魚からダイオキシン!!の作品情報・感想・評価

「魚からダイオキシン!!」に投稿された感想・評価

troy

troyの感想・評価

3.0
「ファッキン、ジャパニーズジャスティス」これ、二時間は長いですよ…裕也さん…。あの伝説の政見放送をこう広げるとは。…無理矢理褒めるとこを探すの難しいわ!本木雅弘が美人。彼を主人公にすれがもうちょい良い作品になったのでは…。俺にはこの映画はいらない、俺の周りは映画ばかり
堊

堊の感想・評価

3.4
長渕剛をボッコボコにするキレキレの内田裕也と、NANAみたいな本木雅弘と内田裕也の出会いのシーンだけで元が取れる。ほんとうにこの映画で劇場公開までこぎつけているのがいちばんの謎…。
むちゃくちゃぶん投げファッキンジャパニーズないつものユウヤ映画の割に雨宮慶太映画のような謎爆発、謎羽根、謎施設のおかげで楽しめる。選挙に落ちたから社会へのテロへ走ったとも読める内容で、よく麻原にならなかったねユヤタソ…
すごーい価値観。ピンポイントな作品。混沌な作品ランキン作ったら上位に食い込む。観た後不思議と物事に肯定的になった。
オバン

オバンの感想・評価

1.0
これが内田裕也ワールドか…

自己満足がこの上ない。
ストーリーは意味不明…
演技は下手くそ…
キャストは無駄に豪華…
キャラ設定はブレブレ…
本木雅弘は超気持ち悪い…
というか途中からボーッと見てた。
早く終わらねぇかなぁしかなかった。

内田裕也のイメージと言ったら、
金髪キ○ガイジジイしかないから、
日本のロックのドンと言われても、
頭の中は???しかない。

冒頭から無駄にロッケンロールって、
何度も何度も言ってた…
芸風は変わってないんだな…

疲れた…

内田裕也の映画は二度と見ない。
中学生の時に美術予備校の先生がVHSをくれたので思い出深い。

コミック雑誌なんかいらねーはマーシーじゃなくてユーヤだったのかとか。もっくんがかっこいい。
 宇崎竜童監督、内田裕也と本木雅弘主演と言う映画とロックがまだ身近な時代の作品。
蹴り上げてトップ!よしっ!そのままブッとばせ!しかしまあ、シェケナ強いなぁ。
床ずれ

床ずれの感想・評価

2.5
外山恒一も顔負けのアナキズムな言動がかっこいいんだけど凄くクソでとても残念な映画。
Manabu

Manabuの感想・評価

3.0
モックン 軍艦島 爆破 爆破 カオス 爆破 裕也 ロックンロール