正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官の作品情報・感想・評価

「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」に投稿された感想・評価

kentaro

kentaroの感想・評価

-
現在の(といっても、もう8年も前の映画だが。)アメリカの問題/傷がシンプルに可視化されている。
・・・と言うのはあまりにも簡単か
めあり

めありの感想・評価

2.9
移民だとか人種差別などの問題に日本にいる限りあまり直面することはない。
だが、実際に世界のどこかでは起こっていることだと思うとなんともいえない気持ちになる。
タジ

タジの感想・評価

3.9
とても考えさせられる映画でした🕵️ハリソン・フォード主演『正義のゆくえI.C.E.特別捜査官』を見ました‼️移民大国アメリカの9.11以降のテロに対する取締りの厳しさ、移民してきた人達の平和を掴むためにアメリカに帰化する事の難しさを伝えているメッセージ性の強い映画でした🤔

「安定した身分がなければ成功できない」…グリーンカードというアメリカに永住できる権利の価値の大きさ、またアメリカ国民でないと、何も権利がない不公平で不平等な扱いを受ける厳しさが今のアメリカの現実なのかもしれないですね🤔

メキシコから不法入国する事の厳しさ、オーストラリアからアメリカでの成功を夢見て来たが不法移民扱いの現実、真面目に生活している人もイスラム系移民・アラブ系移民というだけでテロを起こす反乱予備軍と見られ、強制退去させようとするFBI、移民局に働いている人の差別的な交換条件による不正、体を売って不正にグリーンカードを手に入れようとする事など移民問題は様々な問題を抱えていることがわかりました💫テロを起こした理由は、その立場に立って考えないとわからないことはよくわかります、間違っている事を起こしている事は伝えたいですね😥
ハリソン・フォードの移民の人達に対する静かな演技が印象的でした🌟他の警官に荒っぽいことをさせず、同じ人間として守ろうとする行動にもっと平和な世の中になってほしいと願うばかりでした😄LOVE&PEACE💖日々の幸せに感謝‼️
初)中々の秀作。オスカー「クラッシュ」を感じさせる重い内容…日本人なので描かれている移民問題の悲惨さ難しさは良く分からないが、心に残る作品。人間に生まれてくるよりもアメリカ人になることの方が難しい事なのかと考えさせられる秀逸な群像劇。Rリオッタは相変わらず汚れ役だし、今作のAジャッドは出しゃばってなくて良いし、Hフォードもちょうど年頃の役ではまってたし観て損ないと思います。邦題はセンスないけど…
改めて移民問題について考えさせられました。
印象的だったのはイスラム教徒の女の子のエピソード。日本人の私からしたら女の子に対するFBIの対応は大袈裟に思えましたが、イスラム過激派によるテロが頻発している欧米諸国からしてみたら不安の芽は摘んでおく当然の対応だったのかもしれない。
憎しみの連鎖は簡単には止まらないですね。

あと、邦題はこれで良かったのか?と軽く疑問に思ってます。
観たと思ってたら観てなかったパターンの映画。グリーンカードを巡った話し。
chisa

chisaの感想・評価

3.9
評価が低いけど
9.11事件が起こっていらい
真面目に生きてるアラブ系移民への差別が凄まじい。その事だけ切り取っても考えさせられる。移民取締局のハリソンフォードだけじゃなく、色々織り交ぜながら観れました
2001.9.11以降🇺🇸 カリフォルニア州ロスアンゼルス

移民税関捜査局の留置所には不法滞在者で一杯になっている署内。捜査官の一人ハリソンフォードさんか主人公。

移民で検挙した女性に同情して眼をつぶったのだか、後日その女性が国境付近で死体で見つかる。

一方女優を目指しロスにきたのだが永住権がもらえない現実。夢を追う為、移民局で働く男に体を委ねるが、体の目的だけな事が解る。

状況の違いのケースに分けた、移民の苦悩を描く群像劇。
人種多様のアメリカの現状を移民の視点から描く。

76点。 初めて知った移民の現状。全く考えた事の無い世界で日本はやっぱり良いと思ってしまう。
☆☆☆★★

2009年9月29日 TOHOシネマズ/シャンテシネ1

このレビューはネタバレを含みます

移民の当事者、そして移民を取り締まる者
インサイド、アウトサイド、様々な人種と
多方面から描いた作品✧

自分がどれだけ偏った見方しか出来ていないか
自分がどれだけ無知という偏見を持っているか
改めて感じざるを得なかった。

タズリマの強く訴えかける言葉に
胸がズキズキうずいた。

移民の問題ではなく
命ある人の家族ある人の人生の問題。

トランプ大統領になったアメリカは
今後どういう方向に進むのだろうか。
>|