健さんの作品情報・感想・評価

健さん2016年製作の映画)

上映日:2016年08月20日

製作国:

上映時間:95分

3.7

あらすじ

2014 年 11 月 10 日、日本映画のひとつの時代が幕を下ろした。“最後の映画スター”高倉健、逝く――1960 年代の プログラム・ピクチャー全盛期に任侠映画のブームを牽引し、映画館に詰めかけた観客を熱狂させ、主題歌を合唱さ せ、時には男泣きさせた。スクリーンから発せられる圧倒的な存在感にふれた観客は親しみと敬意を込めて、こう呼 びかけた――「健さん!」。しかし我々は“健さん”…

2014 年 11 月 10 日、日本映画のひとつの時代が幕を下ろした。“最後の映画スター”高倉健、逝く――1960 年代の プログラム・ピクチャー全盛期に任侠映画のブームを牽引し、映画館に詰めかけた観客を熱狂させ、主題歌を合唱さ せ、時には男泣きさせた。スクリーンから発せられる圧倒的な存在感にふれた観客は親しみと敬意を込めて、こう呼 びかけた――「健さん!」。しかし我々は“健さん”を本当に知っているのだろうか? 生前に限られたインタビュ ーしか受けなかったこの不世出のスターの素顔は、わずかな情報の中でしか明らかにされていない。彼は何を考え、 どう行動し、何を成し遂げてきたのか? 『健さん』はそんな疑問への答えを提示した初のドキュメンタリー映画で ある。  監督はニューヨークを拠点とし、写真家としても活躍する日比遊一。 マイケル・ダグラス、ジョン・ウーといった海外の名優、名匠のインタ ビューからは、映画、そして日本の美学を紐解き、日本映画の黄金期を 彩り、今日もなお活躍し続けるクリエイター陣の証言からは、高倉健の 輝かしいキャリアとともに、古き良き日本映画の歴史をも辿っていく。 「漫然と生きる男ではなく、一生懸命な男を演じたい」「どんなに大声 を出しても、伝わらないものは伝わらない。むしろ言葉が少ないから伝 わるものもある」― 高倉健の人生哲学は、今もなお、我々の心を熱く させてやまない。さあ、逢いに行きましょう、日本の男に。

「健さん」に投稿された感想・評価

僕はいわゆる皆さんが熱狂した「高倉健」を知りません。そもそもブサッとかグサッとか斬られる任侠映画が観てて痛くて苦手なんです
そんな僕が好きな健さんが出てる映画といえば、「新幹線大爆破」「君よ憤怒の河を渡れ」「駅-STATION-」みたいな映画だったりします。いわゆる健さんがカタギになり始めた時代でしょうか

でも、健さんはこのドキュメンタリーが語る様にいつでも社会からはみ出した人だったし、いつも弱者の目線に高さを合わせてくれる役でした。
そして、あの眼差しには参ってしまいます。優しくもあり、怖くもあり、寂しくもある、あの眼差し

このドキュメンタリーの中でもスコセッシやジョンウーや山田洋次監督の様な有名な人も語れば、市井の人も語ってくださる
でも、その中に生きている健さんにブレがない事が何よりもスゴイなぁと思いました
スーパースターなのに、分け隔てなく自分の信念を貫き通した人間としての魅力がスゴイなぁと思いました

最後はやっぱり心意気なのかもしれません
その一瞬に思い切り生きれてこその人生かなと
とても人間臭いスーパースターにそう感じてしまいました
ぱぐ

ぱぐの感想・評価

4.0
健さんの旅の途中でのラジオの音声が流れる。
それだけで涙が出てきた。
日本の男が今だからこそ持つべきものを少なく、しかし確かに心に持ち合わせていたお方。
NAOKI

NAOKIの感想・評価

3.8
たけし軍団…
そのまんまとかガタルカナルとかテレビのスーパージョッキーのガンバルマンのコーナーで体張ってやっと売れ始めた頃…軍団だけでお好み焼きだかもんじゃ焼きだかを皆で食べてた。

「あれ…高倉健じゃね?」
その店の隅で男二人で食事をしている健さんに軍団の誰かが気がついたのだ。
「うわぁ!ほんとだ!高倉健だぁ」
挨拶しようにもまだ駆け出しの頃である…声をかけても逆に迷惑だろうと皆は静かに食事を続けていた。

