おもちゃの国の作品情報・感想・評価

おもちゃの国2007年製作の映画)

SPIELZEUGLAND

製作国:

上映時間:13分

3.9

「おもちゃの国」に投稿された感想・評価

まぁ

まぁの感想・評価

3.9
13分で描かれる「ホロコースト」…

…幼い男の子2人に…涙…
切ない…本当に…切ない…(涙)

「ピアノの連弾」
「ピアノの上の写真」

…物悲しい音楽にも…(涙)

汽車の中の人々の「表情」…
…切ない…(涙)

YouTubeにて鑑賞…*

原題+2007で検索…*
Ryoko

Ryokoの感想・評価

-
たった13分でホロコーストを描いた傑作

これだから短編映画はあなどれない
ぬん

ぬんの感想・評価

4.3
Filmarksで皆さまのレビューを見て、
気になって鑑賞。

13分という短時間に、
ホロコーストという題材。

事情を知らない子供の発想は、
当時を知らない私達にも投影できるような。

極限状況おける人間性。
表情だけで紡がれるシーンは
思わず息を呑みました。
時間軸が交錯することで、
13分とは思えない濃密な作品です。

多くは語らず、多くの人に、
是非観ていただきたい。
K

Kの感想・評価

3.7
ナチス占領下のドイツ。

ユダヤ人のピアノ教師の元にピアノを習いに行くドイツ人の男の子ハインリヒは、先生の息子と仲良し。

しかし、ユダヤ人の強制収容が始まる。ユダヤ人の男の子が連れ出ていかれることを「おもちゃの国へ行く」と説明する、ハインリヒの母。

自分も一緒にいくと言って聞かないハインリヒが、ある朝突然姿を消してしまう。

その後に待つ衝撃のラスト。最後まで見た時、この映画の重みがぐわっと押し寄せる。
短編でこのテーマをじっくり作り込んでるところが本当にすごい。時間軸が交錯する感じも効果的で良かった。
dude

dudeの感想・評価

3.5
アウシュヴィッツ強制収容所の壁に埋められた手紙が後年見つかったりなんかもあるが、子供もまた未来への希望か。我が身に置き換えて考えましょうな話。短いが満足感あり。
サスペンスフルな演出と意外性のある展開、そして押し付けがましくないが力強いメッセージのおかげで、初めて見たときから忘れられない力作ホロコースト短編。
Taka29

Taka29の感想・評価

-
U-nextにて鑑賞‼️
ドイツの短編映画‼️
最後の結末が心を掻き乱す‼️

子供が母親におもちゃの国に行くと教えるが...。というストーリーです^ ^
すずの

すずのの感想・評価

3.9
アカデミー賞短編実写部門受賞のホロコーストを題材にしたドイツ映画。こんなに濃密で重みのあるショートフィルムは初めて観た。凄い。
ただ時間軸がめちゃくちゃ交錯するので 理解するのに時間がかかった。
覚悟を決めた両親の表情が頭から離れない…。
samiam

samiamの感想・評価

3.5
13分という短い時間の中に重いものが詰まった映画。観終わった後、衝撃で暫く身動き出来なかった。
>|