一日だけの淑女の作品情報・感想・評価

「一日だけの淑女」に投稿された感想・評価

「人間というのは妙な生きものよ。悪いことをしながら善いことをし、善いことをしながら悪事を働く」

大好きな長谷川平蔵の言葉です。

この言葉を地で行く映画なんだろうなぁきっと。


DVDを再生すると淀川さんの解説から始まる

淀川長治さんの世界クラシック名画100撰集(4)

フランク・キャプラさんですね淀川先生。所々設定違ってるけど、合ってますよね淀川先生(笑)


アップル・アニーが自宅でいつも流す音楽に近所の人たちがうっとりするのですが、これだけで下町の人情というか、皆で肩寄せ合って生きている感じ、そういった匂いがしてくる。なんだか江戸時代が見えてくるのは気のせいかな。

貧しいアニー。ジンをガブ飲みするアニー。そんなアニーの大ピンチに、ギャングたちが一肌脱ぐの?もしかして?

消される!!!

(;´゚д゚)アワワワ

このブン屋、消される!!!!(笑)

そして突如あらわる日本人(笑)

からの~年齢詐称!!(びっくりした)

水が高い所から低い所に流れるように、権力の高い所から低い所に流れる小言(笑)

機関銃と催涙弾の嵐が吹き荒れるかもしれない一夜限りのパーティーが…ぎこちないにもほどがある大パーティーが、今始まろうとしていた…(笑)

楽しい

フフってさせられるのは、演出がいいんだろうなぁこれ。

そしてなんという粋なはからい

うんうん

わかるよわかる

人生、捨てたもんじゃないなって思えてくる。

甘ったるい砂糖でできたキャプラ・コーン。理想を追い求めるその味は、甘いお菓子というよりも、何故だかあったかい甘酒の味がしました(笑)

まんまと乗せられて幸せな気分に浸るのがまた楽しいですね。

淀川さん曰く、フランク・キャプラはこの映画の話が好きで好きで『ポケット一杯の幸福』という題で、もういっぺん映画を作ったんだそうな。なるほどこっちはベティ・デイヴィスか。これは是非とも観なければ…
変身させられるのが老人ってのが良い。
冒頭の急なミュージカル、噴水?の水越しにキスするショット、ラストの唐突な移動撮影が良かった。
それと、上司が言ったたことをそのまた上司も言って、その上司も…っていう縦の関係を示すトコがコミカルで笑えた。

自分が娘に吐いた嘘を現実にするという自分勝手な話(直接頼んだのは仲間だけど)だが、フランク・キャプラは何というか映画の「夢」を担ってる気がしてすんなり入ってくる。
なので、ついた嘘がどんどん大きくなって結果的に嘘のままで終わる顛末にも頷けちゃうんだよね~。
こよー

こよーの感想・評価

4.5
64人しか見てないなんてありえない……。
最高のハッピーエンド。
 『或る夜の出来事』が借りられなかったので、代わりに前作にしてキャプラ&リスキンの出世作であるこちらを鑑賞したけど、あえて観るほどのもんでもなかったなというのが正直なところ。設定は面白かったんだけどねえ。
 老女が主役というのがちょっと珍しい(とはいえ途中はあまり出番ない)。また、大不況の影が色濃く人心がすさんでいるところに、マフィアのボスの義侠心と、最終的には上流階級の親切で解決するという、社会の頂点と底辺を凄まじく強引に和解させる形の人情話をぶつけてくるあたりに、後々より深まるキャプラ監督の作家性が垣間見える。
nagaoshan

nagaoshanの感想・評価

3.9
フランク・キャプラ監督作品!

名作映画特集①
総合図書館収蔵の欧米の名作を特集

自身のリメイク作で遺作の『ポケット一杯の幸福』は未鑑賞でしたがなんとも心温まる名作。
ニューヨークのブロードウェイ。リンゴ売りの老婆アニーのささやかな嘘をたすけるために浮浪者仲間やギャングのデイブ達があにーの為に一肌脱ぐ人情ドラマ

絶対絶命からの大逆転劇、観ているみんなを幸せにするそんな作品を作り続けたキャプラらしい作品でした(^^)

リンゴ売りから淑女を見事に演じてびっくりのアニー役メイ・ロビンソンは本当に素晴らしかったです( ^ω^ )


良か映画!
リメイク版の『ポケット一杯の幸福』も素晴らしかったですが、オリジナル版もやっぱり最高でした...!

