魍魎の匣の作品情報・感想・評価・動画配信

「魍魎の匣」に投稿された感想・評価

kmiw

kmiwの感想・評価

1.4
枕として使えると評判の原作とはちと趣の異なる本作。
オマージュと思えばまあ楽しめなくはないか。役者が豪華なんで。
柄本さんがラスト近辺でほぼ崩れることが明白な建物内で、何やら一生懸命装置的な物をカチカチいじって立て直すような様子をかもしてたのは変だ。
くどかんの衝撃的映像はシュールでよかった。
中国まで出向いて作り上げたとの昭和の街並みはなかなかのもの。
憑き物落としのシーンがないのは残念。
またシリーズで読んでみようかな。時間かかるんだけどさ。そして通勤のお供とするには重いんだけどさ。でもデジタルではなく本で読みたいんだよね、これ。
みあね

みあねの感想・評価

3.5
京極夏彦の独特の雰囲気を漂わせた作品。
原作通りに映像化する事は困難だと思う。
コレはコレとして、一つの作品として観る分には良いと思う。
2021.11.13
原作はきっと素晴らしいんでしょうね。このキャストをもってこの作品。原作は素晴らしいんだろうなというのは伝わってきた。
公開当時のDVDで初見
原作は読んでない

俳優陣が豪華で、エンタメに富んでいて気味が悪かったり面白かったりで、好きですこの織り成す雰囲気。
たまに見たくなる作品
原作読了済みです。

木場修始まりでもなければ頼子始まりでもなく、榎さんスタートだったのであれれ?と。

京極夏彦の作品が纒う雰囲気も、登場人物たちのイメージ像も、とてつもなくかけ離れていて全くの別作品観てる気分だった。

コミカライズとアニメ版は、主要人物に関してはどのキャラも大体原作のイメージ通りでした。京極堂がかっこいい!

実写映画の京極堂はかっこよさが全然無かった。一番好きなキャラなだけにショック。何だかコメディ調だったし。

全体的におふざけ感が多くて、各人物の秘めたる愛の形や、匣、不死への執着やそこに見つける美しさに於いてはやっぱ本でじっくり読まないと伝わらないんじゃないかな。

この作品をこの時間内で映像化するのは難しいと思う!
ただ東京事変の金魚の箱は昔死ぬほど聴いてたので、エンディングで聴けたのにはちょっと上がった!
同じ京極夏彦原作の『巷説百物語』のアニメ観た時も、絶対椎名林檎の葬列似合うって思ったんだよね!
みー

みーの感想・評価

3.0
過去鑑賞作品記録

京極夏彦原作の作品

前作の方が好きかな!
この雰囲気は暗くて嫌いじゃないけど
 荒唐無稽で陳腐な原作が映画化によって面白くなる場合と、荒唐無稽だけど面白い原作を映画化したら陳腐になってしまう場合がある。残念ながら本作は圧倒的後者。原作関係なくまずゴチャゴチャしていてどういう話なのか分からない。研究所の外観はちょっと良かったけど、中国ロケを行った街並みはざっくり「昔」なだけで、一応舞台は都内のはずなのに地理的な位置関係が分からない。衣装や美術、小道具もいかにも作り物っぽい。編集は無駄に忙しなく、音楽のタイミングも悪いので死体が出てきても全く驚かない。バラバラ殺人や戦時中の人体実験と狂気的科学者、すごい気持ちの悪い血縁の話とかなのに恐怖や緊張感が全然ない。早口おどけ演出、真剣に作ってんの?って疑いたくなる。クドカンは何か可哀想。人様の仕事を悪く言いたくはないがこんな駄目な映画を見たのは久々だった。
INFERNO

INFERNOの感想・評価

-
BSとかの放送を家族が観てるのをチラチラ観てたのを改めて腰を据えて観た

コメディ調なんだね
そしてそんなに非科学的なものは出てこないんだね
モダンな世界観は好きかもです!
ストーリーは難しい…

堤さん、阿部さん、椎名さんとすごい豪華な共演がみれたのは最高でした
中国と日本の区別のつかないハリウッド映画なら、中国の映画村でまんまロケした映像を使ってもいいかもしれないけど、日本映画なのに「これでも古びた街並みの雰囲気が出てるから、いいでしょ」では、悲し過ぎる。
…と思ったのだが、どうも後半の巨大工場のセットにお金が掛けられてしまったのだろうか。

私は『エヴァンゲリオン』の碇ゲンドウみたいな設定になってくるのかと思ったら、あの工場自体は、ストーリーに全く生かされてないような…(汗)。
あのラストが一番、原作と大きく違うところなのだろうか?

京極堂と榎木津だけが、事件の全容を一早く理解し、だんだん事件の断片が収束していく過程は面白かったが、
せっかく若い女の子が二人も猟奇事件に絡んでくるのだから、
この少女達の関係、心情などを、もっと掘り下げて描写してもらいたかった。

第一作目ではたいした活躍がなかった阿部寛の榎木津探偵が、本作では活躍していたので、それが嬉しかった。
>|

あなたにおすすめの記事