サッド ヴァケイションの作品情報・感想・評価・動画配信

「サッド ヴァケイション」に投稿された感想・評価

おぜき

おぜきの感想・評価

3.3
2020/11/20(?)
なんとなく過去に一回見た記憶あり。
声が小さい聞こえん
音量上げると雨音とかがうるさくなる
オダギリジョーと浅野忠信のシーンはぞわ、よかった
終盤までぼんやり悲しくてよかった
最後のシャボン玉シーンはなんかあっけなくて、不完全燃焼感
ジョウ

ジョウの感想・評価

3.4
作品全体のメッセージはよく分からないし曖昧。
音楽もあまり好みではない。
ただとにかく浅野さんの凄さとカッコ良さに惚れる映画であることは間違いなしです。
みきの

みきのの感想・評価

2.9
豪華キャスト。光石研さんの方言最高。分かりにくいかもだけど。
キャスティングのクセ!笑
最近毎日光石研見てる。

エグいねー!
映像も音楽も好きなタイプの邦画の雰囲気。
これはサイコホラーでもある。
と言うか男から見て女はサイコホラーだ。

物騒な感じが北九州。笑

また観たいし、他の青山監督の作品も観なきゃいけなくなった。
G

Gの感想・評価

4.2
なかなか面白かった。石田えりが怖い。不意のジャンプカットも心地よく、印象的なショットが多い。光石研のキャラクターが最悪すぎて笑う。あんなやつとサシ飲みしたくないわ!オダギリジョーも浅野忠信もこういう役ばっかやってるなあ。ラストのシャボン玉、超現実の中にヤクザがいる感じは井筒作品ぽい。
た

たの感想・評価

-
青山監督の「東京公園」が好きなので、鑑賞しました
役者さんがとにかくみんな上手い!
特に石田エリさんがグイグイです

ただ、声が聞き取れない、たぶん大事なセリフなんだろうけどわからない
なので、内容がいまいち理解出来ていません
人物の相関がわかりません
光石さんは、どんな間柄?
まぁ、そんな事はどうでもいい映画ってことなんだろうね!
やっぱ浅野忠信、怪物だ……モノが違いすぎる

北九州サーガの3作目らしいけど、1と2をまだ観ていないのできっとまた観た後ここに戻ってくると思う。

たむらまさきさんの撮影が超絶素晴らしい&独特なジャンプカットやフラッシュバック、フォワードを活かした編集が鬼カッコいい。

役者の魅力も光りまくってて、光らせまくってる脚本と演出が素晴らしい。

脚本に関しては、青山さんの映画を一周してここに帰ってきた時、理解できる部分もあると思う。

【一番好きなシーン】
浅野さんと石田えりさんが初めてちゃんと対面するところ。あの切り返しは震えた。
OKWR

OKWRの感想・評価

-
時代の空気を感じる。
1990年代から東日本大震災前はこんな日本映画がたくさんあった。
浅野忠信とオダギリジョーが並ぶとどうしても『アカルイミライ』を想起させる。
宮崎あおいが映画の中で車やバスで運ばれる存在から、自ら運転して運ぶ人になっていることに時の流れを感じますね。
橘

橘の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

『Helpless』は途中まで、『ユリイカ』は昔々に観てもう一度ちゃんと観たい…というレベルで観たサーガ最終章でした。
閉塞感というかなんか暗い…そして北九弁って改めて聞くとコワイ。普段は意識してないけど。光石研さんやらでんでんさんはネイティブだから勿論のこと、浅野忠信さんや高良健吾さんのも怖いもんなぁ。。

ケンジさんが歪んだのも元はといえば母親チヨコのせいだけど、この人謎でした。なんでずっと笑ってられるんだ…何考えてるんだろ。5歳の時に捨てた息子に今更めっちゃ頼るの、息子からしたら、は?でしかない。
分かりやすくチャイニーズマフィアみたいな人は怖かったけど、チヨコみたいによく分からないけど不気味なのも怖いな。。
アチュウ?くんサラッと居なくなるし、ケンジもさらっと弟殺して服役するしで…でも本当に間宮運送に帰ってくるんだろうか??
間宮父良い人だったな…。この映画の良心。

俳優さんたち皆さん良かったです。
こういう人いそう…という普通な感じでした。
嶋田久作さん激渋でかっこよかった。。

「世の中は見てください、どこキレイなことあるの見せて」…この人ほんとはめっちゃ日本語出来るんやろうなって思いました。
でも、全体的に台詞は聞きづらく、音楽は音量大きくてバランスとって欲しかったです。切り替えがちょっと大変でした。。
髪を「切る」ことで少年との物語を端折ってしまったり、気づいたら運送屋に居ついている浅野忠信など編集が小気味良い。しかし浅野忠信とオダギリジョーが同じフレームに収まる際の緊張感はなんなんだろう。鳥肌が立つ。
>|