街でリンゴを売り歩いている老女アニー。彼女にはスペインに留学させている娘がおり、ある日彼女が伯爵の息子の婚約者と共に彼女に会いに来るという内容の手紙が届く。しかし、今まで手紙上でアニーは裕福な貴婦人であるかのように書いていたため、このままだとその嘘がバレてしまう。困窮した彼女に救いの手を差し伸べたのは、賭博で生計を立てるならず者、デーヴだった。

名匠フランク・キャプラの初期の代表作の一本。トーキーが開発されて間もない1933年の作品とかなり古いクラシック映画ですが、その洗練されたユーモアと心温まる愛情が詰まったストーリーは今もなお色褪せません。嘘は悪いもの、とされるけれど、本作でアニーがついた嘘は誰しもが仕方ないと頷くしかない切ない嘘。娘を守るために貫いてきた仮の姿が崩れそうになった時、一見悪人のデーヴはじめ、街中の人が一丸となってアニーを【一日だけの淑女】に仕立て上げようと奮闘します。もうそんな周りの思いやりの深さといったら、これを書いているだけでもウルっとしてしまいます(笑)。そもそも原作が素晴らしいお話ですね。

『プリティ・ウーマン』『プリティ・プリンセス』『マイ・フェア・レディ』『シーズ・オール・ザット』など、恵まれていなかったり、冴えない女性が美しいレディに変身するというストーリーの作品は映画史を振り返っても名作揃い。本作はまさにそんなシンデレラ・ストーリーのパイオニア的存在なのかなと。
主演のメイ・ロブソンは当時75歳。冒頭は貧相な身なりと下品な話し方なのに、どんどん洗練されていき最終的には高貴な淑女へと見事に変身。オスカーにも本作でノミネートされていますが、とにかく圧巻の名演技でした。思わず涙腺が緩んでしまう、あのラストの表情もたまらない。

キャプラ節はこの作品から健在で、クスッと笑ってしまう描写も盛りだくさん。いつもは素行の悪い賭博師たちも一緒になって貴族になろうと躍起になります(笑)。掛け合いが最高に面白かったです。

クラシック映画でリメイクしてほしい作品個人的にナンバーワン。リメイク版もベティ・デイヴィス主演でこれまた良かったのでオススメ!
hideharu

hideharuの感想・評価

3.6
2018.11.28 DVDで鑑賞。

「ポケット一杯の幸福」は割と好きな映画なのでその元となった本作を前から見たいと思っていた。
フランクキャプラはこの映画で初めてアカデミー賞にノミネートされ名を上げた。
自作をリメイクした監督ってあまり例がないのでないかと思います。キャプラはよほど思い入れがあるようですね。

リメイクである「ポケット〜」を先に見てますが「1日だけの淑女」はほぼ同じ展開です。ただ本作の方が上映時間が短い分キュッとまとまって展開も早いのでサクッと見れました。

本作でアップルアニーを演じたメイロブソンもやはり本作でアカデミー賞にノミネートされてるくらいなので中々の名演でした。リンゴ売り→淑女への変身ぶりも見事で劇中ギャングの空いた口が塞がらないのも分かります。
ロブソンは公開時には75歳くらいでお婆ちゃんって感じです。因みにベティデイビスは53歳くらいだと思います。

劇中でもおとぎ話と言っていますがまさにその通りで現代(当時)に起こった奇跡です。出てくる人みんな良い人ばかりです。まだハリウッドが映画を見る人たちに夢を与えていた時代の名作です。
temmacho

temmachoの感想・評価

4.0
上流社会の貴婦人…と海外に住む娘に嘘をつく乞食同然の母親の元に貴族のフィアンセを連れて行くと連絡があり、さあ大変!
ギャングのボスがひと肌脱いで「一日だけの淑女」に変装するのだが…

キャプラ監督の傑作コメディ。
みんな良い人なんだなぁ。
泣けちゃいますよ。
Ricola

Ricolaの感想・評価

3.4
リンゴ売りをしながら暮らす老女のアニーは、外国に暮らす娘が伯爵と交際している様子を手紙で知るのが楽しみだった。
ある日、娘が伯爵とその家族を連れてアニーに会いに来るという。しかしアニーには一つ問題があった。彼女は手紙の中で娘に豪勢な暮らしをしている、と嘘をついていたのだ…。そこで「一日だけの淑女」になるために仲間に協力してもらうのだが…。


短編小説が原作らしい。そのおかげでストーリーが面白い。

アニーの変身ぶりは驚くほどで見違えるようだった。

いつもとは慣れないことをする人々の「練習」の様子が面白かった。

だけど思った以上の面白さはなく、間延びする場面も多かった。
Reo

Reoの感想・評価

3.6
身分を偽ってたことに対する回収はなく、ただうまくいったねっていうだけで終わっちゃうのがちょっと拍子抜け。
まぁ”善”の物語なんだろうね。それはそれでいいけど、ちょっと物足りない。
>|