キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンの作品情報・感想・評価

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2002年製作の映画)

Catch Me If You Can

上映日:2003年03月21日

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」に投稿された感想・評価

そうくるか〜みたいな感じで面白かった。
ラスト15分くらいからが特に好き。あったかい
おもろい!!
天才詐欺師と天才デカの駆け引きが最高に面白い!
詐欺師は刑事の裏をかいてくる。
刑事もまたその裏を読む展開。
こんな詐欺師が実在してたなんて嘘みたいだ!
はぁーーーーーー

2002年の公開当時から目をつけてて、
何故か不評というのを耳にしてた気がしてたので2019年のこの歳なるまで観なかったけど

めっちゃ面白いやん

今まで観てなかったのが恥ずかしい
まよ

まよの感想・評価

-
catch me if you can
カールとの関係ももちろん良いけど
両親から認めてもらいたいみたいなところも感じとられた。
特に最後で父が亡くなったと聞いて、母親に会いに行くところでああ〜やっぱり、、、という感じに思った
両親には結局捕まえてもらえなかったね....
Tucker

Tuckerの感想・評価

5.0
レオナルドデカプリオとトムハンクスが出てたらそりゃ面白いよね

非常にお後がよろしい映画
nagisa

nagisaの感想・評価

3.5
この話が実話っていうのに驚き😳!
自分の美貌を武器にするのも凄すぎる。。笑
実話と知ってびっくり!
なんだか最後はほっこりでした。
天才だとこんな人生もあるんですね。
若かれし頃のディカプリオ、やはりカッコいい。
良い映画でした。

このレビューはネタバレを含みます

フランク(ディカプリオ)とカール刑事のいい関係とタイトル通りの内容でとても面白い。約2時間15分あるが最後まで楽しめる映画。カール刑事の「嘘の中で生きる方が楽」という言葉にメッセージを感じた。
Kio

Kioの感想・評価

3.8
前半は主役そっちのけでウォーケンの演技に気持ちを持っていかれっぱなしだったのは、俺がウォーケン贔屓だからではないはず。
ディカプリオはディカプリオで当時から芸達者。旨い。
好きなシーンはクリスマスイブの電話のシーンでトムハンクスの口だけのショットの後のディカプリオの目だけのショット。
カメラワークがあざとい。でも好き。

嘘もハッタリも突き通し続ければ本当になる。
でも、トントン拍子に事が運んでいったのも彼の頭脳と、天性の人たらしっぷり。

時々ニュースを騒がせている天才ハッカー達も捕まった後はFBIからスカウトされているんでしょうね。
arumi

arumiの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

手口の巧妙さ、大胆さが気持ちいい。FBIが迫るたびにドキドキさせられるけれど、それをも鮮やかにするりと回避する様に感心してしまう。フランクとカールのやり取りがまたいい。犯罪ものは初めてでしたが楽しめました!
>|