ダウト 〜あるカトリック学校で〜の作品情報・感想・評価

「ダウト 〜あるカトリック学校で〜」に投稿された感想・評価

腑に落ちない…けどそれが宗教なのかなのかな?
あまり好みで無い映画。
なが

ながの感想・評価

3.3
結局白黒はっきりしない終わり方だけど、逆にそれがよかった

ちょくちょく入る神父の説教が物語にいい味付けになっています
まゆ

まゆの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

なるほどこういう終わり方なのですね。電話すればよかったのに!と簡単に言ってしまいますがそれは当のご本人のあの涙の理由にも含まれるでしょうね。食事のシーンでの神父の最低な姿、また最後に神父が信者の方に挨拶をしてまわるシーンで、あの手を振り払った少年がニヤリと笑っているところも何かあったのではないかと匂わせるし…。聖書に花って…。悶々悩んでいるところにエイミーアダムスちゃんの「私は神父があんなことをしたとは思えません」との言葉でまた心が打ち砕かれたんだろうなあ。真実は闇の中でモヤモヤです。メリルストリープ、ハマリ役でしたね。
masato

masatoの感想・評価

3.6
話も上手でまわりからの評判もとても良い神父。
そんな彼に、男の子達に性的なイタズラをしている疑い(ダウト)が浮上する。

前職場の教会でも疑惑はあったものの、決定的な証拠も証言も出てこない。

果たして彼は黒なのか?
っていう作品なんですが、

見終わった後、ものすご〜くモヤモヤ。

観た人にタイトル通り、疑い(ダウト)を抱かせるのが監督の狙いだとしたら、うまくハメられております。
犬

犬の感想・評価

3.4


ニューヨークのブロンクスにあるカトリック系教会学校の校長シスター・アロイシスは、進歩的で生徒にも人気のあるフリン神父が学校で唯一の黒人生徒と不適切な関係を持っているのではないかと強い疑惑を抱く……

追及がスゴい

学校内でのお話
重厚な重たいドラマでした

宗教的な感じ
歌、雰囲気も良かった

俳優陣による迫真の演技が素晴らしい
メリル・ストリープ怖すぎです!
エイミー・アダムスの変化が良い

いろんなシスターがいた
imagoo

imagooの感想・評価

3.4
メリル・ストリープとホフマンははまり役だな

#Doubt
#JohnPatrickShanley
#MerylStreep
#PhilipSeymoreHoffman
#AmyAdams
#ViolaDavis
うわー!こんな終わり方なん😫
なんしか、メリルストリープとホフマンの演技が凄い
そして、ヴィオラデイヴィスも流石の演技やね!ヘルプを観てこの女優さんをちゃんと知ったんやけど、普段と役者の時が別人過ぎて凄い、、!!👏👏👏
盛り上がりはないんですけど、話に引き込まれる。。
俳優達の一つ一つの顔の表情がなんとも言えない迫力でした。
YellTao

YellTaoの感想・評価

3.5
人が真理を追究する時。

怖いーーー。
綺麗事ばかりで楽天主義の私にはホラーだ。
"あるカトリック学校"は人間社会の縮図で、身近な出来事として捉えるには充分。

1度目は主人公目線で観た部分が大きいけど、それ自体に"疑惑"を持って観る再鑑賞には大きな意味があった。「ドラゴンはお腹を空かせているな」神父のセリフ… なんて的確なんだ!
ああいうタイプ、いるよね〜。猫、風、羽毛、切れた電球や伸びた爪なんか、見せ方も巧いーー。

1人の正義感がもたらす影響、そして追及。
己の目で見ず聞いてないものに対して行動を起こす時、そこにどれだけ純粋なフィルターを通せたか。
私自身、戒めにもなる作品です。

このレビューはネタバレを含みます

○明確な答えが提示されないからこそ、三者三様(夫人を入れて四者か?)のやり方が際立つ。

○主要キャストの演技合戦はまさに見もの。
ss

ssの感想・評価

3.0
スポットライト見たからかもしれないですけど、神父に同情はできませんでした。

子供にしたら神父が良い人で行う事に間違いがないと思ってる。

神父をドナルドがどう思っていたか、
事実ならドナルドがこの先神父の過ちに気づいた時どう思うかを考えたら

真実がどうであれメリル・ストリープの立場なら最善の道だったと思う。
>|