クラッシュの作品情報・感想・評価・動画配信

クラッシュ2004年製作の映画)

Crash

上映日:2006年02月11日

製作国:

上映時間:112分

ジャンル:

3.8

「クラッシュ」に投稿された感想・評価

どどどどどうしよう!
「これは好きだー!!」という映画に巡り会ってしまった!

クリスマス間近のLAを舞台にした群像劇。

テーマは人種差別。一つのcar crash(交通事故)を起点に前後の丸一日を描く。接点のない多様な人種の7組のキャラクターが互いにcrashする(ぶつかる、触れ合う)事で、それぞれの物語に変化が現れる。

一見無関係に思われる人々が相互に影響を与え合い、思いもしない方向へ物語は展開する。素晴らしい脚本力!
それぞれの物語が同時進行で交差していく様は見事。

この映画はcar crashで始まり、中盤に大きなcar crashが起き、最後にcar crashで幕を閉じる。その構成がまた緻密で美しい!

キャストも豪華!それぞれが確かな演技力でキャラクターにリアリティを与えている。

特に印象に残るのは、中盤のcar crashとマイケル・ペーニャ(大好き!)演じるキャラクターによる「透明マント」のエピソード。この二つは泣ける!

この映画の面白い所は一見悪い奴等が、ふとしたきっかけで善い人になったり、逆に善人に見えていた人達がひょんな事で悪へと転じてしまう事。

特徴的なのは、マット・ディロン演じる差別主義的なセクハラ警官と彼を嫌悪するライアン・フィリップ(久し振り!)演じる正義感の強い後輩警官。彼等の印象が物語の初めと終わりで全く逆転するあたりがこの映画の真骨頂。

無造作に配置された白と黒のオセロが、互いにぶつかり合うと反転する様な印象を覚えた。

結局白人でも黒人でもヒスパニックでもメキシコ系でもアジア人でも「根っからの善人もいなければ、根っからの悪人もいない」という事。◯◯人だから悪いなんて事は絶対になくて、僕等は互いにぶつかり、触れ合う事で良くも悪くも影響を与え合いながら生きているんだと気付く。

朝のラッシュに揉まれながら、今日1日ぶつかる誰かに、出来れば良い影響を与えられる様な人になりたいな、と素直に思わせてくれる映画。

きっとこの映画にハマる人もいればハマらない人もいる。
それでも僕は大好きな映画だと大声で言いたい。
きっとそれでいい。
それが多様性なのだから。
カホ

カホの感想・評価

-
単純に"差別と偏見"だけでは言い表せない。登場人物一人一人の背景について知れば知るほど誰も悪者ではないと思いたくなる。
これは良作!
あまり日本人に馴染みのないタイプが多くを占めるが、全登場人物が何らかの性格を持ったひとつのアイデンティティとして関係が展開される。しかし記号的ではなく、心に迫るドラマがあり、、本当によく練られた脚本だと感心するばかりっす。
ゆい

ゆいの感想・評価

4.1
時代を感じるセリフが多い。ビルに突っ込むとか透明マントとか。
群像劇がお約束通り収束してきたと思ったところでグワンと振り回される。堪らなかった。
めーぢ

めーぢの感想・評価

3.0
人種差別を完全に理解しきれないのが島国DNA。
Mamiiiii

Mamiiiiiの感想・評価

4.0
偏見や差別、絶望、葛藤そして希望

このレビューはネタバレを含みます

偏見と差別



ぶつからないと理解できない

救いのある終わり方もあれば、
救いのない終わり方もある

新人警官は善人でいようとしながら
差別はしなくても
どうしようもなく根底に偏見があったのかも

ペルシャ系のお姉さん👍
ぶつかりあって僕達は解りあっていく。 人種差別と偏見の話。
>|