時代屋の女房の作品情報・感想・評価

「時代屋の女房」に投稿された感想・評価

とし

としの感想・評価

3.0
‪2019年6月16日 #時代屋の女房 鑑賞‬
‪#夏目雅子 の魅力を披露するための映画ですね。それ以外は特に・・・!‬
りっく

りっくの感想・評価

3.7
まるで野良猫のようにフラりと現れ時代屋に居座り、そしてまたフラりと二、三日姿をくらませ何食わぬ顔で戻ってくる夏目雅子と、そんな彼女に幻惑されながらも帰りを待ってしまうダメ男・渡瀬恒彦の関係性がいい。特に次々に衣装も変え、そして初対面の渡瀬と何のためらいもなくヤッてデキてしまう大胆不敵さと、何の反省もなく歩道橋を渡って帰ってくる肝っ玉のデカさ。それでも美人だからオールオッケーと許してしまいたくなるような、このフワフワとした存在は夏目雅子以外であれば成立しなかっただろう。

夏目雅子に一人二役をやらせたのはよく分からないし、夏目雅子が姿をくらまして久しぶりに戻ってくるからこそ、彼女の無邪気で何の悪気もない笑顔が効いてくるのであって、その点だけは明らかにミスキャストだと思うが、大林宜彦が松竹で撮った「異人たちの夏」と同質の不思議な人情っ気がクセになる、温かくもの寂しくどこか郷愁を感じさせる一本。
U-Nextで鑑賞。本作をロードショーであるいは直後のTV映画劇場で見ていたとしたら「なにこれ、つまんねー」という感想を持ったと思います。というくらいストーリーはしょうもない。
が、夏目雅子が、チョイ役の沖田浩之が急逝してしまい、更に主な出演陣が鬼籍に入ってしまった(健在なのは平田満さん、藤田弓子さんだけか?)今観ると、「なんかいいなあ」とう気持ちになります。
夏目雅子演じる主人公は急にいなくなったり、ふらっと帰ってきたり、いなくなったと思えば主人公が変装しているような女性として登場したり、夏目雅子が亡くなっているだけにミステリアスな魅力が増しています。
こういった落ち着いた雰囲気の渡瀬恒彦も味があって良いね。
夏目雅子は相変わらずの美しさで見惚れてしまう。
津川雅彦は脇を固める渋い演技で、しっかり存在感出してて良かったなー。奥さんの朝丘雪路も出てたよね。

ストーリーはゆったりし過ぎてて、ちょっとハマらなかった。
自分が影響受けた人や作品その他もろもろ
には共通して失われつつある昭和的なものがあったということに気づかされた。
それは単に懐古的な、という意味ではなくて、ギリシャ神話やニーチェが言うところの運命愛にも通ずるような…

勘は良くても意味とか理由とか全然関係なしに全部引き受けちゃうような深くて優しくてあったかくて静かな心の持ち主に小さい頃から憧れてたっけ。

今は良くも悪くも逃げ場が多いから、こういう感受性を持った人は少なくなったのかもしれない。

いや、自分も世代感覚として理不尽な年長世代とかにイラっとくるときあるし生きてて色々嫌なことあるけど、じゃあそういう存在や出来事のない所へ逃げたら良くなるのか、全て合理的に生きたら良くなるのかって話で、そもそも世界って不条理じゃんってことは、中島みゆきじゃないけどぐるぐると大昔から語り継がれてるわけで、老害老害言ってないで少し話聞こうぜって思うわけだけど、なんでこんな話になった、まぁ夏目雅子美人すぎましたわ。
2018.7.20
展開が早くて着いていけなかった(汗)
夏目雅子さんはキラキラ美しい。美人薄命???
アブさん(猫)🐈️のボッテリ感がかわええ...❣️

中古品にロマンを感じる自分としては本作の舞台となった骨董品店・時代屋がツボ...男女の過去と骨董品の親和性にグッと来る◎
野良猫のようにひょっこりやって来た夏目雅子...「静かに死のうとしたものを生き返らせるって、優しいのかしら?それとも残酷なのかな...」古道具に秘められたそれぞれの思い出...駆け落ちの過去が詰まったトランクを取り戻し、まるで叶わなかった恋までも取り戻した気になったクリーニング店のおじいさんと一緒にお酒飲みたくなった🍶
涙壺と夏目雅子の美しさ、素敵だなぁ。。。✨
昔の映画感がすごくて要所要所で笑ってしまう。
音楽とか、回想シーンとか。
当時は流行りの演出なのかしら。
あまり普遍性みたいな物を感じない。

でも出演者豪華だなー。
主役の二人は、美人過ぎだし、かっこよ過ぎだろ!!
それだけで観ていられる。

原作はとっても面白いのだろうなぁ。
ルー

ルーの感想・評価

3.5
野良猫と一緒にふらっと現れた真弓ですが、彼女には家出癖がある…
何も聞かない安.
ストーリーは、男性がただ女性を待つ話.
なんですが、渡瀬恒彦と夏目雅子が演じると、何か時に観たくなり印象的です.
時代屋という骨董屋も素敵です.
ファッショナブルな作品ではなく、人情喜劇の都会作品.
「蒲田行進曲」と同時上映だったのが凄い!
こういう渡瀬さん沁みるし夏目雅子は美しすぎる。ストーリーがちょいとタルい
>|