ヴェニスの商人の作品情報・感想・評価

「ヴェニスの商人」に投稿された感想・評価

中世や近世のヨーロッパ好きなら、
ツボのど真ん中をつかれて、
ハマるのではないでしょうか。

何故なら音や服装や景観など、
タイムスリップ感満載です。
音楽はパイプオルガン。
グレゴリアン・チャント。
マドリガル(たぶん)。
景観にいたっては、本物のヴェニスで撮影されてます。
撮影、とっても良いです。
アル・パチーノが居たおかげでどこも快諾してもらえた
らしいですよ。さすがゴッド・ファーザー笑。

そして、やはりお話がスバラシイのでしょう。
宗教や人種、ジェンダや階級問題はもちろん。
箱を選んで旦那を選ばせるという寓話的要素。
恋愛劇。ヴェニスという場所。ヴェニスの商人。
ポーシャとシャイロックの裁判劇。
様々な要素がテンポよくあって、
そのそれぞれが時にクローズアップされていく。
シェイクスピアの戯曲でも一番人気があるというのは、
とても納得できます。
僕が言うのもおこがましいですが、
シェイクスピアって、ものすごいですね。

役者も良いです。
ヨーロッパ伝記ものといえば、
ジョセフファインズ。
紳士役がピッタリなジェレミーアイアンズ。
そして、真の意味で目ヂカラがボーン!な
アル・パチーノ。すげー存在感です。

映画としてどこまで良くできてるかと
言われるとちょっとわからないんですけど、
ただ楽しめます。面白いです。
原作が偉大で難しいと思いますが、
わかりやすく二時間でまとめてると思いました。
そして原作が読みたくなります。
劇が観たくなります。

このレビューはネタバレを含みます


「徳の高い方は死の床で名案がひらめくそうです」

「指輪を見るまで寝床は別々よ」

・冒頭、ユダヤ人についての字幕説明
 →シャイロックの悲劇を強調
・ユダヤ人を川に突き落とす過激なアントーニオ
・仮面祭
・わざとハンカチを落とす
・男同士の友情のキス
・ユダヤ人の赤い帽子
・胸を露出させた娼婦たち

2020/08/20
baba

babaの感想・評価

4.0
ユダヤ人は悪というユダヤ人差別。子どもの時の教科書に載っていて、裁判の判決にやったね!という感じだったが…私が汲みとれなかったのか?そのような意図はシェイクスピアにはなかったのか?読み直すしかない。
QUENZE

QUENZEの感想・評価

2.5
シェイクスピアの戯曲の映画化。
「ヴェニスの商人」の商人て、金貸しのシャイロック(パチーノ)のことではなく、借りた側のアントニオ(ジェレミー・アイアンズ)のことらしいです。
シェイクスピアについては人並みの知識すら無い私。
ミシナ

ミシナの感想・評価

4.0
前知識あんまり無いまま鑑賞したのですが……理不尽〜自業自得じゃね〜????納得いかね〜〜〜〜って思ってしまいwiki読んでいろいろ考えさせられました。

「慈悲の心を見せろ」などとシャイロックに迫るポーシャですが…誰にも優しくされてこなかった〝ユダヤ人〟である彼がどうして迫害してきた異教徒に慈悲をかけられるのでしょうか。そして彼の訴えを翻し財産を没収し挙句に無理やり改宗。キリスト教徒の悪い面が物凄く出てると思いました。確かにイエスは慈悲や許しを説いてはいますが、誰も罪ある者を迫害し唾を吐きかけろなどと説いてないしそれこそキリスト教の本質たる「愛」から大きくかけ離れています。
確かに彼は少しやりすぎではあるけれど…それでもこんな事態になってもこの場にいる誰も、今までユダヤ人を迫害してきたという行いを恥じもしない事がビックリです。

優しさや慈悲というのはされた事のある者でなければ、中々かけられるものでは無いと個人的には思います。
隣人を愛せという教えを信じているのなら尚更、まず彼らが取るべき行動は迫害への謝罪と改悛だったのでは、と思います。

結局、物語は正義の主人公たちが勝利を勝ち取りハッピーエンド…なんて体裁だけれど、その影には確実に揉み消され泣き続ける敗北者がいる。いつでも勝った方が正義とは限らない。
この映画では長く続くユダヤ人の悲しみが強調されていて、少し皮肉ってるのかなぁとか思ってしまいました。
新田畳

新田畳の感想・評価

3.6
当時のユダヤ人に対する処遇の悪さがナチュラルに伝わってきた。そりゃ心臓を抉り取りたくもなる。

貴婦人ポーシャが男装して法学士に扮する目的はいまいち判然としなかったが、死んだ父親にさえ自由意志を奪われ常に"受動的"な立場に立たされてきたからこそ、他人を裁ける立場や男を屈服させる立場を欲するのも自然なことなのかもしれない。

みんないいキャラしてるんだけど、キリスト教徒は全体的にどのキャラもなんだか嘘っぽくて浅くて薄ぼんやりとした印象でその辺も興味深かった。烏合の衆という感じ。

ポーシャとシャイロックという二つの強烈なキャラクターに惹きつけられる映画。
an

anの感想・評価

3.4
アル・パチーノの存在感がすごい。
ただ、他のシーンがあまり印象に
残らない。
kono0928

kono0928の感想・評価

2.9
なんかかつて見てたのをふと思い出した。
シェイクスピアを原文で読むとかたいそれたことはできないのでこういうショートカットを使って話を把握しようという思惑があった。

このレビューはネタバレを含みます

財産をとられ、娘も戻ってこず、キリスト教へ改宗までさせられ…シャイロックの気持ちを考えると胸が痛い。
「リチャードを探して」を観て感化されたので鑑賞したけど、よくわからなかった。

アルパチーノの要所での迫力は凄みがあったんだけど…
原作知らないのもネックかもしれない。
>|