クラッシュの作品情報・感想・評価

「クラッシュ」に投稿された感想・評価

どどどどどうしよう!
「これは好きだー!!」という映画に巡り会ってしまった!

クリスマス間近のLAを舞台にした群像劇。

テーマは人種差別。一つのcar crash(交通事故)を起点に前後の丸一日を描く。接点のない多様な人種の7組のキャラクターが互いにcrashする(ぶつかる、触れ合う)事で、それぞれの物語に変化が現れる。

一見無関係に思われる人々が相互に影響を与え合い、思いもしない方向へ物語は展開する。素晴らしい脚本力!
それぞれの物語が同時進行で交差していく様は見事。

この映画はcar crashで始まり、中盤に大きなcar crashが起き、最後にcar crashで幕を閉じる。その構成がまた緻密で美しい!

キャストも豪華!それぞれが確かな演技力でキャラクターにリアリティを与えている。

特に印象に残るのは、中盤のcar crashとマイケル・ペーニャ(大好き!)演じるキャラクターによる「透明マント」のエピソード。この二つは泣ける!

この映画の面白い所は一見悪い奴等が、ふとしたきっかけで善い人になったり、逆に善人に見えていた人達がひょんな事で悪へと転じてしまう事。

特徴的なのは、マット・ディロン演じる差別主義的なセクハラ警官と彼を嫌悪するライアン・フィリップ(久し振り!)演じる正義感の強い後輩警官。彼等の印象が物語の初めと終わりで全く逆転するあたりがこの映画の真骨頂。

無造作に配置された白と黒のオセロが、互いにぶつかり合うと反転する様な印象を覚えた。

結局白人でも黒人でもヒスパニックでもメキシコ系でもアジア人でも「根っからの善人もいなければ、根っからの悪人もいない」という事。◯◯人だから悪いなんて事は絶対になくて、僕等は互いにぶつかり、触れ合う事で良くも悪くも影響を与え合いながら生きているんだと気付く。

朝のラッシュに揉まれながら、今日1日ぶつかる誰かに、出来れば良い影響を与えられる様な人になりたいな、と素直に思わせてくれる映画。

きっとこの映画にハマる人もいればハマらない人もいる。
それでも僕は大好きな映画だと大声で言いたい。
きっとそれでいい。
それが多様性なのだから。
buenavista

buenavistaの感想・評価

3.5
なんとも何だか
少なくとも救われない話だなぁ

ただマットディロンがダメなんです❤
タカ

タカの感想・評価

3.6
記録(過去分)
最初は別々の人生を歩む人達が事件を通して重なりあって行く、僕の大好きな群像劇の脚本。
『ラブアクチュアリー』『428〜封鎖された渋谷で〜』が好きな人は必見。
人種差別、テロをテーマにした映画は日本人にはハマらない傾向が有りますが、これは個人的に凄く刺さる作品でした。
冒頭の「ロスじゃ触れ合うのは無理 人々はたいてい車の中にいる でも触れ合いたいのさ ぶつかり合って何かを実感したいんだ」これはもっと有名になるべき名台詞。

パパと娘の天使のマントのシーンも涙腺緩みます。
大木茂

大木茂の感想・評価

3.3
誰も幸せにならない群像劇
クリスマス付近
アメリカという名のグランドホテル方式
これは「ヘイトアクチュアリー」

メキシコ系
アフリカ系
中国系
アラブ→ペルシャ人
イラク?イラン?(この認識の低さがまさにこの映画にぴったり)サダムというイラク人
人種差別のオンパレード
911、銃社会、犯罪都市などエッセンスたっぷりと用意されてたり
意外性が随所にあるから観てて飽きなかったな
あと皮肉な展開が多くて脚本がよく出来てるなぁと感心
繋がっていく様はホント年末の映画らしい笑
昔見た事があったけど「告発のとき」を見て
同じポール・ハギス監督作品と知って再視聴。
でも、ほぼ記憶に無かったので初見に近い形で見れた。
これといった主人公は定めていなくて
複数のキャラクターの話がそれぞれ展開していく中で
中盤、終盤にかけて複数の話が繋がっていく系の映画。
人種差別がテーマになっていて、移民・多民族国家であるアメリカが舞台って事もあって色々と考えさせられる。
最近、差別をテーマにした映画を見続けているので余計に。
そして感動させられる。
2度、最高潮の盛り上がりを見せる。
やっぱり脚本が上手い。
iio6o6

iio6o6の感想・評価

2.5
ボチボチ
このシナリオは良く出来てる。
隅々まで観込んで欲しい
だん

だんの感想・評価

4.0
すごい版マグノリア(あほ)
ポールハギスやるねえ。最後はしっかり締めてくる。みんな実力者揃いの中で特にマットディロンが良い役演じてる。なんか幸せになる不思議な映画。
>|