マッチ工場の少女の作品情報・感想・評価

「マッチ工場の少女」に投稿された感想・評価

R

Rの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

アキ・カウリスマキ監督の傑作。

工場で働く少女は地味である。
地味だから、友人と街に行っても声をかけられない。
そこで派手な服を着るが、売春婦と言われる始末。
ただ、セックスの相手となる男は見つかる。
その一回限りのセックスで妊娠してしまうが、男から「おろせ」と金を渡されるだけ。
そこで、少女の静かだが激しい怒りが内面で爆発したようで、このあたりの描写が素晴らしい。
ネズミなどを殺す薬を買って復讐……という地味ながら、戦慄の展開となる映画。

傑作である。
ストーリーやテンポがどうも合わなかった。
が、色彩と音楽は良い。
ラスト付近、実家でラジオから聞こえてくる音楽が特に好き。
昔 歌舞伎町にミラノ座があって、その3階にシネマスクエアとうきゅう があった。そこで観たのに内容を憶えてない。
いま 久々見終わったのに もう 忘れかけている🦆
夢のような 空気のような映画である。この作品が大関なら 横綱は「窓からローマがみえる」を自信を持ってあげたい☕

「マッチ工場の少女」
物語はマッチの工場で 働く女性で、タイトルの少女は誤りである。
マッチ ファクトリー ガーリー☘️を また期待してる私は成長してないと感じる。
――だいたい このタイトルで笑いたいのに――――笑っては不謹慎なオーラをぶちかましてくる程 真面目なのである。

●ファースト シーン
丸太回転 機械が皮むいて 油圧プレスでサクサク シェイク オートで箱詰め――って、
ファクトリー描写の力の入れ方ハンパない 為、工場採用の紹介ビデオだったのかな――

たぶん おれは
カティ・オウティネンにどく盛られテル(笑)
Nappon

Napponの感想・評価

3.9
淡々と進みますが、一瞬一瞬が見逃せません。台詞が少ないですが、仕草や表情が全てを物語っています。個人的には、彼女の家に来た男性と一張羅で挑んだ両親とが、居心地悪く過ごすシーンが好きです。
睡眠

睡眠の感想・評価

3.5
鋭い音の演出、暗すぎる室内、初めて夜遊びに出る際のカティ・オウティネンの服のダサさ、最高。
Tatsu

Tatsuの感想・評価

-
めちゃダウナー。唯一あるズームの瞬間はかなりドキッとする。例えばブレッソンなどと違って決定的な描写を避け、基本動きのない長回し、時間に託すのが特徴的だとは思う。
いち麦

いち麦の感想・評価

3.0
(キートス カウリスマキ特集@オーディトリウム渋谷)
大量生産ラインに乗って吐き出されるマッチの様に淡々とした日常の孤独。結末のカタルシスをも抑圧の効いた静的映像で見せる独特の味。その分、若きK.オウティネンの堪える表情が印際立つ。
面白さで言えば、マッチが作られる工程を描いたシーンが1番面白かったかな。

超好みの静けさです。
暗くぼろぼろの街。出てくる人達の表情。天気。僕が持つカウリスマキの映画に対する期待を全て詰め込んだような作品でした。
TAKAHIRO

TAKAHIROの感想・評価

3.8
マッチ工場で働く少女イリスは母と義父と同居していた。ある日、貰ったばかりの給料で派手なドレスを衝動買いする。それに憤怒した義父に殴られ、母には返品を命じられるが、従わずドレスを着てディスコに行う。そこで出会った男にダンスに誘われ、そのまま彼の家で一夜を過ごすのだが……。
mochi

mochiの感想・評価

3.8
初アキ・カウリスマキ。この人バカかっこいい画を撮れる映画監督ですね。人間を物のように配置し、あたかももともとそこにあったかのように見せるのが上手い。
ストーリーは難しい…。多分共感する人少ないと思います。親から搾取されているという点ではマッチ売りの少女と共通する。一方、前者が悲劇的に死ぬのに対し、こちらは人殺しを実行していく点に対比関係があるのだと思う。マッチ売りの少女は死ぬことにより、労働から解放されることができた。一方でマッチ工場の少女は一線を超えた上でも労働から解放されることはない。ラストシーンでマッチ工場で警察に連行されるシーンはこのことの象徴なのかもしれない。労働の意義がわからなくても、またその必要がなくても、労働こそが彼女を彼女たらしめている物なのかもしれない。我々はいかに辛くてもこの世界のあり方から逃れることはできないし、従うしかない。天国や理想の未来への逃避行は期待できない。天安門事件はこのことの象徴なのかも。いかに民主化を叫んでも、理想の世界を望んでも、それは結局うまくいかない。
こういうように見るとなんだかとてつもなく暗い映画に見えますが、粛々と描かれている分、案外サクッと観れます。演技もすごくいい。主人公の微妙な美しさも絶妙だった。歌と主人公の重ね合わせも良かった。
>|

あなたにおすすめの記事