時代屋の女房の作品情報・感想・評価

「時代屋の女房」に投稿された感想・評価

工事中

工事中の感想・評価

3.8
新宿松竹の初日舞台挨拶付き上映で鑑賞。
夏目雅子、渡瀬恒彦、森崎東監督の舞台挨拶を最前列で。
当時は、観客の写真撮影もOKだった。

映画も良かった。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.3
スカパーにて。元は村松友視の直木賞小説ですって。

時代屋という古道具屋にひょっこり現れて押し掛け女房になった女を夏目雅子が演じる。くっそカワイイ。ちょっと邦画の歴史において格が違いすぎるんじゃ無いですかね。

古道具屋に渡瀬恒彦。若干髪型が変だがイケメン。押し掛け女房で正体不明なマユミがたまにヒョイと出かけて帰ってこないのでヤキモキして仕方ない。
どっからとも無く美女が表れ無条件で好きになってくれる。猫の様なつかみ所の無い感じで愛嬌もある良い女。

もう、男の妄想の権化ですよ。
このラムちゃんみたいな女に、あたる君ポジションの渡瀬恒彦がかなり翻弄される。いなくなったマユミを探しに足取りを追い盛岡まで。

また、夏目雅子が二役でチリチリ頭の田舎娘も演じる。これも渡瀬恒彦と後腐れなく良い仲になる。都合良い話だなぁ。

関西弁の津川雅彦演じる喫茶店のマスターとあびる優の母親演じる娘も良い仲。みんな割とセックスにオープンな感じ。

古道具屋という仕事も、娯楽でやってそうなイメージ。これもそういう仕事に就きたいというオッサンの妄想。
何もかも男の妄想の産物な映画だが、それ故に今の目で見ると若干アンチフェミニンな印象も受けるね。

しかし日本映画冬の時代でなく黄金期に夏目雅子がいたらどうなっていたかねぇ?また生きていたらどんな女優になっていたことか。レバタラを言っても仕方ないが、少なくともこの映画では希有な才能の片鱗を垣間みる事が出来る。まさに骨董品のお宝のような存在ですな。
荒井晴彦のくっだらないオッサン夢物語(白痴のような若い女性がオッサンを盲目的に愛し抱かれていくいつもの感じ)を森崎東がズタズタにしているのが痛快。受け身のキャラクターを柔らかく演じている渡瀬恒彦が場末の定食屋で沖田浩之を問い詰めるさいに一瞬見せる強面の芝居が最高。この頃の津川雅彦は胡散臭さと性的な色気がダダ漏れしていて好き。ポルノ的なファンタジーなのになぜか脱がない夏目雅子の代わりに安く裸になる中山貴美子、娘のあびる優と同じ顔をしている。森崎東の全盛期はやっぱり80年代、傑作だと思う。
桂

桂の感想・評価

3.8
夏目雅子目当てで見ただけだったのに、あのノスタルジックな昭和の雰囲気にやられた。
映像と音楽、ぼーっと眺めてるだけでもいい。
お目当ての夏目雅子はとにかく綺麗で可愛くて、ミステリアスというより小悪魔的で自由奔放。
少女Aを聴くとこの映画を思い出すようになった。
日本映画専門チャンネルで夏目雅子の出演作品をピックアップしているので録画して観た。

夏目雅子でなかったら果たして観たかわからないし、夏目雅子でなかったら観ても楽しめたのか疑問には思った。
序盤からいったいどうしてそうなるという展開だし、ラストに至るまでいったい何がなんだか。あまり集中して観ていなかったせいもあるけれど。

「女っていうものは、別れるときに男が少しでも傷ついていたら万々歳なのよ」という名台詞めいたものがあったが、今更メモするような年でも立場でもない。

「いったいどうして」も「なぜ」もなんだか納得させてしまう夏目雅子の存在がすごい。
変装して現れたまゆみ(夏目)に他の登場人物が一切気が付かない(観客には明らかにまゆみだとわかる)あたりが映画だからこそ(舞台でもそうだろうが)だなと思わされて面白かった。
otom

otomの感想・評価

4.3
人情喜劇とは云うものの、やっぱりカオスな仕上がりになっている。森崎東作品を観ている感じである。少女Aの歌詞の如くじれったい色々。夏目雅子の美しさ故に許される、メンヘラ気味な面倒臭さではあるが、80年代当時の人間の距離感みたいなものを垣間見られる様な気もする。良作。
zazi

zaziの感想・評価

3.5
藤田弓子夫婦のプロレスシーンで旦那さんの股間にシミが付いてたから3.5
時代屋の女房 鑑賞

夏目雅子が可愛すぎる作品

少女Aを歌う夏目雅子、やっぱりかわいい。

三蔵法師世代の私が禁断の彼女の可愛さを観れる作品。

ちあきなおみのアゲインが染みる
1983年 原作は松村友視(ともみ)で直木賞受賞作品で素晴らしい。夏目雅子の美貌と色気がこの作品の格調を高くしている。おじさんの夢を形にしたような作品。大坂志郎も津川雅彦も渡瀬恒彦も男はみんな女に翻弄される弱く勝手でロマンチストな生き物。1人2役の意味があったのか。夏目雅子はこの2年後、27歳という若さでこの世を去る。白血病だった。
nagaoshan

nagaoshanの感想・評価

3.7
あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します(^^)


森崎東監督作品!

昨年からの持ち越し鑑賞でした。

本作は多少の人生経験をさせていただいた今日、観て良かったと素直にれ思えるほどに、素敵な人情群像劇でした(^^)
若い頃に観たなら良さが伝わらんかったやろうな〜と!

俳優さんが亡くなっている方ばかりなので、なんだか訳の分からん嬉しさや悲しい気持ちで全編通して観てしまった😅

夏目さん…素敵過ぎました( ^ω^ )

「瀬戸内少年野球団⚾️」の凛とした先生も好き!
本作の銭湯♨️出待ちからの小銭拾って後ろから渡瀬さん抱きつくシーンでは胸を撃ち抜かれ即死❗️笑😄
終わって即2回観直しました❗️

命日に又お会い出来るのを楽しみにしております(^^)
良か映画!
>|