カノンの作品情報・感想・評価

「カノン」に投稿された感想・評価

ギャスパー・ノエは暴力をありのまま見せて、復讐や偏見を衝撃的に描く。
過激なテーマに真正面から取り組み、残忍なその映像は常に物議を醸す。
ずーっと喉元に拳銃突きつけられてる感じなのに、最後の方で「人間にモラルはある」って堂々と謳ってるのもはや清々しい。おっさん、ほんとに独白多い笑
アタフ

アタフの感想・評価

3.4
ルサンチマンを溜め込んだオヤジのぼやきと憎悪

『エンター・ザ・ボイド』や『アレックス』でも思ったが、ギャスパー・ノエ監督の映像は斬新だ!!"ドゥン"という音とともにカットが切り替わったり、"ギュン"みたいな音でアップしたりパンしたりする、いや~斬新、斬新。

一番驚いたのが終盤、突然「映画館を出るなら30秒以内で」という注意書きが表示される、ええぇ…なんだこれ…
この後いろいろと衝撃展開になっていくんですが、当時本当に映画館から出ていった人っているんですかねぇ?

主な内容は終始オヤジのぼやき、フランスやら金持ちやら妻やらにモノローグでぼやきまくる。多分こんな考えの人ってたくさんいるんだろうな~何かを逆恨みして自分の境遇をそれのせいにする人、ネットとか見てるとそう思います。だけど将来自分がこんな感じのオヤジなならないとは限らないのが怖い。

基本的に終始オヤジのぼやきなので飽きてくると言えば飽きてきますが、終盤の展開は衝撃的だった。ラストのこの厭なモヤモヤ感、感動したかと思えばそれかよ(# ゚Д゚)
『ニンフォマニアック』とか『マジカル・ガール』を見終わった後と同じ気分になりました。

というかこれ『カルネ』の続編だったのか、見ておけばよかった。
続編なのだが、前作をくどくどと解説した特典映像か何かといった印象。蛇足?
sou

souの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

カルネの続編です。
父が出所し娘に会いに行くお話です。
父の厭世思想が溢れてます。
前回までのあらすじ!みたいな感覚で序盤でカルネのおさらいが流れるんで、もうカルネ見なくていいという親切設計です。
前作より撮り方とか明るくなりましたが長さが倍なのでどのみち疲れます。
最後の胸モミモミで全部持っていかれます。
wataru

wataruの感想・評価

3.7
ギャスパーノエ独特のライティングとエロさが精製される前の映画
でも編集力はこの頃から現在
ずっとおやじがボヤくだけの映画を良くここまで観れる様に出来たな
ゐきち

ゐきちの感想・評価

2.0
完全にパッケージで借りた
前作カルネは観てません
おじさんの恨み辛みぼやき節炸裂って感じ
「映画館を出るならあと30秒以内で」って警告の出る映画はじめて観た
かなり気持ちの悪い映画。しかし見た事ないような試みが色々と見れる。不運な人生の上で、物質主義・快楽主義と、宗教的モラルとの間で板挟みにされた男の精神は、耐え切れず溢れ出し 自分以外の人の事情や幸福の事など考えられなくなる。これはフランスの事なのかしら。映画としては面白いが、娘に対する愛と愛欲の混同は苦手。
8bit

8bitの感想・評価

3.9
「カルネ」の馬肉屋鬼畜親父のその後。

とにかくクズな馬肉屋鬼畜親父の八方塞がりな日常を延々と見せられ、
生きることの虚しさや世の中への不平不満といった親父の心の叫びをモノローグで延々と聞かされる。
もう笑っちゃうくらいどうしようもなくて、哀れで、うんざり。
自分にはもう何も残っていないのか。
絶望に打ちのめされたとき、自分の中にひとつだけ残っていたものに気付いた。
それが〝愛〟だった。
「30秒以内に映画館を出ろ!」という〝警告〟後の衝撃シーンからのカノンは感動的だけれど、その後のシーンで凍り付く。
彼の〝愛〟は、〝モラル〟というフィルターを通した我々のそれとは少し違っている。
でもそれはとても純粋なもので、これもまたひとつの愛の物語なのだと思う。愛にめざめた男の物語。
おそらく〝警告〟されていたのは血なまぐさい暴力シーンではなく、観る者のモラルや倫理観を揺さぶるラストシーンに対してだったのだろう。
普通なら露悪的に映ってしまうものをここまで無垢に見せてしまうギャスパー・ノエは本当に凄い。

この馬肉屋鬼畜親父(とその娘)のその後は次作「アレックス」でチラッと描かれています。
McQ

McQの感想・評価

4.0
ギャスパーノエ監督作品。

カルネの続編。
男の妄想は更にパワーアップ!
愚痴、暴言を延々と喋り続けます!
頭の中で>_<
1時間半。。

これを声に出して延々とブチ切れてるおじさんは駅でたまに見かけますが、
それはただの酔っ払いですかね。。^^;

そして終盤に近付くと恐怖の警告テロップ!
心臓の弱い方は30秒以内に劇場を出ないといけません>_<

普段からホラーを見慣れている方にとってはなんてことない描写ですが、とにかく見せ方が凄いです。。
めっちゃリアル。。
言葉での説明は激ムズであります、、(ToT)
音にもビビる、、

決して人に勧められないですし、これをいいと思ってしまう自分がサイコ野郎じゃないかと疑ってしまう恐怖。。
(ToT)

うーむ。。
ギャスパーノエは天才だと思います>_<
>|