学校の怪談4の作品情報・感想・評価・動画配信

「学校の怪談4」に投稿された感想・評価

しりの

しりのの感想・評価

3.8
当時は路線変更が受け入れられず、あまり好きになれなかったが改めて見ると面白い
海に沈んだ校舎とかセットの作りも良くできてる
4作品の中では一番感動した。悪い妖怪は全く出てこず、かくれんぼで見つけてもらえなかった子供たちが助けを求めてくるだけ。不気味な怖さは少し感じた。文房具屋のおじいさん自分のおじいちゃんみたいで最後寂しくなる。
モミオ

モミオの感想・評価

4.5
一番怖かったのは予告だったかもしれない…までありますが、本編のちょうど良いあらゆる意味での恐怖感、しんみりする感じが見事合わさって、定期的に観たくなる映画でした…よかった…
s

sの感想・評価

-
当日映画館で観たな〜テイスト変わって動揺した記憶がある。なかよしで連載してた漫画版も怖かった。
大木茂

大木茂の感想・評価

3.2
これはシリーズ観続けた人は混乱しそうなくらいテイスト変わったな
めっちゃモダンホラーだよな
学校のおばけが一切出てこないから
ほぼスピンオフだろ
ジュブナイルよりかノスタルジーっていうね

笑福亭松之助の佇まいが良いね
最後の笑顔がすげぇ良いわ
少年時代の役者が天てれ出てる子で当時不思議な感じがしたな

背の高いおかっぱの子が妙に色っぽかった
写真の指差すトコは地味に怖いよね
ホラーなのに絶叫や怖がるシーンが全然ないってのも異色だわ

原田美枝子は昨日「火宅の人」観ちゃってるからエロいお母さんにしか見えん
でも10年しか経ってないのに結構老けたよな
YSK

YSKの感想・評価

3.3
平成初期の「怖い話ブーム」に乗っかりそして彩った『学校の怪談』シリーズもいよいよ最終作
そして今までのコメディタッチな作風からがらりと変わっていたってシリアス
『学校の怪談』という名前こそ付けられているものの実質「港町の怖い話」だし、主人公こそ小学生ではあるものの夜の校舎を探検するわけでもなし旧校舎を探検するわけでもなし、そして何よりオバケや妖怪、テケテケも出てこない

だから同じシリーズとして同列で語るのは違和感があるかもしれないけれども、あの日「絶対見つけてね」と約束し、「もういいかい」「もういいよ」で始まったかくれんぼを終わらせるのは、かくれんぼが始まり「もういいかい」「もういいよ」という約束を交わした「学校」という場所でしかなく、そういう意味では確かに「学校の怪談」なのかもしれないなあなどと物思いに耽るのでありました

ただ本気で恐がらせ方のテイストが違いすぎるんよ
ナミ

ナミの感想・評価

3.8
学校の怪談、最後の作品。
テケテケも口裂け女も花子さんも出ない、ガチのホラー。
妖怪と違って「生きてた」過去のある人間の幽霊こわい…
劇場で観た時「またテケテケとか出るのかな〜」と半ばワクワクした気持ちで行ったら、本当のホラーで震え上がった思い出。
文房具屋さんとの交流や、夏・海・兄妹の掛け合い等、ノスタルジーを感じる描写もあるけれど、「幽霊の怖さ」を前面に出している本作なので、1〜3のファンはさぞびっくりしただろう…(私もその1人)

廃校舎で出現する謎の生命体はせめてものキャラクター要素を、ってことで出してる感じが否めないし、子ども&文房具屋さんの棒読み感はすさまじい。
でも終わり方は爽やかでとても良い。
ロケ地もとても良い。良き古き日本の夏を感じた。

このレビューはネタバレを含みます


今までの学校の怪談シリーズとは
ちょっとテイストが違うくて、
ポップなお化けたちは出てこず
本格的に怖いかもと思うような作品

特にわかめちゃんカットの子怖い
指差さないでくれって思った

でもちゃんとストーリーもあって
1番良く出来てた作品だったかも

津波怖いな

みんな見つけられて良かった
わさ

わさの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

1,2のにぎやかな雰囲気が好きすぎて昔観たときはいまいち好きじゃなかったんだけど、今回見直してみたらとても良かった……
3がコミカルとシリアスのはざまで少し中途半端な印象だったんだけど、今作は完全にシリアスに舵を切っていて笑いの要素はほぼ無し。
東京から遊びに来た兄妹を軸にしたひと夏の成長物語になっていて、これぞ夏!なイベントやアイテムに溢れてるのが郷愁を誘う。
冒頭の津波のシーン、昔観たときは全然リアリティを感じなかったけど3.11後の今は恐ろしくて仕方がない。ホラーは3作目までと違って基本的にわかりやすいおばけは出てこず怪奇現象中心。それがかえって怖いんだけど、終わってから振り返ると実は見つけてほしかっただけなんだろうなあと思えて切ない。
アイスクリームのくだりが本当に好きで、文房具屋のおじさんがちゃんと約束を守ったのも、その上で少女がお返しをするのもすごく良かった。うるうるしてしまったなあ。
怖さと楽しさが紙一重な怪奇冒険話だった前作までとは全く異なるテイストになっていて驚いた。横長のアスペクト比、本気の恐怖演出を優先したカメラワークや編集など、年齢層をちょっと引き上げてるのかな。主役の子供があくまでも第3者なドラマもいい。ラストは泣きました。
>|

あなたにおすすめの記事