キッスで殺せ!の作品情報・感想・評価

「キッスで殺せ!」に投稿された感想・評価

SF

SFの感想・評価

4.0
大学の頃講義で観て今回ようやく全部通しで観れた
みんな狂っててアクションすべてかっこいい
探偵マイク・ハマーを主役とした小説の映画化で、ヒッチコックっぽい内容のミステリーではあるんだけど、会話メインで進行していく様子はあまり好みでなかった。

しかし捜査に訪れる場所の人々が結構曲者揃いだったりしたのは中々面白かったと思う。

インパクトのある映像もちらほらあったけど、やはり最初と最後が特に印象に残るものだった。
moku

mokuの感想・評価

4.5
画づくりのカッコよさ。登場人物、ほぼ皆ちょっと変。話も変。
キッス。ビンタ。ババブーン!


< PFF /アルドリッチ >
milagros

milagrosの感想・評価

4.2
「全然わからん」と思って、ぼーっと見てると、ビンタでたたき起こされる映画。
開けちゃいけないってなると、開けたくなるよね。主人公含め、全員やばい。
csm

csmの感想・評価

5.0
ポゥ!の修理工も解剖医がすぐ金せびる手も最高🔥わからねえヤツには往復ビンタの精神で生きていきたい。
思わせぶりのみじんもない増幅する謎&その場しのぎの行為の連続を飲み込む説明不能の快感。大好き。
一

一の感想・評価

-
わけのわからない錯乱したストーリー、ときにショッキングでときにバカバカしい目の覚めるような瞬間の数々。初対面の女にキスされようが車に爆弾仕掛けられようが全く動じない鈍感さと平手打ちを武器に奔走するマイク・ハマーとアクの強すぎる端役たち。そんで最後はアレ。ほんと参っちゃう。
dude

dudeの感想・評価

4.1
「控えめに言って君の人生は狂いつつある」
「“奴ら”ってステキな言葉 誰のことよ」
など登場人物にフィルムノワール的な概念を分析的なまでに語らせ“探偵”から物語内の特権を剥奪し、最終的にあり得ない飛躍をしてみせた怪作。ヒッチハイクから好奇心まで偶発のイメージが連続する分、ふと明らかになる奇妙な計画性が不気味すぎる。秘密を知る女のアパートが騙し絵のように混迷した空間になっていて最高。
PFFにて。黒沢清監督のトーク付きでした。わたしは筋がちゃんとしたものが好きなので、わけがわからない、謎が解けない、みたいなのはフラストレーションたまりますかね。語りがいはありそうなんですがね。最後の爆破でスッキリもしません。そこらへんが唯一無二なんだろつし、フィルムノワールとしては出来がよいんでしょうが。やたらキスしたり、やたら往復ビンタしたりするのはおもしろかったです。オープニングロールがイカしてて最高でした。
MNRTJM

MNRTJMの感想・評価

4.0
何度観ても面白い。でも話はよく分からない。冒頭クレジットの出方から、鮮烈なラストまで、忘れられないシーンの数々を堪能。

第40回ぴあフィルムフェスティバル

招待作品部門
女も男もカッコいい! 今こそアルドリッチ

上映後 黒沢清監督による解説
>|