A.I.の作品情報・感想・評価・動画配信

A.I.2001年製作の映画)

Artificial Intelligence: AI

上映日:2001年06月30日

製作国:

上映時間:146分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「A.I.」に投稿された感想・評価

hazuki

hazukiの感想・評価

-
(私が)今まで見たことないパターンだ、、
遠くない将来、こうなるんだろうな
最後は感情移入してしまう
意外と観てなかった作品。さすがのスピルバーグ大先生。

デイビッドが必死で愛されようとしてるシーンとか切ないし、異世界の街の風景とかTHE SFって感じでめっちゃワクワクした。
drynoppo

drynoppoの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

アンドロイドの感情表現が、妙に押さえられた感じで不気味。
救いがなくって、悲しくて、永遠の命に恐怖心さえ覚えてしまった。
鉄

鉄の感想・評価

3.6
AIが人に愛されるように努力する話。

かつて愛していた人がAIとして再現される。

最初は気味悪がるもしばらくしたら愛着が湧いてくる。

次第に話が変な方向に向かっていく。
話の展開がブラックミラー、シーズン2の「ずっと側にいて」に似てる。てか同じ。

意思のあるロボが沢山いて、尚且つ陽気なやつが多いし、口調など含めてトイストーリーっぽい。

自分のような血の通ってない人間からすると、こういう自我を持つAIなんて怖くてしょうがない。見ててあんまり「切ない」とか「悲しい」とか思わなかった。ただ、世界観がめちゃくちゃ作り込まれていて面白かった。
ヒュー

ヒューの感想・評価

3.4
メッセージ性はある程度伝わってきたけど
、スピルバーグ作品にしては珍しくあまり響かず…
r

rの感想・評価

4.0
忘れられない。切なすぎて号泣。こんな未来がくるかもしれない。
結構見入ってしまって面白かった
人間目線はあるけどAI目線はあまりないと思う

このレビューはネタバレを含みます

この映画、劇場公開時に観たっきりなのだが、とにかく「妙な居心地の悪さ」を感じたことはよく覚えている。

何と言うか、感動の直後にうすら寒い感覚が来るのである。

情動に興味がないとおぼしきキューブリックのシナリオにスピルバーグが半ば強引にヒューマニズムを投入した結果、本来そこにあるはずのないパーツが紛れ込んで実に歪な形で観客の涙を誘ってしまっているように思える。

確かにこれは「健気に母親を求めるAIロボのお話」なのだが、映画の最初と最後だけを抜き出してみると「人間の都合で産み出された機械が、自分に都合のいい人間を手に入れる」という皮肉に満ちた寓話にしか見えなくなる。

おそらく居心地の悪さの正体はその感動とアイロニーが中途半端に交わってしまっているが故なのだろうが、それだけにあれこれ考える余地を残しているという、実に蠱惑的な作品である。
クマの姿で、スクラップショーのような凄惨な場面でも一生懸命デービッドを助けて共に冒険するテディが可愛くて、自分的にはもう一つの主役なくらい好きなキャラです。
ジョーやデービッドに比べたら一番機能は低いロボットだろうけど、結局彼が重要な働きをして一番最後まで残り、友達の最後の姿を見守る。

ロボット目線だから仕方ないけどスクラップショーとか、騙したりとか、返却とか、人間がエグいことをする側で、デービッドを助けたり優しく記憶を戻してあげたりするのがロボットの側というスタンスも今思うと象徴的で年齢と共に解釈も変わる作品です。

また未来のちょっとモダンな和テイストの入った住宅とか、乗り物、海水に浸っているマンハッタンや更に二千年後の地球などは、さすがスピルバーグというべき圧倒的な風景。ちょっと感傷的な色合いが重なった映像も美しい。

I am unique!と訴えるデービッドの台詞が凄く残ってるけど、今の人間だってそう言いたくて必死。必要価値がなければ捨てられる、そういう危機感や状況は絶対人間もある。それなのにそんな人間の愛が欲しくてたまらないデービッド。
人間が持っている本当の特権をもっと考えたほうがいいなあ、と今の自分は思っています。
ほ

ほの感想・評価

3.0
面白かった
けどジョーとブルーフェアリー探しにいくあたりからちょっとよくわかんなくなっちゃった
モニカの気持ちはわからなすぎる
>|