ラストエンペラー/オリジナル全長版の作品情報・感想・評価

「ラストエンペラー/オリジナル全長版」に投稿された感想・評価

nana

nanaの感想・評価

5.0

極上の傑作

荘厳で素晴らしかった
圧倒的な力量がある映画

清王朝の最後の皇帝·溥儀の人生
実在した歴史的な人物の実話

ジョン·ローンに夢中になった。

約3歳で皇帝に即位したラストエンペラー·愛新覚羅溥儀(あいしんかぐらふぎ)
この方の人生はドラマティックだ。
時代に翻弄され、日本と中国、時代のはざまの悲劇の人。
気高く人生を全うした。

「火龍」と恐れられているも本作では溥儀氏の悲哀も含め、ジョン·ローンが美しく演じている。

即位する場面から始まり、白髪になるまで。
4つの国(清、満州国、中華民国、中華人民共和国)と2人の妻。

紫禁城の豪華な景色。
皇帝として城の外に出る事以外は何不自由なく育ち、近代化の波にさらわれる。

マンチューリア·傀儡国家の皇帝

二人の妻の妖艶さ。
酷薄な甘粕(坂本龍一)。
男装の麗人と阿片の甘美。
終始色香の漂うスクリーンは極上のベルトリッチ。

怒り·悲しみ·絶望
纏う音楽。
この人は何を信じればいいのだろう?

ラストシーンのあの表情が人生すべてを語っていた。
あそこはもう、涙がとまらない。



人生で二度の皇帝即位と退位。
囚人としての生活。

溥儀が亡くなる直前「何か食べたいものはあるか」の問いに答えたのは「チキン·ラーメン」。
日本のインスタントラーメン。
どんなご馳走よりもこれを。
晩年は心優しい伴侶と慎ましい生活を送った。
最後の妻は21世紀を見た。


この作品からジョン·ローンの大ファン。
Mバタフライ、イヤー·オブ·ザ·ドラゴン、チャイナ·シャドー…。
貪るように観た。どれも素晴らしい。

この作品との出会いは親族の写真。
若くして亡くなった父方の親族にジョン·ローンがよく似ていた。
私が生まれる前に他界して写真でしか知らない人。
「おじちゃまだ!」と見間違えるほど似ている。
みんなが動揺するほど酷似していたそうで、祖母はこのDVDを観て泣いてしまったくらい。
なので親戚の家にこのDVDがあった。

ソフトとシアターの再映で感動。
この出合いに感謝。
会うことが出来なかった大切な人が紡いでくれた作品との縁。

おじちゃま、ありがとう
Hinna

Hinnaの感想・評価

-
否応ない時代の流れの虚しさを感じてしまう。
皇帝は,なんでも持っているようで,自分自身の手の中に握って自由にできるものは何もないのかもしれないと思った。

個人的には,せっかくなら英語じゃなく中国語の響きで見たかった…。
anna

annaの感想・評価

4.2
何度見ても鳥肌が立つ程、スケールが
大きく、映像も美しい。各シーンごと
の音楽が情緒的で、何よりベルトリッチ
監督と、坂本龍一氏の組み合わせは
やはり裏切らないと再確認した映画です。
usme

usmeの感想・評価

3.0
中国最後の皇帝 愛新覚羅 溥儀

[所持管理番号]
A1
くらげ

くらげの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

最近蒼穹の昴を読んでいたのもあり、劇中の宦官や儀式、生活様式を映像として見ることが出来てとても面白かった。また紫禁城にも行ったことがあったため、よりリアルに感じられたことも良かった。

広大な紫禁城の中に閉じ込められた、統治する力を持たない最後の皇帝。それはお飾りの皇帝であり、彼は本当の意味での「皇帝」になりたかったのだろう。それは満州国の皇帝になることで表されている。しかしながら満州国の皇帝になったとしても、今度は日本の傀儡として扱われ、自由と皇帝としての力は得られなかった。

ラストに近い、収容所の所長が犯罪者として晒し者にされるシーンは中国の不安定さと危うさが表れているように感じた。
出所後は「自由」を手にした溥儀であったが、ラストシーンでは紫禁城に戻る姿が描かれている。ラストエンペラーは紫禁城への憧憬を捨てることは不可能だったのだろう。なんとも切ない気持ちにさせられた。

英語であることの意味もあるのかもしれないが、やっぱり中国語で見たかったなぁという気持ちはある。
個人的に印象的だったのは、アーモが去ってしまうシーンの「She is my butterfly.(彼女は私の好きな女だ)」という言葉だった。
rainって曲が大好きなのです!
わたし

わたしの感想・評価

3.8
見るべき

このレビューはネタバレを含みます

2019.3.23
かえで

かえでの感想・評価

4.0
何度も見てしまうのはなんでやんやろ…
即位式でのキリギリスの籠はこれからの彼の人生の示唆している
幼少期はあんなに城がでたかったのに 
いざ出たとおもったら
新たな籠に入れられて
でることをゆるしてくれない
周りはいつも勝手にでていく
それでも、彼は皇帝であったのかも
弟が黄色い服きて、いい争いになったときも、自転車で行こうとしたときも、嫁が満洲行きをやめろと言われたときも何度も籠から出るチャンスはあったはず…
最後の終わり方もいい

このレビューはネタバレを含みます

ちっちゃなモンスターが誕生したわ。
から始まり大した悪行はなく、こんな人生だったよー映画。
結局誰かに皇帝じゃない!と言われてしまうことに若干不憫だなと思った。
まさにお人形人生。
内容よりも衣装や美術や生活、紫禁城!美しい!荘厳!
行ってみたいの
>|