正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官の作品情報・感想・評価

「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」に投稿された感想・評価

non

nonの感想・評価

-
密入国や不法就労者と言われ
真っ先に想像するのとは
また違ったひとたちがいて
その理由も環境もそれぞれ。
彼らを取り締まる捜査官ですら
以前は〝そっち側〟に
片足つっこんでたりした国
アメリカ

一握りの希望にかける人々の
執念にも似た思い、行動
でもテロの危険のある人物を
アメリカ人の雇用を
脅かすかもしれない
他国の人間を、
簡単に入れるわけにはいかない
そのせめぎあい

と同時に、ここからまた
憎しみが生まれてしまう矛盾



なんかこのタイトル
法廷ものみたいで
どうなんだろ?

大義、名分はもちろん
〝正義〟なんてものは
陳腐でしかない
と思わせられる
移民を受け入れることのリスク。経済をとるか治安をとるか、日本もこの議論が佳境なわけだが、この映画みたら答えは明らかでしょう。日本人がイメージするような華々しいグローバル大国アメリカってのはこの国のほんの一面でしかない。しかしこれなんで海外で酷評されてるんだ。日本からの米国のイメージをまんま掘り下げただけにみえたんだが、実際に住んでいる人間からしたら、話の流れが大げさか、そもそも事実関係が怪しいかのどちらかだな。個人的にはクラッシュの類で、話が一本の糸に収斂されていく雑な感じが楽しめたが。ハリソンもどハマリすぎてて転職したほうがいいんちゃうかと思った。
石村

石村の感想・評価

3.5
やっぱ移民ってクソなんやなって
どいつもこいつも自業自得感が強い
na

naの感想・評価

3.5
重かった、、、。アメリカ、全然自由の国じゃない、、。移民の気持ちがわかる部分もあればアメリカ側の気持ちがわかる部分もあるから難しい。
クラッシュのよう
それぞれ移民も取り締まる側も、もがき苦しんでるストーリーがリンクしながら進んでいく。重くてつらい😿
若いお母さんは十字架身につけて倒れてたし。神様はちゃんとみてくれてるの?😭
kay

kayの感想・評価

4.0
2018年77作品目.
アメリカの移民問題をテーマにした映画
nuts

nutsの感想・評価

4.0
アカデミー賞を見た後に観ると、何とも考え深い。

華やかなアメリカの世界の裏側を覗いてるみたい。

911以降だいぶ取り締まりも厳しくなったのか、何も高校生の女の子を強制帰還させなくても…って思ってしまうけど、見逃して脅威になるかも?なんて疑ってしまわないといけないICEやFBIの仕事なんて、ストレスでどうにかなってしまいそう😅💦

日本ではあまり考えられない内容と、見応えがあって私は好きな作品でした。


2018-29
tom

tomの感想・評価

3.5
イラン人、オーストラリア人、メキシコ人、韓国人らがアメリカ人人になろうと奔走する話。正しい手続きをしないと大変だし運も必要。
Osudake

Osudakeの感想・評価

3.5
移民問題。
メキシコ人や、イラン人、韓国人が、苦労しているイメージは漠然とあったけど、オーストラリア人が苦労している印象はなかったなあ。
英語圏の白人だからか。
ジョンレノンのイマジンを思い出しました。
国境なんてものがあるために起こる不幸の連鎖。
人種や宗教に対する偏見。
一生懸命生きてるものが報われない社会。
取り締まることが正義なのか?
色々考えさせられる映画でした。
>|