パリ、ジュテームの作品情報・感想・評価・動画配信

パリ、ジュテーム2006年製作の映画)

Paris, je t'aime/Paris, I Love You

上映日:2007年03月03日

製作国:

上映時間:120分

3.5

あらすじ

「パリ、ジュテーム」に投稿された感想・評価

Chad

Chadの感想・評価

1.9
オムニバスって繋がりを期待してしまうけど、そんな感じじゃなかったし内容もイマイチ。ダメなフランスが出ちゃった…

BC級(ランク詳細はプロフィールにあり)
みどり

みどりの感想・評価

3.2
これ短編集なのね。
パントマイム癖強い。笑
最後のおばちゃんなんだか共感する。
パリ行ってみたいなぁ🗼
April

Aprilの感想・評価

3.0
謎パートが謎すぎた😂

ほんまに5分くらいの間の物語の人もいるし、年単位の話の人もいる

最後派手に繋がったりしないオムニバス映画です。(笑)
このタイトルだし、パリ!男と女!フランス映画!みたいなのを想像してたけど、親子愛や隣人愛もあるし パリの街も美しい名所だけでなく労働層の新興住宅や移民の多い地域など、色々

区ごとの物語でオムニバスというところが面白かった



先日試験のためにフランス語せっかく勉強した、セリフの中の être や avoir だけでも聞き取れないかな…と臨んだけどダメでした、むずかしい

英語の部分もあって、でもそもそも英語も聞き取れてないものな…ってなった

ベビーシッターの女性の歌がyo tengo〜でスペイン語なのは分かった
名前アナだし
あと中国語のアイニー(ふし遊の民)



吸血鬼に襲われて血を流す男子が 彫像のように美しい顔をしていて、何だこいつはファンタジーの世界からきたのか…と思っていたらイライジャウッドでうわあそりゃあそうだ
りっっ

りっっの感想・評価

3.5
もはやパリ旅行なオムニバス映画。

これから恋人になるであろう人たちの出会い、恋人同士、夫婦の愛、別れ。親子愛。
愛に関する様々なストーリーがテンポよく続きます。
中にはパントマイマーとか吸血鬼の話も。笑

個人的に印象に残ったのは「14区」。
孤独なおばさんのパリ旅行の話。
どれだけ孤独に耐えられる人でも、喜びや感動を分かち合える人がいた方が良い。
恋人だけじゃなくて、友人や家族でも。
この話が最後だったので、なんとも言えない寂しさとともに映画が終わっていきます。

死ぬまでに行きたい街。パリ。
あとは普通に北海道も行きたい。
もはやパリと北海道なら北海道の方が強い。
総じて北海道。
一つ一つが短かったからテンポ良かった!色んな愛の形を表現してて面白かったなー
Hiver

Hiverの感想・評価

5.0
2007年03月25日 22:13レビュー
パリが恋しくなるオムニバス。
地味な割にはキャスティングもスタッフも驚く程ゴージャス。
孤独な大人のひょんな出会い、移民生活の現実、熟年夫婦の危機、
アラブの女子に一目惚れする少年、異国に来てもドラッグ中毒な女優、
子どもを亡くして打ちひしがれる母親など全18作品。
退屈な話もあったけれど
最後にぐっと気持ちを持っていかれた
老夫婦の離婚とそれぞれの道 そして
一人旅でパリにやって来たアメリカ中年女には
人生の奥深さに胸が熱くなった。
それぞれのストーリーが名所や地区別になっていて、
もう何年も前のことなのにどのストーリーも
街の風景が懐かしてしょうがなかった。
パリが好きだった20歳の頃を思い出し
それは決して感傷的ではなく、
何故だかまた明日から頑張ろうという気持ちになった。
cai4yue4

cai4yue4の感想・評価

3.7
一話いち話が短く、淡々と進んでいくので飽きずに見れた。
個人的なお気に入りは2話の一目惚れしたイスラム教の子をモスクの前で待ち伏せする「セーヌ河川」、17話の離婚調停中の夫婦の会話劇「カルチェラタン」、そして一人旅の女性のお話「14区」。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.3
最後に繋がるのはいいよね、そういうのは好きだよね。

?みたいな回もあったけど、それどんなやつだったっけ?と思い出せない。
なんか大人な感じ?
哲学っぽい感じ?
パリっぽいフランスっぽい感じ。

そこが素敵な場所なんだなとは思いました。
パリの雰囲気味わえて好きです。
内容は別にという感じでしたが、オムニバスなので飽きないと思います。
>|