ハムレットの作品情報・感想・評価

「ハムレット」に投稿された感想・評価

マイクD

マイクDの感想・評価

2.8
国王が急死し、国王の弟クローディアスが即位。ある晩、王子ハムレットの前に亡き国王の亡霊が現われ、陰謀だと告げられてハムレットの復讐が始まる話。本来であればシェイクスピアの美しい台詞を含め楽しむ作品だと思うのですが、詩的センスが皆無なせいか、なんか途中で飽きてしまいました。メル・ギブソンの金髪っぽい感じが新鮮だったのと、ヘレナ・ボナム=カーターが若かったです。
非常にオーソドックスにまとまっている印象の反面、特別新解釈などがあるわけではなく、4時間かけて全ての台詞を用いたケネス・ブラナー版のようなこだわりが感じられるわけでもないので、映画化した必然性は見出だしにくい。

ただ、ざっくりと物語を掴むという点では最も入りやすいかもしれない。変な役柄が多いヘレナ・ボナム・カーターのオフィーリアが正統的な美しさで強く印象に残る。
衣装が可愛い
若い頃のヘレナ・ボナム=カーターが良い
今回ハムレットの内容を初めて知ったけど、凄まじいなあシェイクスピア……
Akari

Akariの感想・評価

-
直感に頼ってよ!!
亡霊は信じるのに自分の直感はなぜ信じない…
胸騒ぎとか、そういう感覚的なのって根拠ないけど一番正解だと思うわけです。

この時代、みんな天からどう裁きを受けるかってとこに最終目標置いてるから、何だかんだ根底での統一感あるんだな。
RYAN

RYANの感想・評価

3.8
結構面白かった
4大喜劇をみはじめた
いまのとこマクベスが好き

この作品の好きなところでいうと台詞回しである
セリフ回しが独特でシェークスピアの言葉も多々登場する

そして、そんな作品を演じたのがメルギブソン
彼は意外にも長文のセリフも言えるとても良い役者のようだ

主にメルギブソンの顔演技が光っている

この作品多少長く感じるし、魅せ方が変だなってとこもある。

ラストの王とメルギブソンのシーンではなぜか大事なシーンで引きから撮っている。
たしかに気持ちはわかるがそこはもっとしっかりみたかった。

僕的には結構好き
作中のセリフや言葉がとても良い
特に序盤が素晴らしくかんじました
「マッド・マックス」のメル・ギブソンによるシェイクスピア。
見応えは充分で、何度でも観ることができる作品
き

きの感想・評価

2.2
English 4 /2018
Research paper
rkyk

rkykの感想・評価

2.6
ヘレナボナムカーターの若かりし頃のオフィーリア。美しいのに若い時から不幸顔なのねっていう。
メルギブソンとジェイクギレンホール似てる。

ローレンスオリヴィエとかケネスブラナーのものまだ見ていないけれど、リアリスティックな演出に感じた。
いりえ

いりえの感想・評価

3.5
はじめてシェイクスピア見たかも
ヘレナボナムカーター気が狂ってるとこ似合いすぎてる
nisui

nisuiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

大好きなお父さんが死んだ直後にお母さんがお父さんの弟と結婚しちゃって母親に幻滅してたところにお父さんの亡霊が現れて「弟に殺された!悔しい!でもお母さんのことは殺さないで天に任せようね」と言われたのでキチガイのふりして復讐する話。
人生初ハムレット。ハムレットの復讐動機は当然も当然だけど、オフィーリアのくだりがよくわからなかった。母親と叔父の件で結婚に幻滅したって恋人に向かってあんなこと言う必要なくない?八つ当たりとしか思えぬ。オフィーリアがブクブクと沈む画楽しみにしてたのに遠景でガッカリ。
新国王がハムレットの企みを知ってからの騙し合いはハラハラした。お母さん死んでしまったのは気の毒に思ったけど「葬式の料理が結婚式に並んだ」と揶揄されるくらい節度の感じられない再婚を引き合いに出されると、罰は受けるべきだしねえ。
シェイクスピアって壮大な独り言を延々を喋ってるシーンが多いから映画にするとすっごい浮くのね。舞台だと全然気にならないんでしょうが。