学校の怪談4の作品情報・感想・評価

「学校の怪談4」に投稿された感想・評価

こい

こいの感想・評価

3.0
びっくりだよ!ちゃんと怖いじゃん!
津波で亡くなった子が…という話なので今は見る人を選ぶかなと思った。
なんでこうなったのか、決して悪くはない、寧ろ好きだ、でもこういうのは求めてなかった。
確かにシリーズにマンネリはつきものですが、であれば3で終わっておけば良かったと。
それでなんだか切ないんだよこの映画は!
ヒツジ

ヒツジの感想・評価

2.6
シリーズ通してあった感動物的要素を強調した結果笑える要素も恐怖要素も減退した凡作になってしまった
感動要素もその中心に位置するキャラクターが薄い
シリーズの中でも一番怖いです。
楽しめるけどこれだけは苦手かな。
最後は納得感はあるけど。
Takuma

Takumaの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

これは今までの学校の怪談とはちょっと違う。

まず昔に津波で亡くなった子供4人の話が大筋?。

海の話。

ランドセルから人面蟹が出てきたのが凄い記憶にある。
学校の怪談シリーズの中で一番好きなのにこれだけなぜかマークしていなかった…謎……
うり

うりの感想・評価

4.5
小さい時はなんか違うっておもって好きじゃなかったんですが今見直すとこれだけできちんと和製ホラーしててそら毛色がちょっと違うからそう思うわけだと思ったのでした。
やっぱりシリーズ同様に海と怪談と小学生たちの青春劇なんですが和製ホラー要素が強くて今じゃシリーズの中で一番好きかもしれない。
作品中のアップダウン差が激しく脅かすところはきっちり驚かすよ!

このレビューはネタバレを含みます

心霊への一本化により、妖怪は完全消滅しました。よってコミカル要素(テケテケなど)もゼロです。

物理的にあり得ないほどの大津波が、かくれんぼを楽しむ生徒たちを飲み込んだ暗い過去を持つ学校が舞台。

お盆という霊界がただでさえ全開な時期に、地蔵の頭上に的を乗せ、石を投げつけるといった神をも恐れぬ小学生のせいで、津波に飲まれた小学生たちの霊が現れる。

前半は子どもの霊の不気味さも相まって、そこそこ怖いのだが、後半は松之助師匠の「あの人に会いたい」的なドラマとなっており、重視していた恐怖もゼロに…

シリーズで一貫しているのは「成仏オチ」です。笑
学校の怪談なのかな?何か都市伝説みたいに感じました。
技術や演出がパワーアップしたけれど何か悲しい話なのが1と2とは全然イメージが違って自分は受け入れにくかったです。
fonske0114

fonske0114の感想・評価

3.0
学校を舞台にしたホラー映画第四弾。シリーズ1~3との関連はない。

今夏同僚の人と今シリーズの話になり、シリーズ一気見をし見たことのなかった今作も鑑賞。

舞台は田舎海沿いの学校で、今までと違い妖怪が出てこない。
人の成仏できない魂を描いた作品で、ホラー要素もあるも見終わればいい話だった。

おそらく、シリーズの始まった95~97年は学校の怪談ブームがあったものの、99年に今作が放映されるまでの間にリングが公開され、その流れから今作も内容が妖怪から幽霊に変わっていったのではないだろうか。

主役の女の子と明石家さんまの師匠である松之助師匠がとてもいい感じだあった。
学校はほぼ舞台ではなくなっており、ホラー映画の時代の移り変わりを感じた。

1~3までとは毛並みが違い、学校の怪談というタイトルでなくても成り立ちそうな作品。
>|