クラッシュの作品情報・感想・評価

「クラッシュ」に投稿された感想・評価

どどどどどうしよう!
「これは好きだー!!」という映画に巡り会ってしまった!

クリスマス間近のLAを舞台にした群像劇。

テーマは人種差別。一つのcar crash(交通事故)を起点に前後の丸一日を描く。接点のない多様な人種の7組のキャラクターが互いにcrashする(ぶつかる、触れ合う)事で、それぞれの物語に変化が現れる。

一見無関係に思われる人々が相互に影響を与え合い、思いもしない方向へ物語は展開する。素晴らしい脚本力!
それぞれの物語が同時進行で交差していく様は見事。

この映画はcar crashで始まり、中盤に大きなcar crashが起き、最後にcar crashで幕を閉じる。その構成がまた緻密で美しい!

キャストも豪華!それぞれが確かな演技力でキャラクターにリアリティを与えている。

特に印象に残るのは、中盤のcar crashとマイケル・ペーニャ(大好き!)演じるキャラクターによる「透明マント」のエピソード。この二つは泣ける!

この映画の面白い所は一見悪い奴等が、ふとしたきっかけで善い人になったり、逆に善人に見えていた人達がひょんな事で悪へと転じてしまう事。

特徴的なのは、マット・ディロン演じる差別主義的なセクハラ警官と彼を嫌悪するライアン・フィリップ(久し振り!)演じる正義感の強い後輩警官。彼等の印象が物語の初めと終わりで全く逆転するあたりがこの映画の真骨頂。

無造作に配置された白と黒のオセロが、互いにぶつかり合うと反転する様な印象を覚えた。

結局白人でも黒人でもヒスパニックでもメキシコ系でもアジア人でも「根っからの善人もいなければ、根っからの悪人もいない」という事。◯◯人だから悪いなんて事は絶対になくて、僕等は互いにぶつかり、触れ合う事で良くも悪くも影響を与え合いながら生きているんだと気付く。

朝のラッシュに揉まれながら、今日1日ぶつかる誰かに、出来れば良い影響を与えられる様な人になりたいな、と素直に思わせてくれる映画。

きっとこの映画にハマる人もいればハマらない人もいる。
それでも僕は大好きな映画だと大声で言いたい。
きっとそれでいい。
それが多様性なのだから。
群像劇です。人種差別ってゆうか、白人だから黒人だからみたいな人種の偏見の話だと思います。それはともかく、アメリカは みんなが銃を持っていて治安が悪い!それでもみんな がんばって生きている みたいな話だと思う。
公開当初から観たいと思っててやっと今観ましたがもっと早く観ておきたかったな〜。

思い込みと感情的になることの無駄さ。
他人だけでなく自分自身を蔑むことになる。

大人にも子供にも観て欲しい一本。

ジャケットの一枚、そこにはなんとも深い意味合いが込められていたとは。。
kinya

kinyaの感想・評価

4.5
文句なしの一本。
すごく良くてすごくいい。
JT

JTの感想・評価

3.3
2019年10本目: 原題 『CRASH』

うーんなんか違う
色々なテーマに手を出し過ぎて全体的に薄っぺらいし、映像の写し方だったりがなんかあざといと言うか
乱暴な言い方をすると芸術ぶった作品と感じました
印象に残ったシーンもちらほらありましたがあまり入り込めなかったです

アカデミーの基準ってわからないものですね〜
きほ

きほの感想・評価

2.5
現実問題としてあるから、物語が綺麗に完結しないのかな。
人種差別、銃の問題、人身売買の問題とか、伝えたい事が盛り込まれ過ぎてるかなぁ…と、あまり入り込めず。

ただ、娘のために優しい嘘で安心させるシーンがすごくグッときて、そんな嘘をつかなくとも当たり前に平和に暮らせる場所になったら良いのに、って思った。
なんか薄っぺらいな
misaki

misakiの感想・評価

4.1
まさか、まさかという感じ。苦しさと温かさが混ざっています。
YUKI

YUKIの感想・評価

4.0
最近名作続きで嬉しい
ジャケットのシーンは良すぎてシビれる
>|