単騎、千里を走る。の作品情報・感想・評価

単騎、千里を走る。2005年製作の映画)

千里走単騎

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.4

「単騎、千里を走る。」に投稿された感想・評価

中国語方言と日本語とが混ざって聞こえてくる不思議な映画。異国の地でとまどう健さんの姿が新鮮でした。男の子の笑顔がふと見たくなって、また借りてしまう(笑)
淡々と静かな作品で、ドキュメンタリーっぽい感じがする。

通訳する場面がまどろっこしいけど、言葉の通じない場所での孤独と無力さを強調してるんだろうな。

健さんと子供との交流が好き。でもあの場面を撮影するのはダメでしょう。
bakuro

bakuroの感想・評価

3.5
父と息子のドラマという点ではいまいち。おじさんが不慣れな外国の地で、あっちこっち振り回される珍道中としてはなかなか楽しい。
サリー

サリーの感想・評価

3.4
見ているものや感情を 背中だけで毎回違ってみえるのは、高倉 健さんだからだと思います。海を眺める健さん、格好いいです。こんなにも健さんだけを観れるのはうれしいですね。
何度となく鑑賞している作品の1つ。

父と息子の確執を描いた物語にめっぽう弱い…
何度もこのサイトで書いてきた。
本作品も例外ではない。

チャン・イーモウが健さんを撮ったということが、当時の私には衝撃的だった。
北京の映画祭で初めて顔を合わせ15年後に成就したとのこと。
しかしチャン・イーモウ監督の作品の中で「初恋のきた道」は群を抜いて素晴らしいと称賛していた健さんであったが、「HIRO」で重要な役どころのオファーは受けなかったらしい(後にそれを後悔している)。

そういった経緯や当時の健さん精神状態また撮影環境もあってか、本作品に映し出される健さんはそれまでの作品とは明らかに何かが違う。
あの高倉健が高倉健というオーラを消し去り、他の素人出演者たちに同化しているように感じる。
私には肩の力が抜けた超自然体に近い健さんに見える。

確か私以外にも父と息子モノに弱いフォロワーさんが何人かいらっしゃったはず。
もうすぐ命日は終わってしまいますが、是非未見の方にご覧になって頂きたい。
40~60代の男性にはゴリ押ししときます(笑)
一般評価はそれほどのようですが、私個人的には文句なしにこの評価です☆彡
淡々としたドラマだが中国作品でも変わらない演技を見せる高倉健さんがより新鮮にも見えた
中国と日本の合作映画。チャン・イーモウ監督、(日本パート)降旗監督。 

チャン・イーモウ監督作品は、小品含めて『紅いコーリャン』以降、大半を観ている。
この『単騎、千里を走る。』は、『HERO』や『LOVERS』の直後に撮られた作品であるが、『あの子を探して』あたりまで遡った感覚で、主演男優は高倉健を見据えながら作られた映画である。この主演は、高倉健しか出来ない。 

この映画タイトルは“関羽の芝居”のことであるが、長年会っていない息子に会うため漁村から東京に出る健さんであるが、息子から面会拒否される。 
息子の仕事(中国での仮面踊り取材)のビデオを見て中国行きを決める。 

中国で『単騎~』を踊れる李加民さんを訪ねると刑務所の中。 
苦労して刑務所に行ってみると、李さんは「会ったことない息子に会いたい」と踊れない。 
今度は、中国の田舎町へ李さんの息子探し。その息子と出会うが、この村をあげての大人数による食事場面は迫力あり。 

この息子も、田舎っぽい少年で、「チャン・イーモウ監督は、『あの子を探して』・『初恋のきた道』・『至福のとき』等々でも同様だが、子役を見つけるのが上手い」と思う。

中国の壮大なる風景と相俟って、高倉健とその息子、李さんとその息子の関係を並行して描きながら、父子の関係を綴った佳作といえるだろう。
CCC

CCCの感想・評価

3.5
チャン・イーモウも健さんも好き。
寺島しのぶにいらいらするのは何故だろう。
水曜日

水曜日の感想・評価

3.5
チャン・イーモウ監督は、リチャード・カーティス監督と似ていると思った。中国と英国の「心にある国」を見せる事に長けているのだ。
中国の人もイギリスの人も、その郷愁に2時間だけ身を置く、ちょっとだけ自分と周りを郷愁に同化させながら。
この映画の最高の触媒は高倉健さん…押しもなく引きもなく全体像の中で存在感の示し方を知っている。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.5
2015/5/17鑑賞(鑑賞メーターより転載)
チャン・イーモウと、彼がかねてから憧れていたという健さんとの夢のタッグ。息子のために中国の奥地へ単身渡って何とか一人の男に会おうとするという、演技のある映画というよりも「実際に健さんがそう欲している」と思わせるようなドキュメンタリータッチな作品。旅先で言葉にも文化にも壁がある中で孤立無援に思える心境なんか、旅好きとしては本当によくわかる。不器用でも何でもなく、背中でなくてケータイで語りまくる健さんにはちょっと驚いたが(笑)、彼のその必死な行動が日中の親子の心を氷解させるという、心温まる一本。
>|