太陽がいっぱいの作品情報・感想・評価・動画配信

『太陽がいっぱい』に投稿された感想・評価

母方の叔母さんとサイホンで入れたコーヒー☕️飲みながら、火燵に入って初めて見た淀川長治の月曜ロードショー。
靴下🧦履かずにローファー履いてたアランドロンが、かっこよくて真似して学校行ったら足が臭かったのを思い出した。
最後の大どんでん返しは、びっくり‼️。
見たことない人は、一度は見てください。
さよなら、さよなら、👋。
犬歯

犬歯の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

淡々と計画を進めていく様子が良かった
服もシーンもタイトル回収もオシャレ
途中眠くなったけど……
サイン練習するシーン、フレディ殺害の直前、部屋の痕跡を作るシーン、最後のシーンが好きだった
まぶたヒクつかせるのすご、、
no

noの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

評価が高いのが驚き
引くほど退屈だった
臭い演技に説明不足なセリフ、"監督だけが理解しているもの"を端折りすぎてる気がする
市場のシーンも、海で人生が変わった自分やフィリップの暗喩だか知らないけど、効果的じゃないいらないシーンが多いし、間の取り方が下手
久しぶりに駄作を見た

このレビューはネタバレを含みます

藤原しおりさんのオススメ映画として紹介されたので、
結構前に、見たんですよね。

すっーーーーーーごく良かった。
シビれたね。それは。古い名作ですね!
1999年の『リプリー』はもう随分前に観ましたが、これは今回が初めて。

ワイならイタリアと犯罪人引渡し条約を締結していない国へ国外逃亡したと思います。
怪しまれないうちに脱出さえしてしまえば、その後にバレたとしても逃げ切りでしょ。

トムは金だけじゃなくてマルジュにも執着があったのかな。そうだとすればそこはダメ。相手があることなので、何をされるかわかりません。不確実性無限大。

本人は頭が切れるつもりなんでしょう。逃げることよりも、疑いをかけられない/疑いを他の人に逸らすことを優先しました。
自信過剰は良くないです。ややこしいことをするより、シンプルに優先事項を考えるべきだったと思います。
でも、そういうことだと映画的には面白くないですね。失礼しました。

あの現場4階だったんですね。1階まで降ろすのが凄く大変そうでした。相手は完全に脱力してますからね。
アルゼンチン・バックブリーカーみたいに担げばいいのに とか思いました。
AKIRA

AKIRAの感想・評価

-
アランドロンかっけぇ。
たしかに、フィリップみたいな見下してる感が伝わってくる人ってムカつくし今も昔も割といるもんなんだな。
リプリーの登場シーンの
服装とゴールドのネックレスが、
「君の名前で僕を呼んで」の
アーミーハマーと同じだった。
シル

シルの感想・評価

5.0
最後の結末当ててしまったが面白い映画でした。円満な嘘をつこうとしているのが逆効果だったのが残念
小松

小松の感想・評価

4.0
アランドロンがかっこよすぎる

リネンのシャツにビットモカシンに柔らかそうな仕立てのジャケットで、まさに想像しているクラシックなイタリアという装いが良かった
餃子

餃子の感想・評価

4.2
アランドロン演じる、卑屈な美青年トムリプリー。市場をぼーっと歩くシーン、チキンを食べるシーン、船上のシーンが印象的。
>|

あなたにおすすめの記事