エデンの東の作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(12館)

「エデンの東」に投稿された感想・評価



救いたい、救われたい。
汽車では行けない。
聖も俗も出発点は同じ。
ジョン・スタインベック原作。ギャツビーの少し前の時代のアメリカ、旧約聖書のカインとアベルがモチーフの嫉妬と祝福の物語。
misaki

misakiの感想・評価

3.9
善も悪もきちんと見てもらえるとは限らない。なんだか深すぎて考え込んでしまったわ。ストーリーはトントン進んでいくので見やすい。ストーリーというより、善悪についてという感じ?白黒かと思ってたらカラーだったので得した気分。ジェームスディーンの捨てられた子犬感。悲しんだ目で見つめないで、誰か褒めてあげて〜。
善も悪も、正しさの基準てなんだろなぁ。ダースベイダー誕生の瞬間を何度も目撃してしまうような映画だった。
eye

eyeの感想・評価

3.6
思ってたよりも身長が小さいジェームズ・ディーン。兄貴の聖人さがいまいちよくわからなかった。バースデープレゼント拒否されるシーンは見てるこっちまで悲しくなる。
牛

牛の感想・評価

3.9
小さい頃は見てもわからなかったけど、
ジェームズディーンの魅力に溢れてた。
泣きながら演技してる感じ。
純粋すぎて触ったら壊れてしまいそう。
お父さんを喜ばせたくて、飛んで歩いてる姿は小さな少年にしか見えなかった。
キャルはディーンそのものだな。
彼自身も父親の愛に飢えていたし。
あの、お金を渡すシーンがすごく切なくて泣きたくなった。
この映画を見てからジェームズディーンが気になってドキュメンタリーとかもみた。
洋画専門チャンネル ザ・シネマ 録画

ジェームスディーンの映画初めて観た。
兄弟ネタとか、後の作品に数々の影響を与えてそうなメロドラマ。ありがちな親子問題。
観覧車は何故止まったの?
愛情に恵まれなかった青年の奮闘って感じで、殺人とか戦争とか大きなエピソードもなく淡々と進んでいった。
KaZ

KaZの感想・評価

3.6
家族に愛されたかった1人の少年の物語。良かれと思ってやった事がことごとく裏目にでる感じすげぇ分かるわ。
8

8の感想・評価

4.5
凄く好き。不安定な感じが、
同情したり、うざかったり、どの登場人物
にたいしても。

感情が追いつかない。

このレビューはネタバレを含みます

最後の20分くらいを除いてよし。
外見は全然好みじゃないんだけど、弱さを抱えてるんだけどああいう単純に見える元気いっぱいな女の子を見るとどうしてもカッと熱くなってしまう。絶対主人公とくっつくんだろうなって予測できるんだけど、彼女には相手がすでにいるわけで、この子はこの先どうなるんだろうと考えると胸を締め付けられる快感に襲われてしまいもうダメなんです。その子が、観覧車の席で主人公と二人でいたらもうこっちは、来るかくるかと胸を高鳴らせて画面を凝視して、そしてついに同じフレームに目を交わし合った二人の横顔がおさまってしまう奇跡を目撃できたので満足。
氷を落とすシーンの撮り方とか、影につけ方はとても印象に残る。だけどカメラ斜めとかちょっと技巧を凝らしすぎなシーンが多かった気がする。なんかしらけてしまうんだよな
>|