オーロラの作品情報・感想・評価

「オーロラ」に投稿された感想・評価

anjie

anjieの感想・評価

5.0
オペラ座のバレエを観てみたかったので鑑賞。美しい映像と素晴らしい踊りを堪能しました。財政難に陥った国の王女に、各国の王子が自国の踊りを披露して求婚をする。しかし、日本(映画内では架空の国)の舞踊は、かなり独創的と言うか、芸術的と言うか…つまり、超凡人の私には怖かったよ!
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

2.5
パリ・オペラ座が全面協力、オペラ座バレエの期待の新星・トップダンサーら総動員するって言うから楽しみにしてたのに…涙。あれなんだな、もう話はどうでもいいんだな。とにかくオペラ座のモダン・バレエを見せられたらどうでもよかったんだな。

…としか思えないくらい適当極まりない話。無責任な王室一家と有り得ない話の展開。3回雲の上行ったら戻ってこれないそうなので、みんな気をつけて。

しかもバレエも微妙…。良かったのって、雲の上での踊りくらい…。え、ひょっとしてフランス人の中東と日本に対するイメージって、ものすごくヤバい?汗 どのくらいヤバいかっていうと、「中東=アラビアンナイト」、「日本=映画「砂の女」&遥か昔の中国」くらい。

そして、フランス人の美醜感覚の基準が分からん。綺麗なの、カロル・ブーケの王妃くらいだろ。オーロラ姫、可愛いか?絵描きさんに至ってはロバっぽい…。たまたまトップダンサーがそういう顔なのかと思えば、「夢の王子様」役で出てきた人も同じような顔だったし…(というか初め絵描きの人かと思った 汗)。

あああ、なんだろう、文化の違い?を感じた。
にむう

にむうの感想・評価

2.0
フランス/96分

【※鑑賞当時に書いたレビューのコピペです👐】

パリのオペラ座バレエ団が全面協力して作り上げた作品で、オペラ座のエトワールやダンサーさん達が役者として登場してダンスも踊る、バレエ映画。

お話はとってもふつうのおとぎ話なので、バレリーナの美しさを堪能することを最たる目的として見るのが正解と思う

ジパンゴ王国(日本)の暗黒舞踏がアクがつよすぎて作品内でものすごい浮いてた 笑
Ayaka

Ayakaの感想・評価

1.1
んんんんん名前とパケが綺麗だから観てみたんだけど、バレエは専門外だったな、、いまいちわかんなかったしストーリー。
Balthazar

Balthazarの感想・評価

3.0
随分前に観ていてとても印象深かった…のだけれど、内容はほぼ記憶していたのに、何故かずっとタイトルだけ思い出せず、モヤモヤしていた。オーロラ姫。やっとスッキリしました。
フランス語のオーロールと英語のオーロラではニュアンスが異なるらしいが。

暗黒舞踏なんて概念をこの作品ではじめて知った。
遠路はるばるジパングから来て、よりにもよって求婚の舞踏会でそれやる!?とは誰もが突っ込むところw そら姫もドン引きですわ。観念的というか、ある意味凄いセンス。能の舞とかじゃダメだったんですかね。
ako4u

ako4uの感想・評価

1.1
はー なんじゃこりゃあ
いろいろ雑すぎて シュール
踊りは綺麗だけれど…
misorar

misorarの感想・評価

3.8
愛は命より強いよ


躍りを禁じられた国のお姫様が雲の上で愛を見つける物語。

現実離れした世界観が魅力的。
光溢れるなか踊るオーロラ姫はほんとうに美しい。

実はこれ小さい頃からのお気に入りで、いまでも定期的に観たくなります。
画がとても綺麗な映画。
林檎

林檎の感想・評価

4.1
大半がバレエ。ストーリーではなくオーロラの踊るバレエの美しさにこの点数。ふんわりぼやけた映像が幻想的。オーロラの部屋や、画家のいた白く眩い光が溢れたアトリエがとても素敵だった。*
ちょっとやり過ぎ感というか、ベタな感じがしなくもないけど、こういう映画があってもいいと思った。
icle

icleの感想・評価

3.0
オーロラ姫の美しさに加点。
顔立ちの可愛さに華奢な身体、紅潮した頰、優美な動きを見たいがために見る映画。
オーロラに比べて恋人役がそこそこな年齢に見えるので、最初は恋人になるとは思わなかったくらい。納得いかない…。
バレエダンサーが魅せる身体芸術と、弟のキャラクターが華を添えるも、ストーリーについていけない笑
ある程度年齢がいってから見ると、父である王様が不憫すぎる気が…。
もっと美しいだけで良いのに。
ゆき

ゆきの感想・評価

2.8
主人公の女の子は可愛いかった。ストーリーはファンタジーなのか、中途半端な感じ、、
バレエ好きな人は楽しいのかもしれない。
>|