンサー君、そして、自分はフレディの息子だから殺されないと勘違いして巨大な剣山の上に叩き落されるジョン・ドゥー君、という二作目同様男ばかりの犠牲者…
キーアイテムは3D映画なので赤と青の3Dメガネ、退治方法は完結編なので夢の世界のフレディを現実の世界に引きずり出す一作目へのオマージュという名の焼き直し…三匹の夢魔と契約したから不死身だった話はどこに行ったんだよ!

とりあえず、一作目が初出演作だったジョニー・デップが恩返しのためにカメオ出演したフレディにフライパンでぶん殴られるシーンだけ見ればいい!

シーンに合わせる気が全くない選曲もイカれてました…
>|