クラッシュの作品情報・感想・評価

「クラッシュ」に投稿された感想・評価

どどどどどうしよう!
「これは好きだー!!」という映画に巡り会ってしまった!

クリスマス間近のLAを舞台にした群像劇。

テーマは人種差別。一つのcar crash(交通事故)を起点に前後の丸一日を描く。接点のない多様な人種の7組のキャラクターが互いにcrashする(ぶつかる、触れ合う)事で、それぞれの物語に変化が現れる。

一見無関係に思われる人々が相互に影響を与え合い、思いもしない方向へ物語は展開する。素晴らしい脚本力!
それぞれの物語が同時進行で交差していく様は見事。

この映画はcar crashで始まり、中盤に大きなcar crashが起き、最後にcar crashで幕を閉じる。その構成がまた緻密で美しい!

キャストも豪華!それぞれが確かな演技力でキャラクターにリアリティを与えている。

特に印象に残るのは、中盤のcar crashとマイケル・ペーニャ(大好き!)演じるキャラクターによる「透明マント」のエピソード。この二つは泣ける!

この映画の面白い所は一見悪い奴等が、ふとしたきっかけで善い人になったり、逆に善人に見えていた人達がひょんな事で悪へと転じてしまう事。

特徴的なのは、マット・ディロン演じる差別主義的なセクハラ警官と彼を嫌悪するライアン・フィリップ(久し振り!)演じる正義感の強い後輩警官。彼等の印象が物語の初めと終わりで全く逆転するあたりがこの映画の真骨頂。

無造作に配置された白と黒のオセロが、互いにぶつかり合うと反転する様な印象を覚えた。

結局白人でも黒人でもヒスパニックでもメキシコ系でもアジア人でも「根っからの善人もいなければ、根っからの悪人もいない」という事。◯◯人だから悪いなんて事は絶対になくて、僕等は互いにぶつかり、触れ合う事で良くも悪くも影響を与え合いながら生きているんだと気付く。

朝のラッシュに揉まれながら、今日1日ぶつかる誰かに、出来れば良い影響を与えられる様な人になりたいな、と素直に思わせてくれる映画。

きっとこの映画にハマる人もいればハマらない人もいる。
それでも僕は大好きな映画だと大声で言いたい。
きっとそれでいい。
それが多様性なのだから。
e

eの感想・評価

4.2
多種多様な人種が交わるLA
差別や偏見から生じるトラブルなんて
日常茶飯事
いつもどこかで誰かと誰かが衝突してる
どっちが先にやったのか?
誰が一番悪かった?
この社会で答えを見つけるのは容易ではない
全ては無限に繋がっていて
その根深さは計り知れない

作品のテーマからしてまず
心をえぐってくるような内容
色んな人が色んな場所で関わり合って
繰り広げられる1日の出来事を
描いてるのだけど
登場人物や場面の切り替わりは多いものの
オムニバスのようでいて
全て繋がっているという
ストーリー構成がお見事
作り手の言わんとする事も
分かりやすく
ストレートに伝わってくる
ただただ 深い

あちこちで勃発する問題の結末
そのどれもが心を揺さぶるものでした
何度泣かされたことか...

具体的にはうまく言えない
これは観て感じるしかない
とにかく胸に刺さる作品でした.
みゃー

みゃーの感想・評価

4.2
自分の知っていることの狭さを一気に思い知らされました。
そして積み重なった負の感情は更なる負を呼び起こしているし、良い行いは良い方向に連鎖する。
しおり

しおりの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

いくつものストーリーが絡み合う様が面白い。
辛く苦しい場面が多かった。
重いものが心に残る。
事は単純ではない。
ましてや単一民族国家の日本人には理解し難い。
けれども国や立場、人種を少しでも越えられたらそこに光はある。
暴力的な場面や、悲惨な結果が描かれるけどなんでだか気持ちが温かくなる。
SG8

SG8の感想・評価

4.1
すごいものを見た...
ちょろ

ちょろの感想・評価

2.5
アメリカに根深く残る人種差別問題。
人が変わり、世代が変わり、時代が変わっても、拭い切ることが難しい差別。
それを根底にした人間同士の生々しい衝突。

それぞれに問題を抱えて暮らしている。
自分と全く同じ人なんていないから、自分とは違うだれかと関わって生きる。
分かり合うことは大変に難しい。

それでも、人を愛し、愛され、ぶつかり、ぶつけられる。
そうやってでしか前には進めないんだと感じた。
akrutm

akrutmの感想・評価

4.5
誰でも差別する側にも差別される側にもなりうることや、個人間の相互理解や精神的なつながりは差別感情を超えられることを、様々なエピソードを散りばめて印象的に示してくれる、心に残る映画です。さまざまな人種の人たちが出てきますが、アジア人の描き方には少し考えさせられてしまいます。
>|