居酒屋ゆうれいの作品情報・感想・評価

「居酒屋ゆうれい」に投稿された感想・評価

死んだ奥さん、今の奥さん、旦那さんの三人が顔を合わせる、不思議で少し可笑しな設定の物語。毎晩顔を合わせるうちに、死んだ奧さんと今の奥さんが仲良くなる。同じ人を愛している二人なので、多少の憎悪・嫉妬心はあるものの、どこかわかり合えるところがある。良きライバルであり、良き理解者といった関係か?愛する二人の奧さんに、少し歪な形だけど会える旦那さんは幸せ者である。ただ、同じ場所で二人が悪い顔を合わせるのは、微妙だけど…。最後は「過去の人」と「今の人」との選択・決断を迫られ、「今の人」…友人の将来を選択する。そのことで、死んだ奥さんには会えなくなるけど、旦那さん、死んだ奥さん、今の奥さん、今の友人…それぞれが新たな一歩を踏み出す。死んだ人が新たな一歩を踏み出す…って変な話だけど、死んだ人(幽霊)にとっても、「成仏」は現世への未練を絶ちきる大切な一歩なんだと感じた。
居酒屋を舞台に病死した元嫁の幽霊と亭主と新しい嫁のお話

「死んだ者より生きてる人間が大事だ」
主要キャストの3人が非常に魅力的。みなそれぞれにワガママ勝手だけれど、人間らしく憎めない。室井滋と山口智子はタイプ全然違うけど、どちらも恋女房としてはかなりいい女だと思う。若い人にはなかなか分からんかと思うが、女の魅力は深いのだ・・・
わりとずっと評判がよい作品だったから期待半分なものの...無粋の極みのような出来でした
兎に角全てがミスキャストて気がする 映画におけるキャストいわば関係性の重要さを再認識
20206月25日

wowowで録画したのを見ました。
大好きなショーケン作品でしたが、
自分には後一歩かな・・・
シナリオがいまいちでした。
FURU

FURUの感想・評価

5.0
ショーケンの映画の中でも一番好きな作品です。
壮さん、好きですっ!!💕💕
「俺、お前にだったら騙されても、いい!!」
って、デレッとした顔で答える壮さん。あのシーン好きです。
最後のおかえり!の笑顔も。
しずこさんのことを愛していたことも伝わるし、
さとこさんのことを愛していることも伝わってくる。
しずこさんとさとこさんが一緒にお酒を飲むシーンもいいな。
同じ男を愛したもの同士の絆。
私は、好きな人よりも先に死ぬのは絶対に嫌です。
見送られたくない。
自分が最後まで看取りたい。
好きな人が死ぬ瞬間まで側にいてあげたいなー。
そして、自分が死ぬ時はひとりでも全然いい。
自分が死ぬ時よりも、
好きな人の最期の方が大事。
その時自分は絶対に笑顔でいたい!
そのためには長生きしなくちゃ!
健康第一!!(笑)
とにかく、ショーケンらぶ!!
あなたが死んでからもずっと私はあなたが好きです。
素敵な作品を残してくれてありがとうございました。
居酒屋ゆうれい
1994年 110分

あまり有名じゃないけど、結構好きな作品。ショーケン演じる男の亡くなった前妻が幽霊となって現れることで、巻き起こる群像劇。コメディテイストだけど、たまにホロっと来そうになる。

ショーケンが、仕事に真面目な居酒屋の大将を演じておりこれがハマってる。流石。

幽霊役の室井滋が、当たり前だけど若いw妙に色っぽい雰囲気を纏っており、後妻の山口智子との絶妙な関係性。

そりゃ、自分が死んだから旦那は別の女性と結婚したわけだから誰も悪くない。残された旦那の幸せを願いながらも、自分だけを好きでいて欲しいと思う心情は非常に人間臭い部分。

人情味溢れる映画全体の雰囲気があるが故に、終盤は結構切ない展開でそれがまた良いです。

このレビューはネタバレを含みます

https://umemomoliwu.com/izakaya-yurei
shalanla

shalanlaの感想・評価

1.5
死んだらさっさと成仏する。
それに限るなぁ。


生きてる人が何をするのも自由だもん。
それが生きてる特権だもん。

生きてる間に沢山愛してくれてたのならそれで良し。

死んでからのことまで縛りたくない。


出来れば自分だけを愛していて欲しいけどね。


でも死んじゃったらその人にご飯を食べさせたり笑わせることも出来ない。
無力だ。

生きてる人には生きてる人同士幸せになって欲しい。



そして、私は見送られるんじゃなく
見送る側になりたいな。


もう、なんでこんな切ない思いをさせてくれるんだ。
はね

はねの感想・評価

3.3
私は世代ではないけど、たまには古い映画も凄くいい!!
今みたいに映像やら、なんやら使ったりしたいで、素晴らしい女優さんと俳優さんで成り立つ映画。

西島さんもトヨエツも出てるけど、とんでもなく若いwww

#居酒屋幽霊
#コロナに負けるな
#stayhome
#映画
#movie
#🎥
>|