クラッシュの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

クラッシュ2004年製作の映画)

Crash

上映日:2006年02月11日

製作国:

上映時間:112分

ジャンル:

3.8

「クラッシュ」に投稿された感想・評価

ぞら

ぞらの感想・評価

5.0
面白かったとかつまんなかったとかそういう次元じゃなく、
とにかく心に残るー・・・!

観終わった後も差別についてずっと考えてしまう様な、訴えかけるものが大きいと感じた

登場人物が生きてきた中でのそれぞれの価値観がめまぐるしくぶつかり、交わり、新たな価値観が生まれる
善悪を明確化させているわけではないからこそ、観た人が誰かに共感もできたり嫌悪できたり…

何か答えを出す映画ではないので、スッキリ好きにはおすすめしません(><)
イリエ

イリエの感想・評価

4.5

素晴らしい!! 「クラウドアトラス」と似た編集なんですが、より身近な事件を扱いつつ、より深くぶつかり、傷つけられます。
「街に出れば、誰かと体がぶつかったりする。でも心がぶつかることはない。みんな心を隠しているから」「ぶつかって何かを実感したいんだ」
じ-んと、体の芯に触れてくる一本になりました。
当時高校生だった私が初めて見た、差別の映画。もう内容もほぼ覚えていないけど、黒人が侮蔑される様子は映画であっても目の当たりにすると衝撃でした。

今見たらどんな感想をもつだろう?機会があれば見返してみようと思う。
ツツジ

ツツジの感想・評価

3.7
すさまじく人種差別。
そして良い人が報われない感のある映画。
展開が早くて2時間退屈しなかった。
カホ

カホの感想・評価

-
単純に"差別と偏見"だけでは言い表せない。登場人物一人一人の背景について知れば知るほど誰も悪者ではないと思いたくなる。
これは良作!
あまり日本人に馴染みのないタイプが多くを占めるが、全登場人物が何らかの性格を持ったひとつのアイデンティティとして関係が展開される。しかし記号的ではなく、心に迫るドラマがあり、、本当によく練られた脚本だと感心するばかりっす。
ゆい

ゆいの感想・評価

4.1
時代を感じるセリフが多い。ビルに突っ込むとか透明マントとか。
群像劇がお約束通り収束してきたと思ったところでグワンと振り回される。堪らなかった。
クワン

クワンの感想・評価

4.2
第78回アカデミー賞作品賞受賞。
79〜83回はレビュー済みなので、遡って記憶を辿りつつ。

この作品は良かったなぁ。8つの関連し合ったエピソードからなる群像劇として、心揺さぶるクライマックスへの加速感と完成度は随一。これはポールハギスの脚本の素晴らしさに尽きる。ロサンゼルスで生きている様々な人間の日常の中で、人種問題の根の深さ、偏見から訪れる恐怖、善悪割り切れない人間性の複雑さが見終わった後も心に残り続ける。マットディロンがリアルでいい。

この年は「ブロークバックマウンテン」と接っていたが(監督賞はアンリーで受賞)アカデミー会員の保守層が同性愛作品に乗り切らず、こちらに流れたという説があるが真実はわからない。

あーー、Blu-ray欲しいなぁー❗️
Amazonで3,080円、、こ、これならいけるか、、いや、もう一息下がってくれないかな 笑
なつ

なつの感想・評価

4.1
差別意識って、誰にでもあるものだと。
そういう前提で生きていかないと、きっと自分も無意識に誰かを傷つける。傷つけてきたに違いない。
それを恐れるのでなく、小さな善行を積むことで、少しでもプラマイ取っていきたい。
自覚と注意。よい映画には響かせてもらえる。
みっこ

みっこの感想・評価

3.6
肌の色だったり、骨格が違ったり。○○だから●●っていう固定観念って無くせないのかな?いろんな性格の人がいるのと何が違うんだろうな…
>|