トゥルーナイトの作品情報・感想・評価

「トゥルーナイト」に投稿された感想・評価

録画を

うーん
アーサー王年取りすぎじゃないですかね?
ショーンコネリーは渋くて好きだけど
王妃と親子ほども年が離れてみえると
ひひJJIに見えてしまうじゃないか
嫉妬に狂って怒鳴り散らすシーンとかもう
(T . T)

そしてランスロット!
リチャードギアは
とても円卓の騎士には見えないよ
吟遊詩人とかでしょ

いい俳優を使ってるのに
ミスキャストすぎて
ほんとにもったいなさすぎる、、、

同じキャストで
もっと素敵なストーリーが見たかったわ
どう考えてもミスキャストでしょ。ショーン・コネリーのキング、ジュリア・オーモンドのクィーンは譲っても、リチャード・ギアはない!彼をキャスティングし、「あ、いいんじやない」と承認した奴らに膝詰めで説教してやりたい。話もガタガタ。ラストシーン、やるせなくなるよ。別の意味で!マリオン・ジマー・ブラッドリーを読んで口直しだ!あ、コネリーの濃い口の前に、ギアは醤油どころか無味に近い。
v-v.

v-v.の感想・評価

1.4

このレビューはネタバレを含みます

アーサー王がただただ可哀想(T-T)姫があっちで良いこと、こっちで良いこと言って心がフラフラしてるのがムカつく!!ランスロットも忠誠誓っておいてそれはないわ┐('~`;)┌
ふみや

ふみやの感想・評価

3.1
ショーン・コネリーが渋い。
話はなかなか入りにくかったです、、。
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

2.5
アーサー王物語のグウィネヴィアとラーンスロットの恋を中心に描いた作品。題材とショーン・コネリーのアーサー王は好きだが、アーサー王とグウィネヴィアは父娘のように見えて、幼馴染という設定にかなり違和感を覚える。あまりリチャード・ギアが役に嵌っていないのも残念。ジェリー・ゴールド・スミスの音楽が良い。
jun

junの感想・評価

1.4
記録

ショーン・コネリー
一択!!
ただただショーン・コネリーが
可哀想なだけ。
忍

忍の感想・評価

-
垂涎、鼻血物の色々出そうな
乙女ゲーム的シチュエーション
ショーン コネリーとリチャードギアに挟まれる…
落ち着いて観られない
作品の中身を全然観られなかった…
リチャードギアはロマンスグレーが良く似合うのだと分かった
ヨーロッパ特にドイツは拍手の代わりに拳で机を叩くという知識を知ってしまった。
感想川柳「騎士ならば それは絶対 ダメでしょう」

TVでやってたので観てみました。φ(..)

 アーサー王と円卓の騎士たちによって治められていたイングランドの理想郷キャメロット。若く美しいレディ・グィネヴィアは、英雄アーサー王の妃となるためにキャメロットへやって来る途中、王の仇敵マラガント一派に襲われる。危機一髪の彼女を救ったのは、自由と冒険を求めて山河をさすらう若き剣士ランスロット。やがてキャメロットへ向かったランスロットは、王への忠誠を誓い円卓の騎士として迎えられるが…というお話。

ショーン・コネリーが出てるみたいなので観てみましたが、中世の騎士ものはやっぱり苦手だと再確認しました。(;・ω・)

アーサー王の物語はほとんど知らないのもありますけど、ランスロットってあんな感じなんですね…(;´д`)

あのSASUKEもどきのショボさは時代にも合ってない気がする。( ´△`)

ラストも普通あれで納得する奴はいないと思うけどな…(゜゜;)いくら王が望んだとしても、法を重んじる国なわけだしね。絶対それでまた揉めるはず。

んでまず(^_^)/~~

このレビューはネタバレを含みます

円卓カッコいい
アーサー王死ぬまで元気すぎるでしょどんだけ話して急にコロッといっちゃうん笑

ロン毛のリチャード・ギアもかっこよかったな普段あんまり剣使う役ないけど全然ありだな〜
見てて普通に楽しめた🤧
>|