ラストエンペラー/オリジナル全長版の作品情報・感想・評価

「ラストエンペラー/オリジナル全長版」に投稿された感想・評価

nana

nanaの感想・評価

5.0

極上の傑作

荘厳で素晴らしかった
圧倒的な力量がある映画。

清王朝の最後の皇帝·溥儀の人生。
実在した歴史的な人物の実話

ジョン·ローンに夢中になった。

約3歳で皇帝に即位したラストエンペラー·愛新覚羅溥儀(あいしんかぐらふぎ)
この方の人生はドラマティックだ。
時代に翻弄され、日本と中国、時代のはざまの悲劇の人。
気高く人生を全うした。

「火龍」と恐れられているも本作では溥儀氏の悲哀も含め、ジョン·ローンが美しく演じている。

即位する場面から始まり、白髪になるまで。
4つの国(清、満州国、中華民国、中華人民共和国)と2人の妻。

紫禁城の豪華な景色。
皇帝として城の外に出る事以外は何不自由なく育ち、近代化の波にさらわれる。

マンチューリア·傀儡国家の皇帝

二人の妻の妖艶さ。
酷薄な甘粕(坂本龍一)。
男装の麗人と阿片の甘美。
終始色香の漂うスクリーンは極上のベルトリッチ。

怒り·悲しみ·絶望
纏う音楽。
この人は何を信じればいいのだろう?

ラストシーンのあの表情が人生すべてを語っていた。
あそこはもう、涙がとまらない。



人生で二度の皇帝即位と退位。
囚人としての生活。

溥儀が亡くなる直前「何か食べたいものはあるか」の問いに答えたのは「チキン·ラーメン」。
日本のインスタントラーメン。
どんなご馳走よりもこれを。
晩年は心優しい伴侶と慎ましい生活を送った。
最後の妻は21世紀を見た。


この作品からジョン·ローンの大ファン。
Mバタフライ、イヤー·オブ·ザ·ドラゴン、チャイナ·シャドー…。
貪るように観た。どれも素晴らしい。

この作品との出会いは親族の写真。
若くして亡くなった父方の親族にジョン·ローンがよく似ていた。
私が生まれる前に他界して写真でしか知らない人。
「おじちゃまだ!」と見間違えるほど似ている。
みんなが動揺するほど酷似していたそうで、祖母はこのDVDを観て泣いてしまったくらい。
なので親戚の家にこのDVDがあった。

ソフトとシアターの再映で感動。
この出合いに感謝。
会うことが出来なかった大切な人が紡いでくれた作品との縁。

おじちゃま、ありがとう
seven

sevenの感想・評価

-
記録 (字幕)

婉容が花をむさぼりながら涙を流すシーンは自分が観てきた映画の中で1番美しい瞬間だった。
TKM

TKMの感想・評価

4.4
マジで長かったけど、名作でした。
このコロナでお家にいる時間に是非どうぞ
なつめ

なつめの感想・評価

4.1
ジョン・ローンの美しさを愛でる大長編。美しいけれど籠の鳥、志があっても何の結果も出せない操り人形、利用され続ける人生。牢に入って出て、お迎えが来るまで生き続けたの、ほんと偉かったね... という気持ち。台詞は中国語で日本語字幕が付くと思い込んでいたから、全員英語で話すのは面食らったけど(坂本龍一はもうちょっとイントネーションがんばれ、って感じでしたね)。

紫禁城から出る前後の、溥儀と2人の夫人のたたずまいが美しくてはかなくて、「高貴な」生まれの人の哀しさがあった。第一夫人があんなに華やかにきれいだったのにあんな風になって、映画~って思ってたら史実のほうがきつかったりする。時代が近すぎて、いいも悪いも簡単に言えないところがあり、さらにジョン・ローンを愛でるしかなかったりしたのだった。
Akiya

Akiyaの感想・評価

3.5
冒頭から引き付けてくる。
皇帝の一族に生まれて、好き好んだ訳でもないのに勝手に革命起きて翻弄されまくる溥儀の人生。
BGMもとてもよかった。
AYA

AYAの感想・評価

3.8
最初のシーンで引き込まれた
afforlax

afforlaxの感想・評価

3.8
壮大な物語、長かったけど休み休み見れた。
いい音楽なんだけど、戦場のメリークリスマス感がすごかった。
一年ぶりに、今度は劇場版じゃない方で。
いつだって開いて欲しい時には開かない扉は不本意に開かされる。
様々な裏切り、常に孤独で、溥儀の人生は壮絶で辛くなる
久しぶりの2回目の鑑賞。
時代の流れに翻弄された人。
皇后も気の毒でしかなかった。
>|