その軍団のもとへ高級食材がどんどん運ばれてくる。
「え?あのー頼んでないんですけど…」すると店員が
「あちらの高倉様から…」
「え?!」
さっきのテーブルを見ると高倉健が「気をつけ」の姿でこちらを向いて立っている。
「え~?」軍団も健さんの方を向いてあわてて全員立ち上がる。
健さんはあのすばやい45度会釈をすると…
「いつも観てます!頑張ってください!」
軍団は鉄板でジューって額が焼けるんじゃないかと思うくらい深々と頭を下げた😁💦

健さんの伝説やら色んな話を集めたことがあって…この話は健さんが実はお笑い好きだったことを表すエピソードとして気に入っている話だ。

健さんの映画のレビューをここにあげていきたいのだけれど好きすぎてなかなかうまく書けない。

もう亡くなって3年以上になるのか…
去年観たこのドキュメンタリーは本当に素晴らしかった。
「単騎、千里を走る。」で本物のガイドなのに俳優として健さんの相棒を演じた彼が健さん縁の地を回る。
その中に健さんと縁のあった人たちのインタビュー…マイケル・ダグラスやスコセッシの話はスゴかった💦

すぐ「ブラックレイン」を見直しましたね😁💦

この「健さん」というタイトルはインタビューを受けた人たちが最後に親しみを込めて「健さん」と呼び掛けるところからついたものだが、同時に映画館で高倉健が銀幕に登場すると「健さん」と声がかかったことに由来している。

実はこれ…おれは体験してる💦

十代の終わり頃、何かの用事で田舎の港町に行ったとき昼間にぽっかり時間が空いてしまった。すごく寂れた映画館があって健さんの任侠映画をやってたので暇潰しにここへ入った。目をギラギラさせた高倉健が長ドスを構えてスクリーンに現れたとき…近くに座ってたおじさんが急に叫んだのです。

「よ!健さん!待ってましたぁ!」
まぁ

まぁの感想・評価

4.0
良いドキュメンタリー作品だった…(涙)

高倉健さんの「人となり」が…伝わってきて…途中、何度かうるっと…(涙)

健さんの肉声(言葉)に…「ハッと」…させられて…
「そうだな…」ってストンと私の心に落ちてきた…(涙)
(…コメント欄に…書くね…♡)

映画関係者、通われたお店の店員さん、ご家族、海外の監督、俳優さんのインタビューそれぞれが…
とても「暖かかった」…♡

良いドキュメンタリー作品だった…(o^^o)
JTK

JTKの感想・評価

3.6
ストイックなまでにペルソナを演じ切る、という意味のみにおいて三島由紀夫と同質なものを高倉健に感じていたのだがポール・シュレイダーの「Mishima」のオファーを断腸の思いで断っていたという事を知るにつれ緒形拳ではなく高倉健で観たかったとつくづく思う。
このドキュメンタリーは健さんと関わりのあった著名人や一般の人々のインタビューで構成されているが、その人選とプライオリティの恣意性に若干鼻白んだとはいえ、日本の最後のスター、スナフキンの如く寄る辺のない最後のファンタジーの住人としての「健さん」のその佇まいに想いを馳せるのであった。
高倉健さんの心に触れることができ感銘を受け涙を流した素晴らしいドキュメンタリー作品でした。
追い追い


いろいろ
グッときた😂💓
ファンには堪らない😂
みやり

みやりの感想・評価

4.0
良かった。高倉健の人柄が分かった。
意外だなーと思う描写がけっこう出てきたけど、よく考えたら実際の高倉健のことを全然知らないなと思った。今までは映画のイメージしかなかった、けど、この作品を見終わった後でも実際はどういう人だったのかなと考えてしまった。

それにしても、すごい人がたくさん出てきた。昨年映画化された沈黙のオファーしてたとは。みんなざっくばらんに話してておもしろかった。
Np2

Np2の感想・評価

-
映画ではないのでスコアはなし。
好きな監督のインタビューだけ見たけどおもしろかった。健さんが、どれだけすごい人だったのか、どれだけ愛されていたのかわかった。
ヤンデポンと健さんの『ゴジラ』も、ジョンウーと健さんの『サムライ』も、スコセッシと健さんの『沈黙』も、全部見たかった。
サリー

サリーの感想・評価

3.8
1993年の夏「あなたに褒められたくて」を読んだ時から、健さんのことが大好きで追いかけるように出演作品を観てきました。これは 206本目の作品ですね。
高倉健さんと交流のあった皆さまの、インタビューが聞けて良かったです。
>|